最近の記事

2009年06月03日

カルテNo.54『初体験!90歳の背中痛』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


ロイヤル整体院のリニューアルしたホームページはもうご覧下さったでしょか?
まだの方は、ぜひ右側のお気に入りリンクの下をクリックしてご覧下さい。
今回からトップページは、整体美容に分けた入り口に変更しました。


さて今回は宮城県のS様からしばらく振りにお電話が入りました。
腰痛が再発したのかな?と思いスタッフから電話を変わりますと、


S様「あー先生、しばらくです。実は私のお袋が背中が痛くて重苦しいというんだけど、どうかなーやってもらえますか?」

私 「はい、ところでSさんのお母さんと言いますと何歳なんですか?」(Sさんは60歳は超えているはずですから・・)


S様「今ね、90歳です。」


私 「えっ、90歳ですか!」がく〜(落胆した顔)

  「ひとりでは歩けるんですか?骨の方も問題ないですか?」


S様「はい、それは大丈夫です。手首とか腕は去年転んで骨折しているけれど。あ、あと今年腰を圧迫骨折したけどもう退院したから大丈夫だと思うけれど。」


たらーっ(汗)(やっぱり骨粗しょう症気味のようですね。)

S様「どうでしょう?連れて行きたいんだけど治るというか改善しそうかなぁ?」


時々、電話やメールでこう聞かれる時があります。
ご本人の状態をを見てもいない、検査もしていないのに良くなるかどうかなど簡単に答えられるわけがありませんよね。

そんな簡単な痛みなどでしたら、とっくに近所の医者や病院へ行って治しているはずです。

行っても治らなかったか、行っても治らないことを知っているからこちらにお電話をくださることは間違いありません。
でも、症状は同じようでもみんなからだの状態は違います。症状の重さも軽いのか重いのかでも答えは変わってきます。

見もしないでいい加減なことは言えません、ましてやご高齢ですから。

私 「電話だけでは判りませんから、一度来て頂いてやってみないと判らないです。」

施術できますか?と、施術して良くなりますか?では違いますもんね。

という事で、午後に宮城から来ていただきました。

90歳の方は、初めてです。杖をついて背中はだいぶ丸くなっていますが、これはしょうがありません。
ゆっくりベッドに寝てもらい、通常よりもさらにソフトにソフトに施術を開始しました。

ふとももなどは、筋肉がホントに少なくなっているのが分かります。
腹部を検査しますと、硬めなところが感じられます。ここが硬いと背中の方の重苦しさにつながります。
丁寧にリンパの流れを改善していくことにしました。ひらめき

全体の施術が終わって立っていただきますと、

S様のお母さん「あ〜、楽です。苦しくないです。」

わーい(嬉しい顔)

良い結果だったようで取り合えずホッとしました。ぴかぴか(新しい)

でも、ご年配の方ほどぶり返しが起きてきたりしますので、安定させるには、何回か繰り返していくことが必要だとS様に伝えました。

とにかく、喜んでもらえましたので。何よりです。
自分のお袋さんを施術して、喜んでもらったような気分でした。
もちろん、90歳まではまだまだいきませんが。あせあせ(飛び散る汗)

本日これまで!また来週。







posted by セラピスト佐藤 at 19:30| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

カルテNo.142『セラピスト本領発揮か!? ドクターKを施術する』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


あー、やっと大雪もおさまりましたね。

これだけ雪雪で大変だったことを思うと、その分、の到来が待ち遠しいですね!
また喜びが増すというものです。はい。 わーい(嬉しい顔)



さて、とうとうロイヤル整体院に・・・


本日のクライアントは、お医者様です。 目



今回は、通院してくださっているその奥様からのご紹介で実現することになりました。

感激ですexclamation 医師の方のご来院は私が整体院を開業してから初めてのことです。ぴかぴか(新しい)


普通は、来ないと思います。ふらふら 
なぜなら、お医者様は、国家資格でない民間資格の整体で良くなるとは考えないのが普通だからです。

しかしながら当院には、病院病院や開業医の元で働いている看護師さんは、現在もこれまでも
沢山いらっしゃっています。

(これが、お医者様にもできることとできないことがあるという現実かも?
シップだけでは治らないということですね。)



今回のように、ご家族からの勧めであれば、


「試しに行ってみようか。」


と、思われても不思議ではないです。決定(マッサージくらいは行く時もあるでしょうから)


お医者様といっても不死身ではないですから、(実は・・・)痛いところや辛いところもあります。


それでは今回の内科医K様の主訴は何かといいますと



奥様「主人がいつも背中が痛いと言っているんですが、診てもらえないでしょうか?」



私 「はい、いいですよ。背中ですか?普段重いものを持ったりするお仕事ですか?」


奥様「いいえ。医師をやっていますので特に重いものは・・。」



この時点で初めて(「あっ、医者の奥さんだったんだ。」と)判りました。犬


私 「(わぁお!)そうでしたか、ぜひどうぞ!」



1週間後

ドクターKは、奥様といらっしゃいましたexclamation×2

医師に(自己申告)カルテを書かせるとは、立場がいつもと逆で妙な気分です。ダッシュ(走り出すさま)

その後、お呼びしますと、

私の施術室へドクターK様は背中を丸め青白いお顔で、ぬーっと(失礼exclamation)現れました。

(えーっ!!) がく〜(落胆した顔)


今週の写真館

確定申告の季節ですね。
セラピストも休日を利用して会場の『山形テルサ』に行って参りました。



IMG_2962.JPG
昨年までは、会場に来てから係の方に聞きながら、耳
ある程度作ってきた書類を仕上げて提出していましたが
今年は初めて全部の書類を事務所で仕上げて持って来ました。手(チョキ)
提出だけですから5分も掛かりませんでした

これもパソコンソフトの機能が進んできたからですね。
来年からはいよいよ電子メールで送ろうかな? 猫

追伸
ブログのTOPにアバター出現?していますが、無視してくださいね。
もうすぐ消えます。モバQ

本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 21:06| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

解決編!『セラピスト本領発揮か!?ドクターKを施術する』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


妊娠報告exclamationありがとうございますぴかぴか(新しい)

H様から、午前中にお電話電話がありました。2人目のお子さんが欲しくて・・・

でも、なかなか出来なくて10月下旬から当院へ通院してくださっていました。3ヶ月間本腰入れまして施術してきた結果、


「もう状態は大変良くなっていますから、毎週でなくても大丈夫です。」


と、お伝えして約2ヶ月。遂に妊娠!本当におめでとうございますわーい(嬉しい顔)

ただ、体外受精されたS様からはまだ連絡がなくちょっと心配・・・。

H様の他にも間もなくと思われる状態の方が、3名いらっしゃいます。

チャンスは月1回、頑張りましょうね。




さて、さてお待たせしました。

ドクターK様(勿論!仮名です)カルテのその後です。

私が内心、ちょっと驚いたのは、お顔を見るとかなり疲労困憊といった表情だったからです!

お医者さんは、いつも元気だというのは私たちが勝手に作り上げたイメージですね。

本当に奥様が心配なさるのが分かりました。


でも、逆に無理して元気そうに「やあ、やあ佐藤君、よろしく頼むよ!」


なんて言われたら、ちょっと引いてしまいそうですから、ありのままで良かったです。

「何とか私の力でドクターを元気にしてあげなければ!」と、その瞬間感じましたから。


ドクターK様は、私より年下の方とはいえ腰の低い方でした。
きっと日頃から親身になって患者さんの診察に当たっていらっしゃる先生であろうと想像できました。


しかし、毎日毎日、何十人もの患者さんに対応することは

普通の人が想像できないようなストレスもあると思いました。なぜなら、基本的に明るい笑顔、

元気な表情・体で医院に診察に来る患者さんはいらっしゃらないでしょうから。


ドクターK様の自己申告カルテには、腰痛・背部痛はおろか、

寝つけない・起きられない・寝た気がしない、頭痛・耳鳴り・全身の凝りという状況

が記されていたのです。がく〜(落胆した顔)


内科医の先生ですから、基本、外科医のような長時間立ち仕事の肉体労働ではないはずですが・・・

それなのに、今これだけの症状に悩まされています。きっとお忙しいのでしょう。


K様には、上手にマイナスな波動をコントロールして頂きたいと思いました。



施術を開始しますと、やはり全身的に凝りが蔓延していました。

その為、血流が滞りでていました。しかし、痛みで声を出すことも無く、

気持ち良さそうに最後まで受けてくださいました。(うっとりしていた?猫



私 「いかがですか?痛みや凝りの方は?」

K様「はい、軽い感じがします。」


あまり凝りが慢性化していると、時間が経たないとその場では変化が判りにくいことがあります。

お愛想で言ってくださったのかな?もう来てくれないかな?と思っていましたら

3週間後にご予約してくださいました。

来られる少し前に奥様の方にご主人に変化があったかをお聞きしていたのですが、



奥様「そう言えば、最近、背中が苦しいと聞かされていないです。
あんなにいつも言っていたのに・・・お陰様で、きっと体調が良いんだと思います。」



K様は、最初の状態と見違えて体が良くなっていました。お腹が温かいのです。

これは血流が良くなっている証拠です。こうなると反対側の背中の痛みや凝りは出にくいのです。



続いて2週間後
首がつらいということでした。これを施術してほぼ最初の様々な症状は消えてしまいましたので、

後は様子を見てということで終了しました。

これで奥様の心配も減って何よりです。奥さまの状態も大分良いと思いまするんるん 猫



今週の写真館

5年生の愛娘がなんと!小学校の卒業式で在校生の歌の際、ピアノの伴奏担当となりました。
わが子ながら聞き惚れていました。ハートたち(複数ハート)
(卒業生の親でもないのに式場内に堂々の潜入exclamation眼鏡やる〜)

ビデオ撮り映画しましたが、遠すぎて写真はダメでした。ふらふら

さらにこの日は○○回目の結婚記念日でもあり、親子仲良く『牛角』で夕食と
あいなりました。(庶民的だが接客いいですね)





IMG_3028.JPG
最後の締めの肉、『王様ハラミ』(830円)にかぶりつくexclamation





IMG_3029.JPG
噛みきれなくて「がぶっ!」といったが写真までブレたよう。






IMG_3033.JPG
あの東京で有名なラーメン屋『せたが屋』とコラボしてできた
『鶏塩ゆずつけ麺』だそうです。
ゆず風味の効いた超濃厚スープ(ちょっと甘いかなぁ)

普段は腹8分目ですが、久しぶりにお腹一杯食べました。
締めて一万円exclamation&question(牛角もそんなに安くないな・・・でも満足でしたexclamation) 猫


本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 20:03| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

カルテNo.185『体のコリを取ってもらいに来たら、姿勢も良くなってお尻までも小さく・・・!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今週も、セラピストは、お客様の様々なご依頼に、ご期待以上にお応えし、

お客様に、感動とお喜び 頂くことを目標にガンバっています。眼鏡



本日、初めてご予約くださったT様(30代女性)のご依頼は・・・目


「背中から腰が、張っているんです!」



私 「カルテに頭が重いともありますが、痛みもありますか?」


T様「そうなんです!雨降りの日は、偏頭痛があります。」



どうやら、くび・肩・背痛・腰痛と、全身的に、コリと痛みがあり

偏頭痛ふらふらも時々起きているところまできている状態のようです。


そのためでしょう。“寝た気がしない”の項目にも丸が付いていました。がく〜(落胆した顔)


ちなみに、今日は朝からの雨模様雨です。

今も偏頭痛がジワジワきているとのことでした。



最初に立ち姿の検査からスタート!


私 「やや右肩が、下がっていますね。こちらの鏡でご覧下さい。」


T様「あっ、そうですね。下がっていますね。」


毎日、鏡は何度となく見ているはずですが、意外に分からない方が
ほとんどです。目

それは、きっと顔や髪型の方しか興味がないので、肩までは意識がいかないのでしょう。バッド(下向き矢印)


肩が平行でない場合、『9割の方』に脚の長さに左右差が発生しています。

きっと、体の調子が良くないはずです。お疲れになっているはず。どんっ(衝撃)



ベッドに寝て、右脚が1cm短い状態を確認していただきました。



私 「大丈夫です。骨が短いわけではありませんから。」


ここから検査・説明をしながら施術をしていきますと、

ご自分が、考えていた以上に『体中に』コリと痛みが分布していることを

理解されたようです。あせあせ(飛び散る汗)



T様には、すべてその都度痛みが消えたことを確認していただきながら本日分は終了。


ビフォーアフターのアフターの確認のため鏡の前に立っていただきますと、


T様「あれっ!?肩が、後ろにきている!」


そうです、少し丸まって前にきていたが本来の位置に後退したのです。


そのため、自慢のバストが、ググッと持ち上がり、グラビアモデルのような・・・

鏡で横から見ていますから、一目瞭然なのですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

さらに、

T様「なんか、お腹もへこんでいます・・・」


私 「そうですね〜。お尻も小さくしていますから、ズボンをはくとゆるいですよ。」


私 「身長も高くなっていますよ。ほら、最初より目線が高くなっていますね。」



今までのお客さまからの報告によると、後日に健康診断で約1cm位は伸びているようです。


まっ、骨自体が成長したわけではないのですが、猫背の方ほど伸びることになります。るんるん


ということで、T様、大満足


ロイヤル整体初体験でしたexclamation

背痛で来て、ここまでヤルのか猫



本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 21:58| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

カルテNo.233 『レントゲンに写らない!?長期の胸と背中・同時痛の原因を解明せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

最近は、雨風雨が強かったですが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?

花見はしましたか?

私は、タイミングが合わずまだです。いや終了かなexclamation&question



さて、本日の『痛み解消』のご依頼は?


「去年から、胸と背中のあばら(骨)が痛くて、治らないんです!」



こうおっしゃるのは、自動車関連のお仕事のK様(30代)、男性です。


K様は、これまでも小児喘息(ぜんそく)や喉頭痙攣(けいれん)、パニック障害などの診断も受けたことがあり、現在もそのような不安も持っていらっしゃるということでした。がく〜(落胆した顔)

実は、これらの症状も先ほどの痛みと無関係ではなったのですが・・・


自己申告カルテを拝見しながら、
胸と背中の痛みが出たこれまでの経緯をお伺いしますと、

昨年11月

遠方へお客様の車をお届けに行ってから始まったそうです。


それから、胸を閉じたり広げたりする動作をするだけで

胸と背中に同時に痛みどんっ(衝撃)が出るようになったというのです。


いつまでたっても治らず、病院病院へ行って診察を受けたところ


「レントゲン写真で見ても、特に骨などにも異常ありませんね。」と。



また、K様にはその痛みがひどくなると、喉(のど)の痙攣も起きて過呼吸状態
なる不安もあるそうです。


そのようなこともあるので、
医師からは、パニック障害と診断もされてしまったりで


「これ以上治療を求められると、自律神経の病気として捉えざるを得ないです。」

と言われたそうです。


私は、これまでのお話を伺っていて、

(「これは、自律神経系などではないな。」と)すぐ分かりました。


しかし、医師は原因が判らないと言っているのですから
それ以上、痛み・不調を訴えていると
『精神的な問題』と受けとられかねないのが現実・・ではないでしょうか?


その後、K様は精神系の薬を出されて半信半疑ながら服用したところ
具合が悪くなり、すぐやめたそうでした。あせあせ(飛び散る汗)


たまたま、中学時代から友人にこのことを相談したところ
以前いらしゃったことがあるS様から当院を紹介されたようでした。

その男性は、5年ぐらい前に奥様のご紹介でみえた方です。


では、K様の施術を始めるわけですが、半年近くも同じ痛みが続いているような方に

普通に施術しても、明確に結果が出にくい可能性がありますから

最初から脳反射検査で、脳から発せられている情報をキャッチし始めました。眼鏡


体内の軸のずれによって、左脳の脈管機能に不調が出ているようです。
同時に右下の肺に空気が十分に入っていないとキャッチしました。

※右の肺は、3部屋に分かれています。(左の肺は2部屋です)

きっと昨年、なにか強い不安があって
その時に何割か抜けてしまったのでしょう。


K様がおっしゃっていた背中のあばらが痛いというのは、
空気が抜けているその右下の肺のちょうど裏側だったのです!目

そこで、左脳のトラブルを消すための最適な軸の調整を行いますと

私 「では、両腕を広げて胸を開いたり閉じたりして痛みを確認してみてください。」


K様「だいぶいいです!楽です。」


さらに、
実は、膝裏の靭帯を20歳の時に事故で切ったそうで、あとから話してくれました。


(どおりで、玄関から入ってくる時に足が悪いような歩き方だったのはそのためか・・)

その事もありましたので、さらに脳からの情報をキャッチしていくと、

心臓にも脈管機能トラブルは出ていました。
(※心電図などに表れるレベルのものではありません。)

これも調整をしますと、歩いてもらっても最初より少しスムーズに変化しました。

最初に訴えていた胸と背中のあばらの痛みは、全部消えてしまいました。


K様は、キツネにつままれたような顔で何度も確認しておられました。モバQ

この時点で、半年間のK様の痛みは消えました。わーい(嬉しい顔)


ただ、痛みの期間が長くなっていた点と、
他に喉(のど)の症状がまだ残っていますので
あと少し通院して今までの不安をなくすことが、ベストとお伝えしました。猫




今週の写真館

先日、庄内と仙台の友人らとゴルフに岩手まで行って来ました。車(セダン)
我々共通の知人の、ちかさんが地元の岩手でスナックバー
開店したのが1年半前。
そのちかママが、ゴルフを昨年から始めたそうで
今回4人でラウンドする計画を昨年からしていたのです。



IMG_5271.JPG
前ノリで、ちかママのスナック『ラウンジ凛(りん)』で飲む前に
近くの居酒屋で乾杯。
この日は、暖かく天気が良かったほうなのですが・・




IMG_5272.JPG
翌朝、雨。小雨決行小雨でしたが、だんだん強くなり午後から本降り雨
しかし、レインウエア上下で続行。
ズボンまで履いたのは、何年振りかexclamation&question
何年も雨に降られたことが無い私には厳しいラウンドとなりました。
スコアは、後半50で押さえましたが、前半が65(ビギナーか!?)
お風呂で温まろうとしたところ、お風呂なしのセルフだったようで
なかなかシビアな今年の初ラウンドとなりました。
雨男?雨女?は誰だ??ダッシュ(走り出すさま)


本日これまで!また来週。









posted by セラピスト佐藤 at 20:09| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

カルテNo.249 『男たちの悩みシリーズ! VOL.2「背中から首がいつも苦しい!」』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


秋晴れの中、『日本一の芋煮会』で3万人、『嵐のコンサート』で20万人と

東北が盛り上がったシルバーウィークでしたが、

皆様は、S.Wを満喫されましたでしょうか?猫


さて、本日のお題『男たち・・』シリーズでは、数少ない男性からの
ご依頼にも真正面からお応えする!本日第2弾!


一番の主訴は、

「2ヶ月前から、背中から首にかけて常に苦しい!」
「一日中、頭痛がします。」


こうおっしゃるのは、H様(40代)
当院のホームページやエキテン口コミをご覧になり、
ご予約くださったということでした。


昨年は、『喘息(ぜんそく)』と病院で診断されたとも
自己申告カルテにありました。


(「40才過ぎてから喘息?・・・」)



これを見た時、主訴の原因は私の頭の中で確信へとつながりました。ひらめき


私 「Hさん、いまさら『喘息』と言われたようですが、納得されたのでしたか?」

H様「いいえ、正直そんなアレルギーがあるとは思えませんでした。」


脳反射検査で調べると、

H様の、背中〜首の痛み・苦しさと頭痛の原因は、『肺』のトラブルと
いう情報をキャッチしました。目

左右の肺に、『空気(酸素)が十分に入らない』という体の現象が起こっていたのです。
(※詳しくは、ロイヤル整体院のHP(施術について)をご参照ください。)

そのため、
喘息の発作時のような『激しい咳き込み』が昨年起きていたのでしょう。

原因が分かれば、すぐ調整です。


私 「いかがですか?深呼吸しやすくないですか?痛みの確認も。」


H様「はい、息がしやすいです。空気が深く入ります。」


次に、ベッドから起き上がって、背中・首を確認されてます。


H様「あっ・・痛みがないです。大丈夫です。あー軽いです!」

決定

こうしてみますと、

少し前から、メディアで耳耳にする『大人の喘息』って、もしかしたら

「この症状なのではないか? 」

と、思えました。眼鏡


H様「先生、あと・・17年前に骨折した『右足首と甲』が、いまだに痛いんです。」


私 「後遺症ですね・・17年間もですか?」


私的には、こちらの症状の方が失礼ながら気になりました。初ですから。
たぶん、これまでどこに行っても良くならなかったのでしょう。ふらふら


私 「もしかしたら、何とかなるかも知れません。」


この続きは次号でexclamation×2




今週の写真館
私は、S.Wの2日間休みでしたので
久しぶりに高校の友人2人とゴルフに。(5〜6年振りかも?)



DSC_0008.JPG
ゴルフ場につく直前から小雨。もしや今日も雨ゴルフ雨たらーっ(汗)
ところが、40分位したら最高の天気晴れになりました。ε-(´∀`*)ホッ




DSC_0009.JPG
駅前の、はなの舞で2時間ほど飲みましたビール
刺身に力を入れているんですね。




DSC_0012.JPG
山形の南イオンに、株の優待券で暮らしているあの桐谷さん”がトークショーで登場。
娘が、写真カメラ撮ってきて欲しいというので。眼鏡




DSC_0014.JPG
松風屋の一押しexclamation&question豆腐プリンをごちになりました。わーい(嬉しい顔)



本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 12:01| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

カルテNo.296 『背中のズキン!で目が覚める。それは・・・レントゲンに写らない体からの警告!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


一昨日は、バレンタインデーということで

貰った方も差し上げた方もいらっしゃることでしょう

セラピストも昨日通院された方のうちお二人から頂きました(良かったね〜)

決してチョコレートが食べたいわけではないのですが、

そのお気持ちで・・・『幸せホルモン』が脳からドバドバ出る気がします。



さて、本日のご依頼は男性です。


「2ヶ月前から背中の痛みで目が覚めるんです!だいぶ前から股関節も痛い・・」

こうおっしゃるのは、
以前に奥様がいらっしゃって大変良かったと勧められたご主人のT様(40代)です。

お体的には、体が締まっており若い時スポーツをやっていたという感じで

お聞きすると、やはりサッカーをやっていたということでした。


私 「背中の痛みが2ヶ月も取れないということですが、何か心当たりはありましたか?」


T様「特にないんです。ねこ背だからかなと思っているんですけれど。」


立位で検査してみますと、
確かに少しねこ背気味ではありますが、一般的なレベルです。

(「そんな理由で目が覚めるほど背中が痛くなると思うものなんだな〜」)

また、体を後ろに反らすと

T様「胃の辺りが、つっぱって違和感があります。」


首も左後ろ側に時々痛みを感じるそうです。

左右の股関節も動作確認しますと、太ももを水平まで上げると「痛いです。」と確認。

肩の高さが違う
点、脚の長さが違う点も確認。

これらは、一斉に揃える調整をおこなうと、

T様「立った感じと姿勢が違います!あっ、ここまで太ももを上げても痛くないです。」


肩の高さや姿勢が良くなったのも、鏡で確認してご納得。

ここから主訴である背中痛施術です。

私 「Tさんは、もうねこ背ではなくなりましたが、痛みはまだそのままだと思います。」

T様「はい、まだあります。」

私 「ということは、ねこ背以外の原因ということになります。また、筋肉疲労で2ヶ月も痛いということはちょっと考えられません。痛みの原因は筋肉以外からきていると思われます。」


脳反射スキャンを始めますと

私 「左後頭部と心臓に手を当ててみてください。左右の噛み合わせが良くなったのが分かりますか?」

T様「はい、左側も噛むのが右側と同じぐらい強くなりました。」

調べると、肺の空気も右上葉と左下葉が充分満タンに入っていませんでした。それが・・・


T様「あー、吸いやすくなりました。鼻も通ってきました。」


試しに、手を離すと元の状態に戻っています。


私 「では、それぞれ調整します。」

終わって確認してみると、

T様「あっ、姿勢が良くなっている!後ろに反らしても背中が痛くないです。」

左首も胃の辺りの違和感もなくなったということでした。


股関節の方も確認してもらいますと、

T様「全然、痛くないです。」

もう、楽々水平以上の45度まで上がっています。



これにて、本日のご依頼 一件落着!!




今週の写真館
バレンタインデーというと、
娘はどんなチョコか?食べるのが楽しみなのです。

一番反応したのは、スタッフの大原さんから頂いた



20170216_132344.jpg


20170216_131718.jpg
“宇宙チョコ”というのかな?
娘の周りでは今話題のチョコだったようです。




先日、千葉県野田市に出張してきました。

目的は、昨年出版された『ダイナミック・レイキコウ』
著者である待山栄一先生と、以前セミナーで知り合う機会がありまして
今回お会いする約束をしていたのでした。
この道30年以上の治療家でありながら、さらに究める為に
いろいろと・・本当に研究熱心なお方なのです。

実際に施術を受けたり、興味深いお話を沢山お聞きすることができました。
一回での検査内容がものすごく細かく、それだけで1時間。
私の検査とは比較にならない内容でした。当然、料金も違ってきますが、
霊障まで調べて影響あれば除去してくださいます。

やはりご来院される方は、
どこに行っても様々な原因で治らない患者さんが殆どだそうです。

生徒さんも多数いらっしゃって、翌日は特別にその様子を見学もさせて
頂きました。
大変勉強になりました。ありがとうございました。


20170216_155208.jpg
今後も益々のご活躍を祈っています。
今度は、山形にも一度遊びにいらしてください。



本日これまで!また来週。














posted by セラピスト佐藤 at 15:35| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする