最近の記事

2009年03月10日

カルテNo.51『ストレスを遮断せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


祝! ロイヤル整体院5周年


あと1週間ほどで、OPEN5年を迎えます。ぴかぴか(新しい)
この間、施術内容もだいぶ変わってきましたが、年々対応できる症状も幅広くなってきました!

病院へ行かれても、解決せずご来院される方々の様々な症状回復への挑戦・解決は、同時に私自身の成長・進化にもつながってきました。
大変感謝いたしております。

次は、OPEN10年に向かって今の10倍位の成長を遂げられる事を目標に毎日挑戦し続けたいと思います。


さて、本日のテーマは『ストレス』です。
毎日、仕事をしていれば・・、いえ仕事を持っていなくても多かれ少なからずどなたにもあるのが普通です。
それでも、『ストレスありませんか?』などと時に聞いたりしますと

「私は無い!」と、おっしゃる方がいらっしゃいますが、結構自分で気付いていなかったり、自覚が無い場合も見受けられます。

ストレスというと、見るからに塞ぎこんでいるとか、凄い落ち込みで声も掛けられないような状態を想像している方がいらっしゃいますが、そこまでの状態を言っているのではありません。

しかし、精神的な緊張や不安が高まったり、継続してくるとそれはカラダにいろいろな症状として現われてくるのは事実です。
たとえば、怒りの気持ちなどは、腰痛などに大変関係してきます。

本日は、そんなストレスが原因と病院で指摘された30代女性のM様からの依頼です。


「何年も更年期障害のような症状なんです。」


病院の診断では、4〜5年前から自律神経失調症ということで・・・(見た感じは、ちょっと元気が無いだけで普通です。)


夜、熟睡できない。旅先などでは、なおさら眠れない。
日常的に立ちくらみもあり、頭痛は時々を飲むほどで生理痛時も酷い。
ストレスが掛かると、動悸がホットフラッシュと同時に発生。

 ※ホットフラッシュ・・・更年期障害の代表的な症状で、急に顔がカーッと火照ったり、のぼせが起きる現象。

その他、吐き気、腹痛、生理不順(約2ヶ月)、便秘、全身のこりと痛み、及び全身的な冷え。
更に、1年前から三叉神経痛も発生して食事の時にあごの周りが痛くなるようになり、大学病院の口腔外科でもストレスからと診断されたわけです。

※三叉神経痛
・・・顔の感覚をつかさどる領域に発作的に電撃痛や焼け火箸を突き刺されるような痛みを生じる病気。


病院の薬も服用し、もやったそうですが回復に至らなかったそうです。
本当にどこに行けば自分の病気や症状から開放されるのか判らず、大変お困りだったようです。

(何とか、笑顔を取り戻せるようにこの沢山の症状から助けてあげなければ・・・)



本日これまで!また来週。

P.S
来週は、約半年振りに栃木県に出張してきます!車(セダン)
出張は出張ですが・・・ゴルフも。今年の初打ちして来ます。

場所は、去年初めて行ってコテンパンにやられた『ホウライカントリー倶楽部』です。位置情報
よって、院長カルテはお休みで『番外編!』をお送りします!

「待ってろ、ホウライ!」 今度こそ・・・あせあせ(飛び散る汗)

posted by セラピスト佐藤 at 14:14| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

続編!『ストレスを遮断せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今週は、月曜・火曜日と2日間栃木まで出張に行ってまいりました。
ついでにゴルフの初打ちもこなしてきたわけですが・・これは後ほど。

今回は、前週の続きで『三叉神経痛』+『自律神経失調症(更年期障害のような)』という症状で来院された、まだお若くきれいな30代前半の女性M様の続編に変更してお送りいたします。

4〜5年前からストレス的なものが何か作用したのかも知れません。


心身への外的ストレス、精神的な緊張や不安が続きますと悪循環となり、それがまた次の様々な症状に見舞われてしまうという・・
まさに『心とからだ』表裏一体

でもちょっと待って下さい。

必ずしも精神的なものだけが原因なのでしょうか??

注目すべきは、彼女には体中に『冷え』があったのです。(カルテから)
手足は勿論、腰、背中、お腹・・これが意味するものは

実は、ブログをお読みの皆さんだけにお教えしますが・・・


この『冷え』精神的ストレスの大きな原因になるのです!


がく〜(落胆した顔)


寒ければ、血管も筋肉も縮みます。こわばります。
カラダがこわばれば、心もこわばるということになります。
(カラダの緊張は、自律神経の緊張連動し精神に作用します。)

先程申し上げた『心とからだ』の関係です。

人間て、寒さに特に弱い動物ということですね。たらーっ(汗)

殆んどの方は、『冷え』に対して無頓着といったら失礼ですが無関心な方は、実際当院へ来られる沢山のクライアント様を見ていても多いです。ふらふら

「冬だから寒いんだと思っていました。」

こういう方は、ほぼ無防備な状態です。

M様への施術計画は、すぐ私の頭の中で練られていきます。ひらめき


1.痛みを直接取る。
2.温めて冷えを取る
3.自律神経のバランスを調整する。
4.体全体のバランスを調整する。
5.精神的ストレスを遮断する。(排除する)


これまでの症状歴の長さ、重さ、年齢から推測すると、回数はおよそ5〜6回。本人の回復能力によって1〜2回早くなるか遅くなったりする程度でしょう。


さあ、準備は出来ました。施術に掛りましょう! ぴかぴか(新しい)

次号に続く・・



P.S
やる気満々で乗り込んだ『ホウライカントリー倶楽部』・・・

たぶん、言い訳になりますが、思い描いていた楽しい今年の初ラウンドのはずが、


かなりの悪天候でした!!

前日は、暖かくて素晴らしい天気。(ゴルフの翌日も晴れでした)

晴れ男のT氏と行ったのですが、今回はご利益がついていなかったみたいです。

スタート前、ロッカールームに行きますとちょっとした感動がありました。

09031708.SANY0222.JPG
なっ!なんと今は昔、あの尾崎3兄弟でジャンボ尾崎に続く永久シードプロ、弟の尾崎直道がトーナメントで使用したロッカー(11)が私のロッカーなのですexclamation
扉を開けて喜びと驚嘆に浸る私でした。

「んっ、ということはこの周りにも他のプロが使ったロッカーがあるのでは・・?」

次々と扉を開けてみますと、やはりそうでした。他にも数人、トッププロのだけ書いてありました。(ジャンボ尾崎は、一人でロッカーを2つ使っていました眼鏡)さすが当時のジャンボは凄いです。



09031708.SANY0223.JPG
朝のスタート前の天気。曇りです曇り


これが、スタート2ホール目から雨がパラツキ始めてその後段々雨足が
強くなり、しかしレインウエアも持ってきていません。あせあせ(飛び散る汗)

ここでかなり戦意喪失?状態で

「キャンセルしようか?」の話まででる有様なのです。

それでも様子を見ながら我慢してやっていますと、次第に雨が上がり始めました。グッド(上向き矢印)

しかし時すでに遅く、スコアカードには悲惨な数字が並んでいますたらーっ(汗)

昼食を摂る頃には、すっかり晴れ上がりました。

午後のラウンドは気分を変えてスタート!

そこに待っていたのは、強風と突風でした台風

帽子が飛ばされる位の風で打球は押され、曲がりバッド(下向き矢印)

こんな悪コンディションでもProは、やっているのかと思うと練習もしないで来た自分が恥ずかしい限りです。

スコアは・・・言えないです。もうやだ〜(悲しい顔) 
皆んな悪かったですが、その中でも宇都宮のK氏は健闘されました。100ちょっとはお見事!と言うしかありません。


09031714.SANY0226.JPG
2バッグの後の組にあおられて最後の前のホールでやっと記念写真撮影。(左上は、キャディーさんの指?)

久しぶりのスポーツでこの時佐藤は、かなりお疲れモードでした。

ホウライ恐るべし!



本日これまで!また来週。 次号は、『解決編!』です。
posted by セラピスト佐藤 at 16:51| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

解決編!『ストレスを遮断せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日の話題といえば、藤原紀香と陣内智則の離婚話。ではないですよね。目

やはり、日本中が注目したのはWBCの日本×韓国戦ですね。野球

当然ながら私は仕事中のためテレビは見れませんでしたが、パソコンで途中経過などは施術が空いた時にチェックしていました。

試合が延長戦になって、イチローが決勝打を放ったとは・・・劇的過ぎると思いませんでしたか?

2次リーグにさえ行けるか危うかった日本が、またあれだけ一時的にでも打てなくなっていたイチローが。

これまでのすべては、この最後の感動の一打の為のお膳立てでもあったかのように・・・。(カッコ良過ぎますね)


「やはり持っていますね(強運を)、僕は。」


と、インタビューイチローが言っていましたが、まさにその通りかも知れませんね。素晴らしい幸運の持ち主ですね。わーい(嬉しい顔)

さて、今回は初の顔の神経痛3部作『解決編』です。

前屈、側屈、背屈などの姿勢検査では、それぞれ腰が重だるさや痛みがありました。
また、足から順に診ていきましたが、体中に痛みが分布していました。
特に右腕の苦しさを訴えており、丁寧に施術。

さらに、特殊技術により、自律神経のバランスを整えて免疫機能の低下部を活性化しました。

初回は、彼女の状態を知るために全体的な施術を行いました。確実に楽になった実感はあったようです!

2回目に、それまで出ていた症状の経過を伺ってみると、

・今までになく良く寝れた。
・あごの痛み(三叉神経痛)が少なくなった。
・頭痛は起きなかった。
・吐き気、下腹部痛も無くなった。
・動悸、ホットフラッシュも起きなかった。


1回の施術でこれだけの変化が出ているわけですが、それでもご本人様は浮かない様子。ふらふら

今まで沢山のクライアント様と接してきて思うのは、人は二通りのタイプがいるということです。

いろいろ痛いところがあっても、良くなった所が増えるにつれ
「こんなに良くなってきた!」と、前向きに捉える方と、わーい(嬉しい顔)

良くなったところが増えても、全部一気に良くならない限り
「まだ痛い、全然良くならない。」と、痛い数ばかり数えようとする方。もうやだ〜(悲しい顔)


後記の方のような場合、依頼心が強すぎるのでしょう。こうなった原因が自分にあった事を省みない方。
こういう方は、治りにくい傾向にあります。

その方の症状の重さや発症してからの長さ、個人の回復能力(自然治癒力、免疫力)によって、良くなる回数や期間も変わってきます。
これが個人差というもので、もちろん年齢にも関係してきます。

ご本人に、良くなってきているという自覚が無いことには、セラピストとの信頼関係が築けません。

「軽めの症状からだんだんと無くなっていって、一番重い症状も消えていくんですよ。」

と、お伝えすることがあります。
良くなっていくには順番があるのです。ぴかぴか(新しい)

ご理解頂いたようでホッとしました。
この日は、冷えを取るために緊張がある神経叢(神経の集まり)にアプローチして神経の流れを改善したり、精神的なストレス・緊張や不安を遮断を中心に施術。
また、右腕にまだ苦しさがあるというのでしばらくバンドで固定をアドバイス。

3回目。あ〜、やっとM様笑顔でのご来院なりました!
良くなってきたのを『実感!』されてきたそうです。グッド(上向き矢印)

右腕の痛みもかなり減少し、神経痛の痛みも感じなくなったそうでした。
しかし、自律神経失調症の原因となっている脳ストレスを調べると、遮断し切れていないようで・・・まだあります。

4回目。前回の施術の翌日に生理が来たそうです!(生理不順があったので喜んでいらっしゃいました。)
翌日という事は時々あります。ストレスが少しずつ取れてきて、刺激ホルモンの分泌が促進されたのでしょう。
腕もすっかり良くなって苦しくなくなりました。
調子を見るため、もう少し通って自律神経バランスを安定させた方が良いでしょうが、それにしましてもM様の表情が本当に明るくなってきました。るんるん
もうすぐだと思いますexclamation

本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 21:50| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

カルテNo.153『若いふりして無理した時はどうぞ!・・・ロイヤル特効薬!?を』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


皆さま、体調管理はいかがでしょうか?

三日月深夜のオリンピック番組で寝不足に加え、暑くて寝苦しかったり、冷房で冷えてしまったり、

また冷たいものの飲食も自然に増えてこの時期は、体調万全とはいきにくいですね。

こんな時私は、半身浴しています。体を、時間をかけて温めると回復してきます。グッド(上向き矢印)

でもどうせなら、美容にも良い遠赤外線ドームに入れば、半身浴よりもさらに効果的に効率良く
内臓が温められ体調管理できること受け合いです。(※女性専用)




「左胸から背中側にかけてピリピリ痛いんです!」


何時(いつ)になく痛そうな顔をしてこうおっしゃるのは、以前から定期的に

激務で痛んだお体の健康回復のため、ご来院くださっているT様(40代男性)です。


しかし、今回の症状は今までになかったような・・・


私 「えっ?いつもと違いますね。Tさん、こういう痛みって初めてですよね?」



T様「いえ、ここまで痛くないですが、前にちょっとありました。」


私 「なにか心当たりありませんでしたか?痛みの場所からして肋間神経痛のような痛みですね。病院へは?」



T様「行ってないです。実は・・・我慢できなくてこちらが空いていなかったので、別の整体院へ行ってきました。残念ながら、全然変わりませんでしたけど。」



施術を開始して、胸骨を検査しますと(※胸のまん中にある縦の骨)



T様「いっ痛たたたたた!」



いつもの3倍位の痛みのようで、さすがのT様も声を上げます。がく〜(落胆した顔)


私 「あれっ?おかしいですね。ここ、随分と痛いじゃないですか。」



T様「あっ!そういえば・・・ボディボードやりました。先週、彼女と海に行って。考えてみれば、これほどでないですが、その夜から痛みが出ていました。」



私 「それですよ、Tさん! 原因はそのボディボードしかないですよ。」



硬いボードに胸を付けて顎を反らし気味にすれば、胸が擦れますし圧力も掛ります。あせあせ(飛び散る汗)

しかも左腕でしっかりボードを支えていたというのですから、

左胸〜左背中にかけての痛みは想像つきますね。


脇の下のあばら骨にも相当の痛みが出ていました。筋膜、骨膜、肋間靭帯を痛めてしまったようです。


痛みを解消すると、



T様「はぁ〜!やっと呼吸も楽になりました!」



そうです。胸回りが痛くて、深く呼吸ができない状態までになっていたのです。もうやだ〜(悲しい顔)


かくして神経痛のような痛みは、ほぼ解決いたしました。グッド(上向き矢印)


私 「Tさん、若いふりしてのボディボードは、もうやめた方がいいですね。」



T様「はい!これからは2時間ぐらいでやめるようにします!」



(あの、いやそうじゃなくて・・・まっいいか。)


施術終わって、T様は、元気に帰っていかれました。





今週の写真館

かき氷の美味しい季節ですが、私はガリガリ氷のかき氷でなく
口に入れた途端に淡雪のようにサァーっと溶けていくかき氷が大好きです。るんるん

先日、テレビ番組でもやっていましたが、そういう『天然氷』を使ったかき氷は、
氷の温度が普通の氷より高いため頭がキーンとならないそうですね。
天童市にも良いお店がありますが、
値段もイイexclamation×2(ランチ食べられるぐらいの値段では、ちょっと・・・)

でも、天然氷のかき氷を半額以下で食べられたらどうでしょう!
実は、山形市内に知る人ぞ知る穴場があるのです。行ってきました。





DSC_0050.jpg
このふわふわの天然かき氷のいちごミルクが、たったの280円exclamation×2
「まいう〜です。」満足度200%(言い過ぎか!?)
通常シロップを果汁シロップにしても380円。(※既にこれは売り切れ)
他に何十種類とメニューがあります。ダッシュ(走り出すさま)

お店の名前は、『たこ丸』。場所は、山大小白川キャンパス正門目の前。
(駐車場は、店舗北側に1台分のみ隣接)
但し、おじさんとおばさんお二人のお店で、テイクアウトがメインですから店内もこじんまり。

ただひと時の美味しい幸福感だけ味わってください。ぴかぴか(新しい)
(そして、売上に協力してあげてください。)


昨日は、 『山形花笠まつり』 の最終日でした。
涼しくて、踊る方も見る方もほんと楽です。わーい(嬉しい顔)


DSC_0051.jpg
ミス花笠を乗せた山車。




DSC_0054.jpg
動きが早くて、スマホカメラでは手の動きが捕らえきれません
あせあせ(飛び散る汗)




DSC_0062.jpg
ローラーブレードを履いて踊る姿が妖精のようにキレイでした。カメラ
久しぶりに見に来ましたが、今は『花笠』を持つ必要ないんだなぁ。 猫


本日これまで!また来週。












posted by セラピスト佐藤 at 21:32| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

カルテNo.187『ファイトー!ほぼ一発(いっぱ〜つ)!!の施術』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


Sa様、妊娠おめでとうございます!

昨年10月から1年通院となりましたが、
先週11月末に見事に自然妊娠!!

Sa様は、当院でも通院が丸1年と長くなっていましたので
私も一刻も早く妊娠していただきたいと願っていました。ふらふら

最近は、ご主人も定期的にいらしてくださっていたことも功を奏したようで
今回の妊娠となりました。

どうぞ、お大事にしてください。ムード 本当におめでとうございましたexclamation



さて、ここのところグンと冷え込むようになったせいか
重めの腰痛の方が激増です!
本日も・・・


「坐骨神経痛で、左太ももが痛いんです!」



こうおっしゃるのは、30代主婦のT様でした。初のご来院です。

お話を伺いますと、
痛くなったのは、すでに3ヶ月前だそうです。



T様「重い物を持った時に、ピキッとなったのを覚えています。」


私 「それは、ぴっくり腰ですね。ギクッとなるとギックリ腰と言うようですね。」



通常、坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや、またそこまで行かなくても

骨盤のズレが原因して発生していますので、電気を掛けたり、もんだり、

温めたぐらいでは、たとえその場で少し楽にはなっても

回復に至らないのは、明らかです。どんっ(衝撃)



そのまま、何年も症状を引きずったりすれば、さらに悪化して痺れ(しびれ)

が定着してしまいます。

しかし、そうなる前でしたら、私の経験上ほぼ一発でパンチ仕留めます。眼鏡


T様の場合、調べますと両足で約2cmもの差が、発生していました。がく〜(落胆した顔)

そのバランスの崩れから

左のお尻の辺りから太ももにかけての痛みだけでなく、

首・肩まで筋肉の硬直が広がって、コリを起こしています。あせあせ(飛び散る汗)



早速、施術を開始して

股関節〜そけい〜前仙腸部までの靭帯異常を取っていきましたが、

完全には、ズレが解除できず・・・たらーっ(汗)

(さすが、3ヶ月モノ! 一筋縄には行かないか!?)



だいぶ楽になったのは、確認できましたが完全に仕上げないと

また元に戻りかねません。目


ここは、一旦引いて他の箇所を進めていくことに。


調べていくと
首・肩のみならず、やはり全身的にコリと痛みが広がっていました。

(特に首はひどい・・・「痛たたたぁ〜」です。)


もう、時間がリミット!のところで『完全に、ズレ消滅』



終わって、立ち上がられると

T様「あっ、痛くない!」


私 「しゃがんだり、腰を伸ばしたりしてみてください。」


その通りに動かしてみられましたが、問題なしexclamation


ただし、ここからが個人差があります。

普段から丈夫な体の持ち主の方ならこれで終了です。

大丈夫です。まず戻りません。


しかし、そうでない方の場合は『安定』までいくのに数回必要なことが

あります。グッド(上向き矢印)



私 「痛くなくなったわけですが、念のため最低あと1回ぐらいは受けられた方が
安定できると思います。」



ということで、長くかかると言われる『坐骨神経痛』も何のその!


これにて、一件落着exclamation 猫




今週の1枚
先週、咲顔の元氣屋イスズ店に寄った際、
近くの『まんぷく亭』に行って来ました。車(セダン)




DSC_0385.jpg
野菜炒め定食を注文して出てきたのがこちら!
「むむっ!まんぷく亭、看板に偽りなし!」

こんな量の定食を見たのは久しぶり。(学生の時以来か!?)
しかし、
これが、う・ま・い のですexclamation無性にexclamation×2
最初、ボリュームに驚きましたが、完食しました。ぴかぴか(新しい)

(この日の夜は、グッと控え目にしました。)犬


本日これまで!また来週。













posted by セラピスト佐藤 at 20:39| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

カルテNo.250 『坐骨神経痛・レベル5か!?蜂の一刺し”に例えられる激痛から救え!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


『坐骨神経痛』は、なった人にしか解らない痛み・つらさがあるようです。

これも少しの痺れ(しびれ)から立って歩けないほどの(這ってトイレとか)

レベルの人までと様々です。

そして、これで悩んで、困って来られる方は当院でも結構多いのです。😞


基本的には、ケガではないですし、病原菌類のものでもありませんから

整形外科🏥を訪ねて、
レントゲン検査をして鎮痛剤の服用ということが一般的です。



「坐骨神経痛で、痛くて!・・良くならないんです。」



こうおっしゃるのは、以前にご来院したことのあるご自分の娘さんと
いらっしゃった60代女性のS様です。


A様「8月に腰から足にかけて痛みと痺れがひどくて整形外科に行っています。」


今日は、娘さんの運転 🚗でやっと来れたようです。

普通には痛くて動けない歩けない痛々しさが、その様子からも伝わってきます。


私 「そうですか・・整形外科では、どんな診断と治療をしてきましたか?」


A様「レントゲンを撮って、腰から来ている坐骨神経痛だということで、
(神経)ブロック注射をして、座薬を入れています。」

  「一番最初の頃の這って歩くほどではないですが、相変わらずかなり痛くてなにをするのも大変で・・・病院から車イスをお借りした時もありました。」



私 「そうですか・・ブロック注射を打つほどですからねぇ。」


A様「もう4回も打っています。それでも打った時だけで、すぐ戻ってしまって。」


私 「えっ、4回も?強い薬をそんなに打って大丈夫なんですか?」


A様「私もそう思うんです。だからあまり打ちたくないんです。
医者は大丈夫って言うんですけど。でも、あと方法が無いというので・・」



私 「分かりました。では、Sさんの脳からの情報を調べてみます。」


おおよそ検討はついていましたが、それはある部分に血流機能のトラブルが
起きているという情報でした。

その説明をするとともに、早速調整にかかりました。

すぐ痛みゼロにはならないまでも、半分ぐらいは痺れも取れてくるはずですから

実感できると思います。

間もなく

A様「あっ、お尻あたりから楽になってきました!」


この施術では、腰やお尻には触れていません。ここまでは両足への調整だけです。


私 「Sさん、これが(脳からの情報による)原因だという証拠です。」


さらに、頸椎(首の骨)の1番上への調整も実施しました。

しばらくして、

A様「あっ、歩ける!歩ける!楽です。」


私 「まだ一回の調整だけでは回復まではいきませんが、変化は判りますね。
希望が出てきましたか?」


A様「はい。いやぁ一生もとに戻らないかと内心、心配していました。」


私 「ちょっと遠くて大変でしょうが、少し通えばその都度良くなっていく
はずですから。」



その後、1週間〜10日位ペースで計4回。

A様の坐骨神経痛の痛みは、うそのように終息していきました。


一・件・楽・着



今週の写真館
先日の4日は、『山形まるごとマラソン』の開催日でした。


DSC_0018.JPG
秋晴れの中、皆さん頑張っています。
この辺は、スタートから10キロ付近だと思います。



DSC_0026.JPG
山大の四面楚歌の方々は、校門前で花笠音頭で応援です。

私も5キロぐらいなら・・走れるかな?💨


本日これまで!また、来週。









posted by セラピスト佐藤 at 20:43| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする