最近の記事

2018年07月12日

カルテNo.344 『原因不明シリーズVol.11 /薬が効かない!頻尿(ひんにょう)と残尿感を訴える女性!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今回、西日本は200年に1度と言われる豪雨による災害。
被災に遭われた方は大変な思いをされていることと思います。
心よりご冥福を、またご健康と早い復旧をお祈りいたします。


さて、
本日のご依頼

「おしっこが近いのと残尿感で困っています!」

「1ヶ月前から医者の薬を飲んでいますが、良くならないんです。」


こうおっしゃるのは、4年前に『子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)』
下腹部が痛いとご来院され施術したK様(40代女性)です。

当時、病院🏥で手術しかないと言われて私の所にいらっしゃったのでしたが、
初回で痛みがなくなり2回で終了したことが、カルテに記載してありました。


私 「お久しぶりですね。今回は頻尿でお困りと伺ったのですが・・・。」


K様「そうなんです!1時間ごとトイレに行っていて多いと2回もです。そのあとの残尿感もあるんです。」


私 「お医者さんでは何と言ってましたか?」


K様「エコー検査で子宮が少し下がっていることが原因かもと。あるいは、心因性のものでないかということでした。」


私 「そうですか。確かに子宮は年齢的に少し下がってくるでしょうけど、皆さんひどい頻尿でもないと思いますが。」


頻尿傾向は加齢からくる原因もありますが、
K様1ヶ月前まではこんなにひどくはなかったのです。


最初に、足からお腹と検査していきますと、

4年前は、お腹の子宮付近で固く筋張っていたのですが、今はとても柔らかい状態になっていました

それは、泣くほど痛かった『子宮腺筋症』完全に解消したんだなと
私に確信と安堵をもたらしました。


脳反射スキャンで、
K様の脳からの情報をキャッチしてみますと

私 「1番の原因は、子宮下垂では・・・ないみたいです。肝臓から原因がきているようで、さらに遡ると膵臓に負担が掛かったことから
始まったようです。」


なぜ?膵臓に負担が掛かったのか、食べ過ぎ飲みすぎか?

K様の膵臓に負担を掛けるアレルゲン(波動を乱すもの、悪化因子)は何かを検査すると、


その答えは、『人間関係』で反応しました。

K様「えぇっ〜」


私 「Kさん、何か心当たりありませんか?頻尿が始まった1ヶ月前頃に人間関係で。」


結果、「無くは・・・ないです。」

思い当たることは、あるということでした。


膵臓の調整と人間関係によるアレルゲンの除去を実施。

さらに、
子宮下垂もエコーで調べられたように、脳反射スキャンでも反応ありました。

お医者さんから一応指摘がありましたので(特に治療はなかったわけですが)、
子宮下垂の改善実施いたしました。


その子宮が上がって改善されたことが解るように、大腿四頭筋の筋力テストを行い確認しました。


施術が終わって、K様がベッドの横に立ってみた瞬間、


K様「あっ!残尿感が無いです!下腹部もすごく温かいです。」


実は、寝ていてもさっきまで残尿感があったそうなのです。


K様は、体が変わった実感で嬉しくて半分涙目です。


私 「これで大丈夫と思いますので。」


お見送りしながら、

(kさん、もしまた何かトラブルあった時は私にすぐご用命ください。)


心の中でそうつぶやくセラピストでした。




今週の1枚
知人の整体の先生に、整体DVD
お借りしました。



20180710_010715.jpg
視野を広める意味で、全国でも有名な先生の
手技を知ることは勉強にもなりますが、
面白いです。

実際の施術で、一部お披露目することもあるかも知れません。
特に常連の方には


本日これまで!また来週。








続きを読む
posted by セラピスト佐藤 at 21:00| 山形 ☁| Comment(0) | 頻尿(ひんにょう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

カルテNo.343 『夜中に目が覚めると眠れなくなる・・・今回はこの不眠症をセラピーする!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


四国では、記録的な大雨で3日間でなんと1100mm!
ほんと土砂災害とか心配になりますね。今日は九州か!

今年の夏は、猛暑予想ですので
山形でもゲリラ豪雨とか起きそうな予感が・・・
気を付けたいですね。


さて、
今週のカルテは、先週の冒頭でご紹介した内容です。

「最近、夜中に一度目が覚めると眠れなくなってしまうんです。」


このお悩みの症状を切実に訴えられるのは、定期的にお見えになっている
K様のお母さん(M様60代女性)です。


K様から勧められて、今回のご来院となったそうです。


私 「睡眠導入剤など飲まれてはいないのですか?」


M様「はい、10年前位から飲んでいます。ただ、体のため少しずつ減らしています。」


「しっかり飲まれた方が、よろしいのではないですか?」


などと、決して申し上げることがないのは、
私が “長期的な薬の服用”は、反対派だからなのですが・・・

但し、短期的には必要だと思います。そのための薬ですから。


M様の場合、段々と寝つきが良くなってきて減薬していたそうですから
応援してあげたいところです。

不眠症の原因は、
『興奮』か『不安』か『不満』か、いずれか自律神経を緊張させる
ストレス等であると思いました。

そこで、心の緊張を解消させるため、お体の緊張を解消させてあげることから
開始しました。


体の土台となる足から検査&調整していきますが、予想と違い
腹部も硬くなっておらず、血流良い状態でした。


(・・・ということは、頭部〜首付近の緊張からということか?)


脳反射スキャンで調べてみると、左脳後頭部に緊張があり血流障害
が出ています。

ストレス除去法を行いながらこの緊張が取っていくと、血流が正常化
精神ストレスは強く出ていましたが、クリーニンングされました。

さらに頸椎(けいつい)〜背中側の調整で終了。


2週間後

M様は、とてもにこやかに報告してくださいました。

M様「先生、すごく眠れました!途中に目が覚めてもすぐに寝つけて大丈夫でした!」


私 「そうですか、それは良かったですね。安心しました。でも、まだ途中目が覚めるんですね?」


M様「はい、何度か。あと、今日は右の腰の所が痛いんです。」


途中に何度か目が覚めるのは、普通のことぐらいになっているようですが、
私的には普通とは言えません。これは、まだ別の原因があるからです。

それは、肺内の空気(酸素)不足でした。


調べると、右肺の上葉以外は満タンに入っておらず、2割程でしか機能していません

原因を作っている臓器をスキャンしていくと、左脳後頭部、心臓、膵臓での緊張が
まだありましたので調整


M様「あっ、息がすごく吸えるのが判ります!」


私 「取りあえずは、これで今夜から途中に目が覚めず朝までぐっすり眠れると思いますよ。」

“取りあえず”とは、このまま戻りが殆ど出なければの意味合いです。

※腰の方の痛みは、この後調整終了。


2週間後に再チェックして、対応する予定です。
これで完結であれば、幸いです




今週の1枚
私が陶芸した、いや、これは女房の作ったお皿です。



20180707_014037.jpg
これだけでも、普通の白いお皿に盛るより美味しそうです。
ツマもつけてお店っぽく盛り付ければ、さらにグレードアップか?


本日これまで!また来週。




続きを読む
posted by セラピスト佐藤 at 03:40| 山形 ☁| Comment(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

カルテNo.342 『MRI検査異常なし!腰痛、肩痛、股関節痛と1年前から時系列的に次々増える痛みはなぜ?・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日は、『不眠症』で眠れないという方がお二人続いてちょっとその偶然に驚きました。

たまにお見えになられますが、
普通は、『不眠症』整体院は思い浮かばないでしょうから。

しかし、当院では“自律神経系”も施術範囲です。
このカルテは、後日にお伝えしたいと思います。


本日のご依頼は、

「2週間前から右の股関節が痛くなって歩くのも寝るのも大変なんです。」


こうおっしゃるのは、農家のお仕事お体を痛めて時々ご来院されるE様のご紹介で
遠くから電車で奥様といらっしゃったH様(70代男性)です。

自己申告カルテを拝見すると、

・一年前から腰が痛くなる。
・今年5月初めから右肩が痛くなる。(病院では五十肩と診断)
・今回の右股関節痛が発生。

奥様「脳と心臓のMRIも撮ったんですけど、異常ないって言われたんです。」



カルテ以外にも、ご自身で家で書いてこられたメモ用紙を頂きました。

そこには、
・立ちくらみ、立つ時に腰に鉄板をぶら下げた様に重く背筋を伸ばすと痛い。
・両足のくるぶしが朝しびれる、ふくらはぎの骨や筋が痛い・苦しい
・右手に力が入らず、字を書くと震える。

等々、20項目ほど日常での症状が記入してありました。

H様とその件について会話を交わしますが、病院🏥でも解らず本当にお困りの表情でした。


私 「分かりました。では、順番に調べて施術していきます。」

右股関節が一番痛くて気になるということでしたので右脚から検査していきますと、


H様「痛たた・・・股関節は触られただけでも痛いんです。」

骨折や捻挫・打撲などないのに、触っただけで痛みがあるとすると

私的には、骨盤のズレ等によるものか、あとは体の中からしか痛みは来ないと思っています。


脳反射スキャンで調べていきますと

膵臓(すいぞう)から上行結腸(大腸の一部)に負担が掛かっている反応です。
説明しながら調整し、ふくらはぎの痛苦しさも同様で微調整も加えると、

H様「痛くなくなった!」


次に腰は、横行結腸(これも大腸の一部)と、H様の脳からの情報ですから調整

さらに次は、右肩の痛みと右手に力が入らないのは、右前頭部に原因が出ており
調整で、肩の痛みが消失し右手の握力もその場でほぼ回復してきました。


目の前でご主人が痛みや不調からどんどん回復いく様子をまのあたりにして


奥様「凄い技術ですね。」

その表情から、驚きと安ど感がうかがえました。


私 「さあHさん、終わりましたので立ってみましょう。」


あまりの速さに半信半疑H様でしたが、立ち上がる時も

H様「腰痛くない・・・」


私 「歩いてみてください。来た時と変化どうですか?」


H様「歩けます。痛くないです!肩も股関節も。」


奥様「背中もピンとして伸びましたね。ほんと良かったです。もうこのまま歩けなくなるかと心配していました。」


とても大きな変化です。ただし、まだ治ったわけではないのです。

原因は、ほぼ体の中から来ていますから(病気ではありせんが、年齢もあります
一回の施術ではこの良い状態は長期間もたない情報もキャッチしています。

繰り返して体内部の不調を元気にしていくことが必要ですので
少しご通院されることを提案しました。


H様奥様は、見えてきた希望に表情も明るくなり、次のご予約を入れて
お帰りになりました。





本日これまで!また来週。





続きを読む
posted by セラピスト佐藤 at 02:22| 山形 ☔| Comment(0) | 股関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

続編! 『緊急施術!・・・前代未聞?お尻の○○の締め付け痛みに悩む女性を救出せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


先日は、サッカーワールドカップ予選強敵コロンビア
2−1で勝利!!

前予想では、かなり形勢不利でしたから驚きましたね。
目が覚めました!
次のセネガル戦が楽しみですね。



前週は、M様の直腸の締め付けによる尾骨(お尻の真ん中の骨)の痛みが緊急施術

その場で痛みが消え去ったわけでしたが、その後どうだったのでしょうか?


M様が、一週間ぶりにご来院


私 「尾骨の痛みは、あれからいかがでしたか?」


M様「はい、日中全然痛くなくなりました!本当に助かりました。夜に少し出ていた痛みも三日前からなくなりました。」


私 「そうですか、それは良かったですね。」

しかし、


M様「はい、ありがとうございます!ただ、なんかまだ近くにいるんです(痛みになってきそうな違和感?)・・・」


M様は、スポーツ選手のような敏感な感覚の持ち主です。



私 「そうなのですか。では、私の検査の倍率を上げてさらに原因を調べてみます。」



脳反射スキャンを開始すると、

確かに、直腸に脈管機能の不調が、わずかながら出ています。

前回は、右卵巣に負担が掛かっていてそこにからしわ寄せがあったわけです。

その右卵巣には、ごくごくわずかの反応がありました。


さらにその原因をさかのぼって調べますと、
その影響は、回腸のわずかな不調から始まっているようでした。

※回腸・・・小腸の一部(一番下)


(なぜ、回腸に?)


私 「Mさん、回腸に何か負担が掛かっているようです。アレルゲン(悪化因子)を調べてみます。」


出てきた結果は、

『ミネラル』でした。


私 「ミネラルと出ましたが、Mさん何か心当たりありませんか?」


M様「え〜、ミネラルはあると思います。実は、先週来てから健康に気を付けようと、サプリや漢方薬など一気に飲み始めたんです。」


私 「(はっ、)そんなに?多分、量が多いのかも知れません。飲むのはお休みしてください。」


M様「解りました。そうします。」



体に良いと思って飲んでいるサプリなどが不調の原因になっている方は、結構いらっしゃいます。
ブログを読んでくださっている皆様も注意が必要ですよ。

良いサプリでも、人によって合う合わないがあります。


ちなみに、M様回腸の調整アレルゲン除去を行ったところ、

あの『直腸締め付けによる尾骨の痛み』予兆の違和感はその場で消失しました。



今週の1枚
院内併設『オールハンドの小顔の元氣屋 山形三日町店』再開いたしました


20180623_121322.jpg

今だけ50%割引した10回数券販売しています。
もちろん、今まで受けたことある方もお買いになれますので
ご予約お待ちいたしております。(7/31まで)




本日これまで!また来週。  またまたこのカルテの続きがあるかも・・・


Ps. 前々回『声枯れ』は、その場から良くなるも
   安定方法が見つかっておらず、機会を見て続編予定です。

posted by セラピスト佐藤 at 22:23| 山形 ☀| Comment(0) | お尻が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

カルテNo.341 『緊急施術!・・・前代未聞?お尻の○○の締め付け痛みに悩む女性を救出せよ‼』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


いつも、お読みいただいてありがとうございます。

あなたのアクセスが、私の執筆の原動力です今後もよろしくお願いします。


主に、頭痛・肩こり・腰痛・ひざ痛だけの一般的な整体院と違い、

当院には、普通「えっ?」と言うような様々な痛みや悩み、症状の方も
多くご来院されます。

それは私が望んでいるからかも知れませんが、沢山の結果を出していますよ。


今週は、前週のカルテの続き(声枯れ)の予定でしたが、

一本の☎電話が入って・・・


「お尻の尾骨が、中の直腸が締め付ける感じで痛むんです。予約空いていませんか!?」


声からして30代ぐらいの女性(M様)で遠慮がちにお話しされますが、どうも困っている感が
伝わってきます。

あいにく、予約表を確認すると夕方からは埋まるのが早く空きがありませんでしたが、

なんとか、調整できそうでしたので

翌々日に来て頂くことにいたしました。


ご予約当日
症状について伺ってみると、やはりどこに行っても原因不明で痛みは取れなかったようです。

半年前から直腸の締め付けによる痛みが起き始め、
最初は深夜だけだったのが、最近はいつも痛い。

M様は、整形外科、婦人科、消火器内科、脳外科、肛門科と廻って様々な検査を受けても
問題は発見されず、最後は心療内科を打診されたそうです。

大きい病院の医師でさえも

レントゲンやCT、MRI、内視鏡、血液検査等々でも写らないということは、

原因・問題が発見できない、診断がつかないということになるでしょう。


当院は、自称 “総合整体院” ですから病気やケガでなければ
様々な個所を“脳反射スキャン法”検査することで、
ご依頼者の体からの訴え(反応)に耳を澄まして、必要なる調整を行います。

まずは、“脳反射スキャン法”M様尾骨の痛みとなっている直腸について
情報をキャッチしますと、脈管機能(血管、リンパ管、神経管等)に異常ありです。

※これは病気の異常ではありませんから(傷でもない)医療の検査機器には映りません。


まさに直腸の締め付けによる痛みが起きているのは事実。

しかし、直腸単体で起きているトラブルなのか?他の臓器からのしわ寄せなのか?


答えは・・・他の臓器、さらに調べると“右の卵巣”で反応。

(右卵巣?)

なぜ右卵巣に反応するのかを調べるまでは、時間的余裕がありませんでしたが
そこに負担が掛かっているのは間違いありません。

右卵巣の調整で、直腸のトラブルサインが消えたことを確認。


私 「直腸の締め付けと尾骨の痛みは、いかがですか?」


M様「止まりました・・・尾骨も痛くないです!」


私 「と、いうことです。ここからは、負担が掛かった原因を調べてみます。」



そのアレルゲン(悪化因子)として出てきた答えは、“人間関係” でした。


私 「Mさん、痛みが起き始めた半年前に人間関係で何か思い当たることがありませんでしたか?」

そうお聞きしたら、まさにビンゴ!


M様「半年前に・・・ありました。その人は、私が悪口を言っていると誤解してトラブルに。」


私 「やはり、ありましたか。その緊張・ストレスで(何故か)右卵巣に負担が掛かって直腸にしわ寄せがいったようです。」


さらに、ここで奥義

私 「すぐ戻りが出ないよう、右卵巣からそのアレルゲン(波動)を除去します。」


人間関係において、
「波長が、合う合わない。」と言うように、波動が飛び交っているのでしょう。


本日のカルテ、これにて一件落着 


また来週。
















続きを読む
posted by セラピスト佐藤 at 00:25| 山形 ☁| Comment(0) | お尻が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

カルテNo.340 『初ご依頼、「声がかすれる!」「声枯れする!」を治して欲しい女性‼』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今週は、蒸し暑いですね💦 梅雨前線の影響でしょうか?

只今、私はダイエット中ですが、−2s達成しました!

到達目標あとー2kg・・・頑張ります。



さて、本日のご依頼は

「肩の痛みと、のどが詰まる感じで声がかすれたり声枯れするんです。」


こうおっしゃるのは、初めてご予約くださったT様(50代女性)です。


お話を伺うと、

数か月前に、車の運転席から後ろの座席の物を取ろうとした際に無理をして

左肩を痛めてしまったそうです。きっと、あと少しと頑張ったのでしょう。

それ以来、左腕を後ろに伸ばそうとすると『左肩に痛み』が走るというのが主訴でした。


しかし、もう一つの「声のかすれ」「声枯れ」を治したいというご依頼は普段ありませんので

私はこちらの方に興味深々です。まず施術主訴の方から。


左肩の靭帯や腱をを痛めたのかと肩や肩甲骨回りを調べて、調整


私 「いかがですか?左腕が後ろに行くか確認してみてください。」


T様「あっ、さっきよりは後ろに行きやすいです。」


私 「そうですね。でも右腕と同じようにはまだ行かないですね。」


だけでなく他にも原因がありそうです。

横向きになっていただき、左首の前を調べますと鎖骨内の筋肉
かなり硬くなっていることに気づきました。

そこで左腰を調べますと、腰方形筋(ようほうけいきん)硬結しています。

なんと!
ここが硬くなって緊張状態のため、左肩の後ろに行く可動域を狭めていたのです

この硬結解除

T様「あぁっ、右肩と同じく後ろに行きます。痛みないです!」


ここからが、「声かすれ」「声枯れ」に挑戦です。




今週の写真館
先日のお昼に、昨年冬にOPENした南三番町の『ワイルド・グリル』に初めて
入ってランチメニューからステーキ丼(900円)を注文しました。



20180608_213127.jpg
ランチスープ、ライス大盛りサービス。
丼ぶりでなく、プレートでした。
次は、もっと“ワイルド”なステーキを注文するぜ。





20180608_213031.jpg
一昨日は、仕事で鶴岡に。月山Pでトイレ休憩。
暑かったですが、月山にはやはり雪渓が見えて
涼しげな感じで爽やかです。




本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 06:02| 山形 ☁| Comment(0) | 声がかすれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

カルテNo.339 『実は “骨盤調整”だけで治らない腰痛が、沢山あります。』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


世の中、テレビやネット、雑誌などから『情報』が溢れていますが、

事実と違うことも、ままありますね。

その中から正しい情報を見抜く必要があります。


例えば腰痛の方、骨盤矯正・骨盤調整だけで腰痛は治らないことが結構あります。

正しく調整できていれば、やる前より良くはなると思いますが、

もし貴女がそれで、痛みがなくなって良くなったとすれば、

それは、『骨盤の歪み』しか原因なかったということになります。


しかし、実際は・・・



ということで、本日のご依頼は『産後の腰痛』です。


「今年出産してから、腰が痛いし重だるいんです!」


こうおっしゃるのは、1月に男の子を出産されたというY様(30代)です。

産後の骨盤矯正もご希望です。


検査から始めていきますと、右脚が左脚よりも1.5cmほど長い状態です。

左の骨盤(臀部)付近での痛みを訴えていらっしゃいます。


最初に骨盤調整から始めまして、調整後に前屈等して確認してもらいますと
5割ぐらい痛みがなくなったということでした。

するとY様から、
ご自分は子宮が下がり気味だとおっしゃるのです。(子宮脱がある)


これを聞いて、仙骨子宮靭帯(後ろから子宮を支えている靭帯)の弛みを
脳反射スキャンで確認すると反応があり、内臓下垂もしているようでした。

腰痛に直接関係ないかも知れませんが、伺った以上こちらも調整をしました。


さらに、脳反射スキャンで調べますと・・・

左の骨盤で残っている痛みは、下行結腸(大腸の左側)に負担が掛かっていることが
原因でした。

また、左右の後頭部内で緊張から血流障害が起きており、右肺に充分な空気が
入らず酸素不足にもなっていましたのでこちらも調整を実施。


Y様「腰が痛くなくなりました。鼻も通って息もしやすくなりました!」


何事も結果だけにとらわれず、原因追及したうえでの対処が大事ですね



今週の1枚
先日のお昼、市内の『手打ちそば港屋』さんに初めて入りました。


b08101416.SANY0202.jpg
注文したのは、細ぎりと太ぎりの両方が味わえる相盛りそば(890円)
細切りの方は、そうめんぐらい細かったですがコシがあって
美味しかったです。そばつゆもさすが老舗ならではのどっしりした
私好みの味でした。
次回は、細切りを板で思う存分食べてみたいなあ。


本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 02:08| 山形 ☔| Comment(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

続編! 『アトピー性皮膚炎からの脱出!キーポイントは・・・副腎強化で ゛かゆみ” を消すことにあり』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



昨日は、とても嬉しいサプライズがありました。


昨年に不妊施術で通院してくださっていたA様が、2ヶ月前にご出産されて

初めての赤ちゃんを抱いてご挨拶に来てくださいました!


「そろそろ、生まれたかなあ?」


と、春先に気になっていましたので、嬉しさは勿論、大変安心しました。


A様の長年の希望であり夢だったお子さんを

今その胸に抱いていらっしゃる姿を見て、まさに感動です

この実現のお手伝いをできたことは、自分の仕事の価値も

再確認できた思いでした。



そんなことで、ぜひご出産された方は、


突然でまったく構いませんので、心よりお待ちしていまーす。




では、前週の続きです。


肺機能が、本来の能力の゛たった2割” しか使えていない!!


これが、T様の肺機能を『脳反射スキャン』した結果・・・でした。



体の疲労が、『酸素不足』で回復しずらくなるだけでなく


当然ながら『肺自体』も活性化しずらくなりますので

咳で苦しく、また、雑菌を排出するため、痰が多くなります。



これは肺自体の病気や原因ではないので、

お薬を服用しても効かないということが起きているのだと思います。



最初に肺機能を100%使えるように戻してあげると、

T様は深く呼吸できるようにその場から変わりましたので、


これまでが口呼吸になっていたこと、息苦しい感じであったことをすぐ理解されました。



T様のアトピー性皮膚炎からの脱出で重要視しているのは、副腎に健康な働きを起こさせることです。


アトピー性皮膚炎の方には、

人工の副腎皮質ホルモン(ステロイド)が塗り薬として使われるのはご存知でしょうか?



このお薬は、様々な炎症を鎮めるために使用されていますが、

本来ご自分の副腎(腎臓)から副腎皮質ホルモンは分泌しているのです。


ところが・・・

この副腎機能が低下していますと、そのホルモン分泌量も不足してきます。


そうすると、アレルゲン(悪化因子)の影響を受けての免疫バランス崩れから

かゆみ、炎症が引き起こされることになります。




人工的に作られたステロイドは、体内で酸化ステロイドに変化して

再び皮膚が悪化してくることが既に解っていますので・・・


やはり、ご自分の本物のステロイドホルモンが必要十分に分泌されていることが

健康への鍵となります。



副腎・腎臓を活性化、腸粘膜活性化、自律神経バランス活性化、

頸椎調整、精神ストレスクリーニング、蓄積薬毒除去法等を実施いたしました。



一週間間隔で2回行ったところ


T様「顔や腕のかゆみがなくなって、だいぶきれいになってきました。」



と嬉しい結果報告です。ただし、



「胸と内太ももがまだかゆみが出ます。」



これを聞いて、胸の中央部の胸腺のある付近を検査すると、機能低下の反応あり。


内太ももは、脚の付け根のリンパ液の滞りがありましたので、こちらの施術も加えました。



本日3回目


私 「この前、かゆみがまだ出ていた胸と太ももの方はいかがでしたか?」




T様「ほとんど かゆみがなくなってきれいになってきています!」



良い経過です!!


症状期間が、長期だった方ほど

機能低下部分の活性化や蓄積毒除去に根気は必要ですが、


お若い方ほど、早く良くなっていくことは間違いないです。





今週の1枚

先日妊娠されたH様不妊施術のご感想を頂戴しました。(ありがとうございます!)

2018 05 09のコピー.jpg
妊娠おめでとうございます‼ お役に立てて大変嬉しいです!


本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 07:32| 山形 ☀| Comment(0) | アトピー皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

カルテNo.338 『アトピー性皮膚炎からの脱出!キーポイントは・・・副腎強化で ゛かゆみ” を消すことにあり』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


アトピー性皮膚炎は、寒い時期は割りと落ち着いているようですが、

汗ばむような暖かい陽気になってくると、

痒(かゆ)み が強くなり掻いてしまって悪化し易いようです。


乾燥しやすい季節では、処方された保湿剤等でしのいでいらっしゃるようですが・・・



「アトピー性皮膚炎が悪化していているんですが、良くなりませんか?」


母親が同伴してご来院されたのは、高校生男子のT様です。

体格の立派な男子で、


私 「何か、スポーツしているんですか?」


T様「いえ、していないです。」



さて、これまでの症状の経過を、自己申告カルテを拝見しながらお聞きしました。


遡りますと、生まれた頃からカサカサ程度はあったようで、小学生中学年で一度

悪化しましたが、その後は落ち着いていたようです。


再び酷くなってきたのは、今年の冬からということでした。


また、咳こみや痰(たん)も多いそうで、運動すると息切れもするとか。


(「それでスポーツは特にしていないということか・・・」)


既往歴には、マイコプラズマ肺炎とあります。

※肺炎マイコプラズマという細菌感染で起こる流行性の肺炎。


かつて私の娘も小学4年か5年の冬、咳がひどく小児科に連れていくと、そう診断されて


Dr.「これはマイコプラズマ肺炎で、咳は1年間は治りません。」

と言われ、

びっくりして問い返したら、医師が切れ始めたことがありました。(それも、びっくり!)


詳しい検査をしたわけでなく、

自分の子供が1年間も治らないと自信満々に言われたら聞き返して当然かと思いますが、

その医師は、私が診断を疑っていると取ったようでした。

(確かに・・・全ての医師が名医とは思っていないかも。)


しかしその後、娘は1週間足らずで治りました。

きっと肺が一時的弱って、免疫力が低下していただけだと思っています。


(私が、咳や肺の弱りについて色々なことが解ってきて解消できるようになったのは、
それから3年ほど経ってからでした。)


T様咳込みの原因から

゛脳反射スキャン” で情報をキャッチし始めました。

結果、
これでは咳込みだけでなく、息切れや立ちくらみが起きて運動ができないわけです。

なぜなら、彼の肺は、全体の2割しか活用できていない状態!

つまり、たった2割の空気の出し入れしかできていないのです


この続きは次回に



今週の写真館
先週は、山形市内で『薬師まつり植木市』が3日間ありました。
最終日のお昼に、ちょっと出掛けてみました。




20180516_222900.jpg
今年は、天候が優れなかったからでしょうか?
出店が、少なかったです。(3割減か!?)
お目当てのソーセージ屋さんがどこにもいらっしゃらない!
私にとっては残念な祭りでした。

         



20180516_222927.jpg
休日の前日や当日の朝の雨が上がり、こんな青空
迎えてくれた宮城県の゛杜の公園ゴルフクラブ”

4月の今年初めてのゴルフ⛳は、雨で散々なゴルフでしたが、
今回は、スコアもアップ。
しかし、100切りにまだ及ばない結果で、今後『練習・要』です。


本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 23:11| 山形 | Comment(0) | アトピー皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

カルテNo.337 『誤診が起きやすい!?・・・゛胃カメラで異常なし”の 胃痛を解明せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


夏日のような暑さから一転、冬服が必要な気温となり

ホント、目まぐるしく変わる気候に半袖出したり長袖に戻ったりで

体調も不安定になりやすいのではないでしょうか?

どうぞ、健康管理にお気を付けください。



さて、本日のご依頼は・・・

「胃炎と腰痛が治らなくてつらいんです!」


こうおっしゃるのは、車で1時間ほど掛けていらっしゃったK様(50代女性)です。


(「胃炎で、私の院に来てくださるようになったんだなあ。」)


こちらは、整体院ですから普通はあり得ない話だと思うのですが、

信じて遠方から来てくださることに感慨深い気持ちになります。


勿論、HPやブログに症例として『逆流性食道炎』なども改善例を載せてある

からだと思いますが、K様に今の状態や経緯をお聞きいたしました。


私 「病院では、どのような診断と治療でしたか?」


※最初に病院で検査や診断を仰ぐことは、基本的に重要です。
 当然ながら当院で診断はできませんし、医師にしか認められておりません。

◎当院では、痛みが取れないことや原因不明な不調を解明して、
 元気な状態に戻してあげることだけです。


K様「゛逆流性胃炎”という診断で、胃酸を減らす薬を処方されましたけど、飲んでいても中々良くならないし口内が渇き易いんです。」



私 「逆流性食道炎は聞きますけど、そういう胃炎もあるんですね。」


K様「はい、そうです。あと、胃下垂だからとも言われました。」



《その他のK様の症状としては》

・眠れない、寝た気がしない
・立ちくらみ(低血圧、貧血)
・心臓や胸が重苦しい時がある
・手足の冷え
・首、肩こり、反ると右腰が痛い、また背中が苦しい
・鼻炎
・食いしばり、
・便秘etc.

沢山の不定愁訴も起きていますが、本日7割以上良くしてあげたいところです。

私 「胃炎ということですが、ご自分で心当たりはありませんか?症状が出た頃
   仕事が忙しかったとか、私生活で心配があったとか。」


K様「仕事はずっと忙しいです。」


忙しい毎日、体調不良・・・趣味のヨガもやめてしまわれたそうです。
緊張の日々が長く続くと、自律神経的にも影響が出てくるでしょう。


施術に入り検査から始めますと、骨盤の歪みも多少起きていますが
上腹部を軽く押圧すると痛みがありました。

(ん?胃の位置よりも少し中央よりだな・・)


脳反射スキャン開始!

訴えていた背中の苦しさは、左右の肺の上葉(じょうよう)に2割ずつしか
空気が入っていないことが原因と出ました。

その原因を作っているのは、左右の゛後頭部の緊張” からです。


調整後
すべての肺機能が元気になって、十分な空気が入り鼻の通りも回復しました。
(たまに起きる心臓付近の苦しさもこれが原因というのも意外に多いです)

次に右腰の痛みですが、
これは、上行結腸部の負担からその裏側である右腰に痛みが発生していました。

※上行結腸・・・大腸の一部でお腹の右側にあります。

さらにその原因をさかのぼると、肝臓と十二指腸の不調に起因しているという脳からの情報です。


私 「Kさん、胃ではなく原因は十二指腸にあるようですね。だから胃薬も効かないのでは?」


K様「そうでしたか・・・通りで胃カメラでも何の異常もなかったんです。」


私 「患者さんの方が、胃痛を訴えればお医者さんもそこから検査して診断したのでしょう。」


調整して゛肝臓と十二指腸” を元気にしてあげますと、


K様「あ〜お腹が楽になってきました。内臓も動いてきました。」

キュルキュル、グーとお腹が鳴ってきたのです。


私 「快調になったので、お腹が空いてきますよ。」


K様「はい!」



次回は、
これも、なかな治らないとおっしゃる゛左奥歯の腫れと痛み” の原因と調整
お約束しました。

良くなると、信頼が増えてご依頼も多様になりますね



今週の写真館
GWは特にどこにも遠出の予定も作らずでしたが、
娘の駆っての希望で、有名焼肉の『叙々苑』
に家族で行ってきました。(東京ではなく仙台に)GO!


20180510_100233.jpg
仙台への高速バスで楽々♫ビールも飲めます。
お得なランチコースだけでお腹一杯に。




20180510_095823.jpg
6日は、寒河江方面の帰りチェリーランドに寄って
となれば、定番はジェラート・アイスですね。




20180510_095648.jpg
私は、1番人気の『米』と5番?『秘伝豆』をチョイス。



20180510_100505.jpg

20180510_100602.jpg
GWで、ペーパークラフト展などやっていました。
下の家族団らんの光景は、昭和37年とカレンダーにありました。
作者は、米沢の方で60代とありました。(私もこの頃?いや、もっと若いです。)
でも、懐かしいですね。


本日これまで!また来週。











続きを読む
posted by セラピスト佐藤 at 02:56| 山形 | Comment(0) | 胃が調子悪い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする