最近の記事

2007年09月11日

カルテNo.15 『からだがダ・ル・イ』

こんにちは、山形在住の整体師、セラピスト佐藤です。

前回は、『しゃがめない』という症状のお話をしました。言い忘れたのですが、しゃがめないけれど正座はできるのです。??
正座の方がある面きつい感じもしますが、人生いろいろ、症状もいろいろですね。
まるっきり同じ症状というのは少ないようです。毎日施術していますと難しい症状や今までやったことの無い症状の方もご来院になります。

そのようのことで本日のクライアント様の症状は『鬱(うつ)』です。

このような症状はブログに載せていいのかとも思いますが、もちろん本名ではなくイニシャルですので・・。
同じような症状の方がいらっしゃればお力になれることもあるでしょうからということでお話します。

「からだがだるくて何もする気にならないんです・・。」


『うつ』なら精神科心療内科が本職で、そちらに行くべきでないのか?」

と、言う声が聞こえて来そうですが、もちろん行っているんです。4年も前から・・。

「整体で対応できるの?」
してしまうのです。私の場合。

しかし、昨年の春頃そういう感じの方がお見えになった時はまだ私の技術の未熟さもあり、なかなかうまくいかなかった事がありました。

しかし、今回はこの症状に対する挑戦意欲充分で臨みました。
本日のクライアントN様は、長い間『抗うつ剤』を服用なさっていたようです。

その後、今年の4月でだいぶ良くなって薬をやめ、プールに行ったり料理を作ったりと嬉しくていろいろとやっていたら1ヵ月後また酷くなってしまったとのこと。
それからは弱い薬の服用に切り替えて現在に至っているそうです。

『うつ』になると表情がなくなると言われますが、N様を最初見たときは、やはりそんな感じでした。
何をやっているわけでもないのに疲れてダルそうな感じが判りました。

しかし、質問に対する返答はしっかりしており、この状態を何とかしたいんだという気持ちが良く伝わってきました。
それは、淡々とした口調でしたが半分あきらめているような感じではなかったのです。

動作確認から始めると、右腰に違和感と左胸は肋間神経痛らしきものもあるようです。

脚の方から施術していき、腹部にくると、腹直筋に沿ってリンパの滞留が感じられます。奥の方が硬く、確認すると痛みを訴えます。

リンパだけでなく血液、その他の液流の流れを改善してあげると硬さがどんどん取れてきます。

N様「あ〜、おなかが柔らかくなったようねぇ。すごく気持ちいいです。」

私 「左側の胸が痛いみたいですね。肋間神経痛ですか?」

N様「えぇ、昔しびれがあったんです。」

胸の痛みが取れたのを確認すると、頭側に回ってストレスのクリーニングを開始!


7〜8分後。

私 「Nさん、顔のタオル取りますよ。」

N様はゆっくり上体を起こしながら、

N様「あれっ、先生・・。私、今まで宙に浮いていましたか?」


(えっ!? この方は何をおっしゃっているんだろう?それだけ気持ち良かったということかな!?)

私 「いえいえ、浮いてはいませんよ。大丈夫ですよ!」

N様「あ〜そうですか・・。からだがすっごく軽くて、本当に浮いているんだと思っていました。」


こんなことを言われたのは初めてですが、彼女が先ほどいらっしゃった時の症状というのは、それ位からだの重さやダルさを感じるものだったのだろうなぁと、しみじみ思いました。

施術が終わると、

N様「何か、内臓も温まった感じですねぇ。」

と、全身の体液の流れが良くなったようです。本当に汗をかくぐらいまでからだ全体がポカポカになります。いい気分(温泉)

ご満足してくださったN様はその後も来て下さいました。

6回目の施術の日。

N様倦怠感が無くなってきたので、またプールに行ってみようと思うんです。包丁も握れるようになりました。」

私も知らなかったのですが、包丁を持って料理すらできない程だったようです。かなり良くなったということでしょうか!わーい(嬉しい顔)

次の施術の日には、

N様「先生、が持てるようになりました。」


(えっ! と言うことは今まで何で食べていらっしゃったの?スプーンかフォークだったのか・・・)

施術をする度にN様の回復が目覚しくなってきました。何よりも顔に表情が出てきたのです!

(この分ならきっといける)


N様は、今も週1回ご予約の日が来るのを楽しみにして来てくださっています。

完治を信じて・・。


本日これまで!また来週。(来週は、当院女性スタッフが代打予定です。お楽しみに。)
posted by セラピスト佐藤 at 17:13| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱(うつ)症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

カルテNo.76『ひどい体調不良の陰にあるものは・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



もう2月に入りましたね。

と、言っている間にも本日すでに木曜日ということで・・・時計

ブログの投稿日が今週またオーバーしてしまいました。ふらふら
(来週こそは気をつけます。)


気を取り直しまして、

さて本日のクライアントはT様です。


「体調不良で体が重だるいんです!」



お話を伺いますと、

病院で自律神経失調症、めまい症、神経症と診断を受けられたということでした。


治療はこれまで受けてきたのですが、改善までには及んでいないそうで

また最近はウツにもなるということで・・・。

具体的な症状としては

・肩〜背中のコリがひどく重だるい
・頭が重く何かかぶった感じで慢性的にすっきりしない
・めまいと立ちくらみ
・胃炎があり、また胃酸が上がりやすい
・トイレが近く、冷え、疲れやすい



これだけ聞いただけでもいかに体調が優れないかがご想像できると思います。たらーっ(汗)


施術を始めました。

始めた途端、すごいくすぐったがり屋さんでした。(だいたい予想はついていましたが、かなりありましたねexclamation

確認していきますと、体中痛いところが多く。

しかし、すぐ私も痛みを取りますので、


T様「痛っいですぅー!・・・んっ?痛くないです!」

の繰り返しで、他のお客様は何のことだろうと思っていたかもしれません。耳

お腹も全体が固くこわばって、リンパや血液の流れが阻害されているかの状態でした。

ここも柔らかくして、ご本人も楽になったようです。わーい(嬉しい顔)

体の前面が終わって、仕上げは自律神経バランスを整えるためにストレスの除去を頭に手を触れながら実施。


すべて終わってみれば、

私 「いかがですか?変化を実感できますか?」


T様「えっ?私の姿勢が良くなっていますよね?あれっ?(どうして?)」


私 「はい、ねこ背ではもうないですね。頭の方はどうですか?気分とか。」


T様「え〜っ、か、軽いです!うそみたい。すっきりしてこんなの5年、いや6年振りです!」


実は、T様は6年前から体の調子を崩された経緯があったのです。

しかし、こんなに喜んでいただいて嬉しい限りです。グッド(上向き矢印)


私 「ありがとうございます。でもTさん、病歴が長いですから一度ではこのまま安定しないと思います。
薬も飲んでいれば尚のこと、ぶり返しが多少なりとも起きてきます。ぜひ、しばらく施術をお続けなってください。」



体調不良がかなりあって体が弱っている方の場合、ぶり返しが、揺り戻しとも言いますが絶対ないとは言えないものです。

必ず良くなってくるのですが、ウツにも今入ってきているというので・・・。

これだけ良くなってもこんな場合ちょっと心配ってあるのです。猫

本当に、お体が良くなって普通の生活を取り戻して欲しいです。


本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 21:39| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱(うつ)症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする