最近の記事

2016年10月19日

解決編! 『軟骨の減りではない原因不明の膝裏痛!しゃがめない女性の原因はあっと驚く!!・・・の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日は、首が大変凝っている女性がお見えになりました。

女性と言っても、20代半ばの若い女性です。

「こんなに!? 仕事中に、かなり緊張していませんか?」

女性「え〜、心当たりあります。」

しかし、ご本人は首が凝っている自覚があまりないのです。
(肩が凝るのは自覚あるそうですが。)

こんなつらい状態で毎日過ごしているのか・・・と、調整しながら
若いのに可哀想と思えてしまいます。

ご予約くだされば、原因を見つけてマッサージで取れない凝りも
取って差し上げますので、
超軽くなって若さをエンジョイしてください。



さて、前週の続きでY様膝裏痛『解決編』です。

2年以上も、痛くてしゃがめない生活を送ってこられたY様ですが、

最近は、膝の腫れもあると。

それも今まで「左膝が腫れていた」かと思うと、最近は「右膝が腫れた」という

『不可解な腫れ』??


『骨盤調整』だけでは、やはり膝裏の痛みは取れませんでした。

そこで、脳反射スキャン法で検査。


すると・・・大元の原因で出てきたのは、なんと “心臓” でした。

心臓が病気なわけではありませんが、一部トラブルが発生していることを意味しています。


私 「Yさん、あなたの脳からは原因は心臓にあると信号が出ています。何か心当たりはありませんでしたか?」


Y様「心臓ですか・・・? 心臓は健康診断でも引っかかったことはないです。」


私 「そうですか。心臓は、英語で “ハート” とも言います。ハートにダメージを受ける様なことはありませんでしたか?」


Y様「主人が数年前に、急に病気で入院しました。」


私 「そういう事があったのですか。その頃からでないですか?膝裏痛でしゃがめなくなったのは?」


実際に、最初に痛くなり始めたのは3年前からでした。ドンピシャです。


その時の、強い緊張や不安があったのでしょう。それが、心臓に受けたダメージ💥だったのです。
(※強い緊張は、臓器の血管も緊張させます。)


ご主人は、今は回復してお元気だそうです。

でも、奥さんにしてみれば、すべての不安がぬぐいきれるものではない
と思えるのです。


心臓をダメージから元気にする調整を行いました。


私 「では、ゆっくりでいいですから、静かにしゃがんでみてください。」


Y様は今度、壁やベッドなどに手を付かずにしゃがんでいっています。

最後の所で、

Y様「あぁ、ちょっとここからは痛いです。」

と、おっしゃいながら数回試みます。

何しろ2年以上ですから、膝周りの筋肉のこわばりが一気には解けません。

しかし、遂に。

Y様「あぁ、しゃがめます!痛くないです!」


私 「出来ましたね!Yさん。ではベッドで正座も出来るかしてみて下さい。」


なんと、しっかり普通に正座が出来たのです回復した瞬間です。
右膝を確認してみると、先ほどよりも腫れも引いてきていました。

ロイヤル整体院で、日々の施術の中で起きている小さな奇跡の一幕でした。


Y様は、まだ信じられないという表情でした。
これがまだ2回目の施術だったからでしょうか。

喜びはきっと後から。



今週の1枚
お休み。


本日これまで!また来週。





posted by セラピスト佐藤 at 17:25| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

カルテNo.286 『軟骨の減りではない原因不明の膝裏痛!しゃがめない女性の原因はあっと驚く!!・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

人の体の不調は、予想もしなかったことに起因していることが多々あるのです。

整形外科で、レントゲン撮って、電気を掛けて、痛み止め注射、ヒアルロン酸注射、
さらにリハビリしても・・・
もし、良くならない場合は当院ご予約してみてください。


「膝裏が痛くなるので、怖くてしゃがめないんです!」


こうおっしゃるのは、お嬢さんのご紹介でいらっしゃったY様(50代女性)です。

Y様は、膝裏痛で2年以上も正座が出来ないどころか、しゃがむのも膝裏が痛くなるのが怖くて出来ないということです。

3年前に痛みが出はじめ、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ
骨や軟骨に異常なしの診断だったそうです。


それから半年間、リハビリに通って『筋肉』をつけるように指導を受けて頑張ったとのこと。

それでも、症状の方は一向に改善効果が見えず・・・。


またそれだけでなく、しばらく前には『左膝』が腫れてきていて、最近では

今度は『左膝』でなく『右膝』が腫れてきたそうです。

この事を伺って、


(私 「んんっ?これは、普通の筋肉系の膝裏痛では無いな。」)


と、思いました。

医学的には原因不明でしょう。

しかし、おかしいですよね。膝の腫れが左だったり右に変わったり。

こんな、体の不思議な現象が、実際にあるのです。


まず先に、骨盤のズレや歪みをなくすために『骨盤調整』を実施


私 「いかがですか?しゃがめそうですか?」


Y様は、ベッドや壁に手を掛けながらそーっと、しゃがみ始めます。


Y様「痛たっ。まだ、痛いです!」


途中までは、施術の前に確認した時よりも良かったですが、
まだ、きちんとしゃがむまでは全然いきません。


骨盤を調整して揃えても、少ししか良くならないということは
それ以外のもっと別な原因があるはずです。


この原因を解明し、症状を消さなければなりません。


そのための、セラピスト佐藤の “次の一手” は!?


きっと、予・想・外・です。




今週の写真館
ホント5〜6年振りに女房と山寺に行って来ました。
私の目的は、参拝というより体力づくりのためです。

20161010_131457.jpg
連休とあって、県外からの観光客が次々と見えていました。




20161015_200644.jpg
立石寺と反対側にある『風雅の国』にて記念に1枚。
コーヒーを飲もうと来てみたら、
なんと10月1日〜休館(レストラン等)となっていました。
こちらの方には、お客様があまりいらっしゃらないのかも。




20161011_130152.jpg
テレビ番組で、ゴルゴ松本が“激辛ラーメン”を食べているのを見たせいか
翌日、私も無性に食べたくなって『鬼からしラーメン』へ。
こちらも久しぶりです。
ご飯も付けて、満足でした!(食い過ぎか!?)



本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 14:02| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

カルテNo.285 『脚の痛みが取れない!? 痛みの原因は筋肉を通り越して骨にまで・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


毎日、施術にあたっていますと様々な症状の方がご来院されます。

半数以上の方は、
「病院に行ったが、原因が分からなかった。」

「いろいろ接骨院、整体院に通ったが、あまり変わらなかった。」


と、いう方です。

つい先日は、膝裏が痛く!二年間も正座どころか、怖くてしゃがんだことがない女性がご来院。
こちらは、次週のブログの予定です。



さて、本日急なご依頼でご予約くださった方は・・

「右の腰と、太ももの後ろからふくらはぎまで痛いんです。」


こうおっしゃるのは、2年前に正座が出来なくて5回ほど通われたK様(60代女性)でした。


K様は、現在も仕事を持っており(立ち仕事)、またお孫さんの世話もしているということでした。


K様「あれからずっと良かったんです。でも、1ヶ月位前から腰と脚が痛くなって・・・。」


早速、
足裏の骨の位置から順に両脚、股関節、腹部まで筋肉や、

関節をつなぐ靭帯や腱を検査していきますが、ほぼ問題のない状態。

私 「硬くなっていて痛い所などあまり無いですね。」

K様「はい、気持ち良いです。」


さらに調べると、骨盤のズレがわずかにありますので高精度の骨盤調整を実施。


私 「では、ベッドから降りて確認してみましょう。いかがですか?」


K様「あっ、良いです!腰も脚(あし)の後ろも痛くないです。」

(私「おお、これでOKかな?」)


K様「でも、太ももの前のここが痛いです。」

なんと、右太ももの前面の外側(骨の硬い部分)を指で押すと「痛い」ということです。

ここは、最初の主訴ではなかった個所です。


一番痛かったところが解消することで
次に痛かった所が自覚できてくることがあります。正にこれです。


ここからが、ちょっと一苦労だったのです。すぐ気付けば良かったのですが・・・ 

最初に検査した時にそこの筋肉には異常がありませんでしたので、

別の所に原因があってそこに痛みが及んでいると考え、反射ポイントを探していました。
※反射ポイント・・そこの痛みの原因または関連ポイント。(触れば双方同時に良くなります)

そのポイントは、右の上腕三頭筋(二の腕の裏側の筋肉)にありました。
かなりこわばって硬くなっています。(ここか!?)

ここを施術し、すぐ柔らかくなりました。しかし、


K様「まだ押すと、ここ(太もも)が痛いです。」

(私「んんっ!まさか!?」)


私がピン!ときたのは、K様が「痛い」と言っている『骨』そのもの。

そう、『骨膜(こつまく)』です。筋肉の奥の、骨の膜に問題があったのです。

※骨にあまり負担が掛ると骨折やヒビが無くても、骨を被っている膜に異常が起こります。

これを奥義により修整しますと、やっと

K様「ああ〜痛くないです。脚が軽いです!」


普段、立ち仕事で仕事以外ではお孫さんの抱っこやお世話。

知らず知らずかなりの負担が掛っていたのですね。

「お孫さんの抱っこもほどほどに。」と、言おうと思いましたがやめました。

それは無理ですものね。

かわいい孫に求められれば。


以上、一件落着



今週の一枚
嵐の二宮和也くんが、山形『文翔館』に来県!?

映画🎥『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』が来秋公開予定で
その共演者西島秀俊さん(ラ王のCM)がロケに来ている
と娘のツイッターに。しかし、それは昼12時の話で
実際には朝の9時から始まったようで、現地に娘と着いた時には・・・




20161003_231306.jpg
撮影に使われたと思われる年代物の車が2台でした。
(何人かツイッターを見て集まってきたような人がチラホラと。)
残念!もっと早く教えてくれー


本日これまで!また来週。



posted by セラピスト佐藤 at 11:41| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 足の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

カルテNo.284 『肩こりと、肩が苦しい・肩が痛いは違うのを知っていましたか?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近、あの8月後半の台風以来、雨の日が多いですね。

気圧が低いと、また太陽の光を浴びないと、体とキモチに影響します。
なんかどんよりしてしまいますね。

さて、今度の日曜日開催の“山形まるごとマラソン”
出場するお客様が言っていましたが、山形は全国でも人気が高いそうです。

スタートからゴールまで沿道の声援が絶えないからとのこと。

ランナーにとって、すごい励みになるようです。


つい先日の山形名物 “日本一の芋煮会フェスティバル” 

場合によってはマラソンも
雨模様ということですが、何とかもって欲しいですね。



「肩が苦しくて、気持ち悪いんです!」


こうおっしゃるのは、M様(30代女性)です。

自己申告カルテを拝見すれば、
げっぷも出やすい、便秘と下痢を繰り返す傾向にあるということですから

(「胃腸も良好な状態ではないのかも・・・?」)


と、思いながらカウンセリングを進めます。

その他、お腹や足の冷え背中の痛みもあり。


私 「気持ちわるいのが出るようなったのは、いつからですか?」


M様「10日ぐらい前からです。肩の苦しさが左右交互に起きるようになって・・」


主訴は勿論ですが、お腹にも不調があるようですから足の方から
調べていきました。

お腹などは、硬い個所もありましたので施術で柔らかく。


また、肩には触ってみても、それほど硬くなっているわけでもありませんでした。

では、『左右の肩に交互に起きる苦しさ』『気持ち悪さ』原因

結びつけるには・・・?


これはどう見ても一般的な肩こりとはちがいます。
10日の間に交互に起きるのですから。


ここからは、“脳反射スキャン法” で検査します。

M様の脳から発している情報をキャッチすると、答えは


『左右後頭部の血流トラブル』でした。

もちろん、血管の太い所で起きているような重大なトラブルではありません。


起きているのは脈管です。脈のように細い血管部分の血流を差しています。

恐らくMRIでも判らない程の微細な部分だと思います。


さらに、右中葉(右肺の真ん中)と左上葉(左肺の上)に空気が

半分ぐらいしか入っていない情報もキャッチ。

今までの経験から肺の空気が抜けている反対側の背中が痛くなります。


体の重心軸の調整を行って、

私 「いかがですか?変化が分かりますか?」


M様「・・・あっ、気持ち悪い感じがないです。鼻が通って呼吸もしやすいです!」



どうやら、今は症状が消えて良い結果となりました。

1週間ほど経過を見て、さらに調整すると安心だと思います



今週の1枚
久しぶりに「手打ち蕎麦処 登貴三郎」にランチタイムに
行って来ました。




20160930_121645.jpg
もり蕎麦(700円)を注文。
蕎麦は、茹で加減も最高でコシがあり
それに負けないどっしりとした汁(つゆ)で
頂くと、高級な料理にさえ感じてきます。
(以前より、盛りが増えた気がします)
しかし、私が帰る頃残念ですがノーゲストでした。
私的にここのは、蕎麦としては究極に近いと思います。
美味しさは、感動ものです。



時々行く合同庁舎近くの「まるごまるご」の、もり蕎麦(650円)
登貴三郎とは完全に相反するような営業方針で
スピード(10秒)と量(普通盛で1.5倍)です。
お腹空いていると、普通に旨い
こちらは、いつもほぼ満席回転です。

よそ行きの食事か日常の食事を提供するか
コンセプトの違いで天と地の差が出てしまう。

「まるご・・」は、だいぶ年季の入った蕎麦屋さんです。
テーブルは、ガタガタするので足の下に段ボールを
挟んであります。でも、お客さんには関係ないみたいです。

何を店主は本当に売りたいのか、その対象はどんなお客さんか?
都会田舎でも違います。
商売には自分の思いだけでなく、マーケティングも大事ですね



本日これまで!また来週。













posted by セラピスト佐藤 at 13:28| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 肩の痛み・肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

カルテNo.283 『1年前、薬、薬、薬! 一年後、薬全部やめられた!女性』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


テレビや本などの影響で、『骨盤信仰』が世間の方には高いようです。

足が痛くてある整骨院に行ってきたという女性は、
ずれていた足の長さを揃えた骨盤矯正
毎回高額の施術料を払ってきたそう。

簡単な症状でしたらそれでも軽くはなるでしょうが、
3日前にそちらで施術を受けたという
その女性の状態を検査確認しましたところ、驚いたことに
足の長さが揃っているだけで、他はどこも良くなっていないような状況でした。
(痛い所、硬い所多い)

その女性は、疲労骨折があった足が痛くて走れないという事でした。
しかし、この程度の骨盤矯正では、いつまでかかるか・・・
実際、「良くて3〜4ヶ月掛ります。」と言われたそうです。

しかし、世の中そういう事が多いのかも知れません。

この日、私が施術したところ、なんと女性はその場で走れるようになりました。
イイ感じでした。




さて、
本日のご依頼の方は、『カルテNo.253』で、ご登場のS様です。

前回の締めでは、近いうちに『完結編!』でとお伝えしました。

実は、その後1月10日を最後に9ヶ月間音沙汰がなく

昨日の夕方、久し振りにいらっしゃったのです。


私 「その後、いかがでしたか?」


S様「それが、あれから調子が良くて全然起きなかったんです!」


私 「そうですか、それなら良かったです!随分持ちましたね。」

S様「そうなの!薬も全部やめられたんです。ホルモン補充薬からめまい止め、漢方薬。元々飲みたくないのに飲んでましたけど大丈夫になったんです。」

続けて「それで、あまり調子が良いものだからブティックにパート勤めを始めたんです。そしたら最近呼吸が浅いのを感じたり、フワフワする目まいが起きてきたんです。」


どうやら覚えることが多く、慣れない接客でも緊張が高まったようでした。


脳反射スキャン法
で調べると、
S様の肺の空気は全体の4割ぐらいしか入っていませんでした。(呼吸が浅く息苦しい感じが起きるのも当然です。)
脳内の微細な血流トラブルも、後頭部だけでなく前頭部でも起きている反応でした。

脳反射-システム調整を行い、それらの症状は消えて正常に戻りました。

S様「頭が軽くなりました!あっ、立ってもフワフワしません。」

やはり緊張・ストレスの連続は、あまりお体に良くないですね。

それにしましても、
9ヶ月間も絶好調だったという点、その間に薬をやめても問題なかった点、
これはセラピストとして、とてもうれしいです
(勿論、個人差があると思いますよ)

『完結編!』まではいきませんでしたが、『健康体』へのベクトルは確実

その方向に向かっていることを確認できました。

でも、一番大事なのは本人の「健康になりたい!」という意志ですね。



今週の写真館
親の金婚式ということで、お祝いに
1泊2日で庄内へ行って来ました。



20160922_120739.jpg
鶴岡市美原町の担々麺専門店 “まるたん” で昼食。
(辛いもの好き家族か!?)




20160922_120659.jpg
私は、お店お薦めのノーマルな白ごま担々麺を注文しました。
濃厚でなかなか美味しかったです




旅館に泊まった翌日は、定番の『加茂水族館』へ。
新しくなってからは、私は初めてです。

20160922_120829.jpg
実際に見るとクラゲって綺麗ですね。




20160922_120846.jpg
これは、本当に薄い。光が当たってとても
神秘的です。このクラゲも人を刺すのでしょうか?




20160922_120906.jpg
最後は、アシカショーを観るコースになっていました。
満席で凄い人気です!よく訓練されていて大人も楽しめる
ショーでした。

連休ということもあって、かなりの盛況振りでした。
以前とは、全然違って楽しめました。


本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 18:53| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

カルテNo.282 『腰痛事情2〜「医者に椎間板ヘルニアと言われて・・・」ところが、もう痛くない?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


台風は次々発生しているようですが、山形は奥羽山脈がしっかりと

壁になっているからでしょうね。台風を南に跳ね返してしまうか北にズレて行くので

直撃は今後もないような気がします。守られていますね。


さて、本日のご依頼は・・

「腰がすごく痛くて!医者に椎間板ヘルニアと診断されました。治りますか・・・?」


こうおっしゃるのは、一年前から何ヶ月かの割合でお見えになるS様です。(20代男性)


S様は、自営業で毎日かなりの重労働のお仕事をなさっている方です。

今まで、頭痛や顎関節症、目まい、背痛、腰痛、手の打撲 でご来院されています。


私 「本当に椎間板ヘルニアと言われたのですか?」


S様「はい、もう腰が痛くて我慢できなかったので、一応医者に行ってみたんです。そしたらヘルニアと言われました。」


確かに脚の長さは左右で2cmの違いが出ていますし、痛いご様子です。

(ただのぎっくり腰ではないのかな?)


診断というのは医者によっていろいろな違いがあります。

ひどい腰痛だと、なんでも

『椎間板ヘルニア』と診断するところもあるそうです。

患者さんは、そんな専門用語で言われれば腰が引けてしまうと思いますが、

では、どのような治療かと思えば「痛み止め」「湿布」または「牽引」
などということです。

「これで様子を観ましょう。」

ということで、基本的に保存療法です。


ところが、これで痛みが治まってしまう方もいらっしゃると思います。
本当のヘルニアか怪しいものもありますから。


お体を調べてみますと、
S様のお腹の筋肉はカチカチの硬い状態にありました。

お腹の奥の方の靭帯に負担がかかって弛みが起き、交感神経の緊張から
筋肉の硬直してきたようでした。

これを解消させると、S様は痛みが半分ぐらい取れて

痛みからくる緊張がほどけてきたような表情となりました。

S様「だいぶ楽です・・・」


続いて、右仙腸関節及び左腸骨のズレが少し残っていましたので

こちらも『調整』


私 「では、確認します。Sさん、ベッドから起きてみてください。」


S様は、ベッドに寝た時と違って、すでに動きが良くなっています。


私 「前に曲がったり、後ろに反って確認してみてください。」

実際にやってみると、そのあと笑顔になっています。


S様「あれっ、先生、痛くないです。なんで〜?あんなに痛かったのに!」


私 「と、言うことですね。本当に医者の診断通りヘルニアだったと思いますか?」


S様「え〜どうだったんでしょうねぇ。不思議ですね。先生が凄いからじゃないんですか?」


私 「えっ?いや〜そんなことは・・・あっ、そうなのかな?冗談です。」
 

お後がよろしいようで



今週の写真館
高1の娘が夕食を作ってくれました。

20160915_133336.jpg
リラックマファンの娘のディナープレートは当然
美味しかったです(親バカか?)




20160915_133355.jpg
その娘は、中華料理“廣東”の酸辣湯麺(スーラータンメン)
が、ラーメンの中で一番好きというので家族でランチに。
とにかく熱い!アツアツなので
皆さん、もし注文した際は舌が焼けないように。
★1.5個です!


本日これまで!また来週。





















posted by セラピスト佐藤 at 21:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

解決編! 『咳が治らない!・・・中年期から急増 “大人の喘息(ぜんそく)” に終止符を!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前回登場は、通称 “大人の喘息” による咳が続いているK様です。

病院🏥で診察し薬を服用し続けているそうですが、昨年12月から半年以上治らず

とうとうネットで検索されて、当院へご来院くださったのでした。


私の『脳反射スキャン』検査法で調べた結果、

肺の酸素不足が起きており、肺全てに深く呼吸が出来ない状態に
なっていました。

原因については、前回お話した通りです。

外的なストレスが様々影響しています。

しかし、これはK様に限った特別なことではありません。

私たちも、知らない間に同様のことが日常的に起きていたりします。
『肺の酸素不足』という概念がないだけです。

調整がすべて終わりますと、


K様「先生がおっしゃるように、呼吸が楽にできるようになったのが分かります。」


私 「咳は夜ひどいということですが、原因に対する調整が成功したことをKさんの脳から反応を確認していますから大丈夫なはずです。できれば念の為、もう一度いらしていただくと良いと思います。」


一ヶ月後
お元気そうにご来院されました。

私 「Kさん、いかがでしたか?お電話しようかとも思っていたのですが。」


K様「ありがとうございます!もうあれからすっかり良くなって、咳がまったく出なくなったんです。」


私 「そうですか!良くなりましたか。おっ!足も温かいですね。冷えがなくなりましたね。」

K様「はい。あと、なぜか体重も2kg減ったんです!」

私 「それはさらに良かったですねぇ!体調が良くなって代謝が上がったのでしょうね。」


その他にも、自己申告されていた症状(げっぷ、痰、トイレが近い、耳鳴り)
なども改善されたということでした。

偏頭痛だけ、生理時に1回だけあったそうです。この日はその原因も掘り下げて調整

また、体の免疫力を向上させるために『腸粘膜の強化』『自律神経バランス強化』をして差し上げました。


これで、K様を半年以上続く悩みからすっかり解放してあげることが出来ました。 

これにて一件落着



本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 14:24| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息(ぜんそく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

カルテNo.281 『咳が治らない!・・・中年期から急増 “大人の喘息(ぜんそく)” に終止符を!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


大人の喘息(ぜんそく)ってご存知ですか?

あなたの周りで、よく咳をしているような方はいませんか?

「風邪は引いていないんだけど・・・」

おっしゃるようでしたら、もしかしたらそれは現在成人の3%もいると言われる

“大人の喘息” かも知れません。



「半年以上も夜の咳が止まらないんです。先生のブログを見たのですが良くなるでしょうか?」



たまたま私がお電話☎を受けたのでしたが、お隣の宮城県K様(40代女性)でした。

多分、インターネットでかなり検索なさったのでしょう。

普通は、検索しても病院や医者、健康サイトしかヒットしないでしょうから。


予備知識としまして・・
一般的に、3週間以上も咳が続くようなら風邪やウイルスの原因ではないそうです。
アレルギー系の喘息の場合、ゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴音(ぜんめいおん)があります。しかし、“大人の喘息” は、アレルギーでないのでそれがなく主に40代以上で起きているのが特徴です。

ご依頼のK様もアレルギーでないということのですが・・・
病院🏥では、咳止め薬やステロイド吸飲の治療だったようです。
なぜなら、これしか対症療法的にはないので結果的にそうなってしまうと思います。


※子どもの喘息の場合、2歳前後から始まり10歳頃には自然に治まるケースが一般的ですが、大人の喘息の場合、自然治癒するのは1割以下。(出典、ヘルスケア情報/eo健康)


既に半年間もが続いて治らないK様は、今回ネットで当院がヒットして
お電話くださったのでした。

当日、お車で3時間ぐらい掛けて来てくださいました。 ほんと感謝です。

自己申告カルテでは、の他に

・眠れない、寝た気がしない
・首こり、疲れやすい
・偏頭痛
・痰(たん)が多い
・耳鳴り(ボォーと鳴る閉鎖型)
・トイレが近い
・手足の冷え
・左足の裏が立っているとつる。歩くと痛い
・間食

以上の症状がありました。

基本的にはすべて、“大人の喘息” や、その発症原因に関係している
ものばかりでしたから

全てに、1回で結果を出すつもりで施術に臨みました。(速い結果にコミットする!)

最初に、みぞおちから下の方のトラブルを靭帯や骨盤の調整解消


病院の診断名:気管支ぜんそくによる咳こみ、通称?“大人の喘息”
『脳反射スキャン』検査法で、K様の脳からの情報をキャッチしていきますと・・・

やはり、右の肺と左の肺に充分な空気が入っていないという情報です。
(右上葉と下葉、左下葉。)

この場合、肺の方が空気の入りを完全に受け付けていない状態が起きていますので
呼吸が浅く、鼻が詰まり気味で深呼吸しようとしても奥まで深く入りません


先日ご来院した方などは、全肺で2割しか入っていない状態でした。

このような状態では『肺の酸素不足』が起こっており、
体の疲れが取れなくなります。

またこの方は、車の運転などに集中していると、口が開いていることが多いと
おっしゃっていました。この場合、口呼吸になって喉も渇きます。

寝起きで口の中が渇いている方なども口呼吸になっている可能性がある
ので要注意です。


K様の話に戻ります。
なぜ?肺の空気が少ししか入らない現象が起きているのか?

さらに『脳反射スキャン』検査法で調べていきますと

左右後頭部と心臓の脈管トラブル(血流障害など)が起きています。

これは、人によって自然に良くなったり不調になったりを繰り返しています。

すべては、交感神経の緊張などによって血管等が縮んでしまうことで
血流障害が発生するわけです。

外的ストレスとしては・・
仕事、プライベート、人間関係、出来事、ケガ、土地、電磁波、気圧etc.


さて、このトラブルに対する施術結果は!?
次号に続く




今週の一枚
休日に娘の買い物でイモ天に出掛けまして
お昼に『大戸屋』という和食のお店に初めて入りました。
高1の娘のおススメが、和食の店とは意外でした。
チェーン店ということで期待はしていなかったのですが・・・




20160831_200457.jpg
私は、『生姜醤油漬け炭火焼き牛たん定食』1,380円を注文。
娘は、『鶏と野菜の黒酢あん定食』861円と、若いのになんと渋めの注文に
またもや「意外!」と思う父でした。
「野菜を普段あまり食べないのに・・・?」

お互いに交換して娘のも少し食べたら、
「むむっ!?」
「これは、ちゃんと料理している!素材もイイ!」

流行っているわけです。これでは、中高年は大喜びですね。
しかし、若い子の舌も虜にするとは、
「できる!この店は!」

こんな店を選ぶとは、娘の舌もしっかりしている(※化学調味料にやられていない)
と安心しました。

ただ、牛タンは『生姜醤油漬け』も、たまにはいいけど
やはり素材が生きる『塩味が一番』ですね

久しぶりの美味しい店でした。

本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 16:08| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息(ぜんそく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

カルテNo.280 『お子さんを抱っこするのがつらい!・・・保育士の敵は膝痛!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


リオ五輪が終わってもメダル41個分の感動の余韻が

まだ残っています。逆転劇が多く興奮させられました。

華やかだっただけに終わってしまうと、これまた逆に寂しい気がします。

SMAPの解散も・・・なにか寂しいし、

そう言えば今日、有吉と夏目アナの結婚発表!?これは明るい話題ですね。



さて、本日のご依頼

「両膝が痛くて、とても困っています!」


こうおっしゃるのは、保育士をなさっているというK様(50代女性)です。

どのように痛いのかを聞きしますと、

@立つ時に右膝の裏が痛くて歩き出せない。
A座ると両膝の前が痛い。
B立ち膝で左膝をつくと、刺すような鋭い痛みがある。

以上の具体的な痛みが先月から起きているということでした。

膝痛と言いますと、テレビCMの影響のせいだと思いますが、

すぐ膝の『軟骨』がすり減っているからではないかと思う方も多いかも知れません。


また、整形外科🏥に行かれましてもレントゲンを撮れば、

多少そのようなことは言われるでしょうが、それだけが膝痛の原因ではありません。


生活上の癖によって筋肉や骨などのバランスが崩れて

痛みが発生している場合が多いです。

そう言う理由で一般的な治療・・・
痛み止め薬や電気掛け・ヒアルロン酸注射では、なかなか良くならないわけです。


状態を調べてみますと、左右の足の足根骨(足首に近い側の骨)
一部低下している骨がありました

この場合、腓骨(ひこつ・・・膝下外側の骨)も連動して下がりますので
膝関節でのバランスが崩れます。これが両側で起きていました。


原因の多くは、普段の生活で足指を使わない歩き方をしていることが言えます。

下がっている足根骨を元の位置に上げてやりテーピングで一時固定。

さらに微妙な骨盤のズレを調整しました。


私 「いつも痛くなる動作をしてみてください。」

主訴である@〜Bの動作をしてもらいました。


K様「あっ、痛くないですね!」

と、驚きと喜び顔です。

これで今日、現時点では痛みは無くなったようです。

原因の多くは、生活習慣の中にあります。


指導を守っていただきながらその後2回の施術@とBの痛みは
仕事をしていても起きなくなったということでした。


残るAも間もなく安定してくれば解決すると思います。

膝が痛い方は、コンドロイチングルコサミンに頼る前に当院へご相談ください


本日これまで!また来週。






posted by セラピスト佐藤 at 17:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

カルテNo.279 『なぜか?夏に多いぎっくり腰!お盆前後は腰痛週間か!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


お盆休みも終わり・・・と思ったらいきなりの台風

当院では、外の植木鉢が倒れただけでしたが、

皆様は被害など無かったでしょうか?

そう言えば、
通称ムーミン谷は、水が溢れて通行止めになったそうでした。(ヤバいです)


さて、
『ぎっくり腰』の方というのは普段はあまりいらっしゃいませんが

お盆前後は、3〜4人と続きました。

『ぎっくり腰』だからと言って、必ず「ギクッ!」と音がするわけではないです。

「ピクッ!」っとなったという方もいますが、

これは、『ぴっくり腰!?』なのでしょうか。


とにかく、前に曲がるも後ろに反るも出来ない状態になることは間違いなく

もっとひどい状態ですと、一人で歩けない。

家では這っているという方かも以前いらっしゃいました。


いずれにしましても・・

動くとかなり痛みがひどい時は、(体の故障ですから)仕事もお休みにして

安静になさって激痛が少し落ち着いてからご来院することをおススメします。

慌てて一番痛い盛りでいらっしゃって施術を受けようとしても

施術の体勢すら取れない状態ではそれだけでも時間が掛ってしまうものです。


昨日ご来院のM様は

「腰が痛くて、起き上がるのがつらいんです!」


お話を伺いますと、

M様「病院の整形外科でぎっくり腰と診断されました。飲み薬と痛み止めの注射2回打ちましたが、全然効かないんです。」


1週間で2回🏥病院に行って、その度に注射を打っても全然効かないということは、
結構な腰痛レベルだなと思いました。

なぜなら、医学的には保険治療しても治らないのですから。


初めての方でしたので、施術の説明も必要と思って

充分時間を取っていましたが、施術が80分も掛ってしまいました。


ご来院時、前に45度ほどしか曲がれない状態でしたが、

手が床に付けるまで改善しまして、また後ろに反らしても痛くなくなりましたので

あとは、時間の経過で完全回復と確信しました。


ところで・・・ぎっくり腰が多いのは

食べ過ぎ、お腹冷やし過ぎ、サンダル履き

が、根本原因にあると思われます。


そう言われても、皆様は「??」かも知れませんが、

お体を検査していると判ります。

整体は、奥深いですね



今週の写真館
お盆休みに、嵐好きの娘の希望で
福島の『パスポートのいらない英国 “British Hills(ブリティッシュヒルズ)”』
にドライブに行ってきました。



20160819_194858.jpg
ドラマ『花より男子(だんご)』で、嵐の松本潤演じるセレブな道明寺くんの自宅の
ロケ現場となった施設です。
普段は、外人教師による英語のレッスン・研修施設になっています。



20160819_195754.jpg
中世英国の街を表現しているとのこと。
ちなみに、ここは喫茶店です。



20160819_195725.jpg
確かに日本ではない感じがします。ここは、海抜1000mで
小高い山の敷地に造られています。



20160819_195027.jpg
イギリスのダービーという都市でここのシェフが食べてきたステーキを
アレンジしたメニューとのこと。
ダービー?馬肉じゃないよね?確かに牛肉でした。(あれっ?固い・・・^_^;)



本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 20:49| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする