最近の記事

2007年07月14日

カルテNo.11 『むち打ち症』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

最近は、ホームページからの質問メールも増えまして、お礼のメールなども時々・・・。

うれしい限りです。わーい(嬉しい顔)

今週もお礼のメールを頂きましたので、勝手ながら一部ご紹介しますと、


佐藤院長様 

おはようございます。  

昨日は大変ありがとうございました。心待ちにしておりましたので、心身とも軽い気持ちで帰途につきました。

あの、くすぐったいと思っていた個所を昨日治して頂き、気のせいではなく、確かに社服のスカートの腰回りに少し余裕が感じられるのですが・・・・。

次回からはO脚の矯正やセラピーなど、ご相談しながらお願いしたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。



こちらのお客様は、『癒しコース』のソフト整体をご希望でしたが、お体に痛いところが目に付きましたので、途中から『セラピーコース』に切り替えて施術しました。

ご本人的には“仙骨”部分(お尻の中央で上の方の逆三角形の骨)がくすぐったい感じがすると言う事でしたので、その違和感を取り除き、ついでに骨盤全体の施術をしたので小尻になって腰周りのサイズがダウンしたわけです。

後だけでなく前の方も行えばさらに・・・。次回も楽しみにしてください。ぴかぴか(新しい)

さて、今回のクライアント様は、


「今年の冬にむち打ちになって、まだ違和感があるんですけれど・・。」


そうなんです。むち打ち症、いわゆるその殆んどが車に乗っていて後から追突されると、その時に首が前へ後へと鞭のようにしなってしまう所からついた症状名です。

これ以外と知らない方もいらっしゃるようで、鞭で打たれたような痛みと勘違いして理解している方もおられます。あせあせ(飛び散る汗) 豆知識です。

クライアントのK様は今年の2月に事故に・・・。


私 「ぶつけられたのは、後ろからでしたか?横からですか?あと運転はしていましたか?」

K様「後ろからです。運転していました。近づいてくるのもバックミラーで見えてました。」

私 「と言うことは、かなり力を入れて構えて衝撃に備えていたわけですね。」

K様「はい、その通りです。」

私 「こういう衝撃は、その時にきちんと直さないと10年、20年経ってもその後遺症が残ってしまいますよ。」

  「病院では、おそらく首しか見ていないですよね。他に骨折とか無ければ・・。」

K様「はい、そうです。あとは、電気かけもしばらくしてあまり変わらないので行かなくなってしまい。でも何となく痛くはもう無いのですが、苦しさが上半身にあります。」

私 「それは、首以外の原因箇所の○○○や○○をお医者さんは診ませんから、完全に良い状態にならないんです。」

  「私どもセラピストは、痛み発生の原因の追究を行い、また局所だけでなく全体のバランスから判断していきますので患者さんにとっては楽になり方が違うわけです。」

  「ここの○○○はどうですか?(検査する)痛くないですか?」

K様「いっ痛たたぁ!あれ、ここがこんなに痛いんですか!?」

私 「では、○○はどうですか?(再び検査)」

K様「うわぁー、苦しいです。」

私 「Kさんは普段気づかなくても、Kさんのからだはこの痛みを知
っています。これをKさんも私も認知することによって今すぐこの痛みを私が取ります。」



施術後、

私 「いかがですか?痛みの方は。」

K様「あ〜すごく軽いです。からだに1本、芯が通ったと言う感じで
足が地に付くというか・・。とてもすっきりしました。ありがとうございました。」




衝撃が大きい事故ほど、からだにダメージが残っていますし時間が経っていますから安定させるまで何回か必要です。
でも、その分今までに無いからだの調子の良さを取り戻すことができると思います。ひらめき

そう、きっと貴女も。


本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 17:15| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

カルテNo.32『肩こり、首こり、頭重』

こんにちは!セラピスト佐藤です。




当院は、交通事故等の後遺症のケアでも患者さんに喜んでいただいています。


むち打ち症と病院で診断され、一応痛みが取れて通院をやめた後も何年経っても症状がスキッと取れずにいる方が沢山いらっしゃると思います。



この後遺症で苦しんでいままで当院へ来てくださった方を振り返ると、意外なことに驚かされます!



なんと、不思議なことに1回、車に追突された人というのは、またその後も2回、3回と同じ目に遭っている人が多いのです。



exclamation&question exclamation&question




交通事故といっても、このような方たちは後ろから、横から、斜めからと突然、ご自分に非は無いはずですが、




一方的にぶつけられているのです!がく〜(落胆した顔)





本当に気の毒というか・・・




ご本人にしてみると、




「またか・・。」




と、いう感じだそうです。




何かが呼び込むのでしょうか?


因果関係は不明です。でも、多いのは事実です。




本日のクライアントは、このようにして過去に3回交通事故にあった若い女性Y様です。



Y様は、今年の2月から肩や首のこりが強くなり、頻繁に頭重を覚えるようになりました。



さらに、めまい吐き気も起きるようになっていました。



これらは、脳内に異常が無くても、肩こり等がかなりひどい方には起きるものです。


まさしくY様の場合も、このひどい肩こりが原因だろうと思って当院にいらっしゃたそうです。



しかし、この時は既に数年前まで3回に及ぶむち打ち症が原因しているとは思わなかったそうで、交通事故の話は最初出なかったのです。




次週へ続く・・・


posted by セラピスト佐藤 at 18:08| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

続編!『肩こり、首こり、頭重』

こんにちは!セラピスト佐藤です。




先日は、震度6強という大地震で驚きましたね。


私は、その時、車を駐車場に移動しているときでしたので気づきませんでした。

(山形震度4でも、気づかないのは鈍感だからなのかも?)




まさに予測外の地区だったようですから、当事者の方には青天の霹靂とでも言いましょうか・・・


山形にも今後起きないと限らないと考えますと、いざという時の準備が必要かもしれません。



被災者の方には、一日も早い復旧を祈っております。




さて、前週に続きです。




Y様の症状は、上半身に集中しているわけですが、いつものように足の施術から始めていきます。





名人の治療家というものは、患部から1番遠いところから施術していくそうです。




いきなり、痛いところから攻めていくのでは



腕前はまだまだ・・・と




おおにして、治らないようです。





極端な話、場合によっては患部に一切触らずに関連部位だけの施術で治してしまうそうです。



いつか私もそうなりたいものです。





お料理が上手な方も、下ごしらえにに時間を掛けますね。


下ごしらえが適当で料理を始めれば出来上がりが良くないですし、本当に美味しい料理はできないと思います。



下ごしらえがきちんと出来ていればその料理の8割は出来たと同じだと誰かがおっしゃったような記憶がありますが、





物事の真理とはこのように共通するものかもしれませんね。




念のため、足から始めたわけですが、左脚が


1cm、右より長いです。その為、骨盤の傾きが起きています。



後から確かめると、腰骨が右側に湾曲しているのです。



そうです。実はにも痛みがあったのです!(右側です。)





背骨全体にも痛みがあり、確認すると


「痛い、痛い」の連発。もちろん痛みをとりました。



靭帯の緩みをその場で改善し脚の長さも同じにすると骨盤は水平に回復しました。




腕を調べると上腕の方に痛みが多く、胸部まわりは更に痛みがあるのです。




「ん、んっ。おかしいな。ただの肩こり、首こりじゃないな。」




これは、もしかして・・・





私 「Yさん、今までにむち打ちになったことはないですか?」





Y様「はい、あります。でもだいぶ前のことなので関係無いと思って言いませんでしたけど。今まで3回ぶつけられています。」




(一応いって下さいね!)




私 「やっぱり、そうですか。3回とは大変でしたね。整形外科では骨などに異常が無ければそれで治療はとくにありませんが、首以外の部位の痛みはそのままですので、時間が経つと奥の方に入り込んでしまうんです。」




私 「改善しない限り、その痛みは何年経っても残ります。10年経っても、重苦しさや不定愁訴として必ず出ます。きちっと治すことが大事です。」




ひと通り施術を終えてY様はかなり楽になった様子ですぴかぴか(新しい)



1週間後、施術前に変化をお聞きすると、



Y様「肩こりがかなり良くなりました。ほとんど1週間気になりませんでした。」るんるん



2回目では首周りの筋肉を重点的に施術。



また軽くなったようです。





しかし、既に3年以上経過している痛みですのでまだすっきりとまではいきません。





3回目。




首の骨をさらによ〜く確認していくと


私 「あれっ、少し骨がずれているのかな?」



第2頚椎が左側に少し出ているのです。




危険が無いように、ボキボキとカイロ的にでなく、やさしく揺するようにロイヤル的に正しいところにアジャストさせました。



(うん、成功。うまく入った。)



起き上がってもらいご本人に確認すると・・





Y様は満面の笑顔で、





Y様「すごく軽いです!!今までにないくらい楽です。」




わーい(嬉しい顔) 「良かった!」





その後、数回行って体中の痛みも改善していき、



施術後、1週間以上経過しても、頭重も含めて症状が全く出なくなったので施術は完了と致しました。





本日これまで! めでたし、めでたし。



posted by セラピスト佐藤 at 21:18| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

カルテNo.63『連続むち打ち!曇りの日は頭痛』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


ここ最近は、秋晴れが続きますね晴れ
先日は、久しぶりに友人とゴルフに行ってきました。

場所が仙台でしたので、終わってから国分町でビール と誘われましたが、

翌日仕事のため残念ですが断って帰ってきました。
忘年会では、ぜひ仙台で飲みたいです。


さて、午前中に若い女性から整体直通の方に電話がありました。


最後まで話を聞きますと、ご本人ではなくご主人の予約の電話でした。


最近は、男性のお客様もだいぶ増えました。



男性と女性の比は整体に関しては、


2:8の割合です。

春ぐらいまでは1:9位でしたから私的には結構増えた感じがします。


女性専用のメニューも確かにありますが、
整体に関しましては男性の方もどうぞいらしてください。BESTを尽くしますので。


ご主人のI様は、午後からのご予約でいらっしゃいました。
32才と比較的お若い男性です。



「あの、肩こりと頭痛がひどいんです!」




記入していただいたカルテを見ながらお話を伺いますと、


I様「去年と一昨年と2回交通事故でムチ打ちになったんです。」



私 「そうですか。それは災難でしたねぇ。後ろからですか?運転は?」



I様「そうです。運転してて全部当てられた方です。後ろからと少し左側からと。」




今まで来たられた方で、4回ぶつけられたという方もいます。たらーっ(汗)

さすがに4回目になると

驚くというより



「あっ、また来たよ。」


という感じらしいです。あせあせ(飛び散る汗)



何か呼び寄せているような・・・いやいや!話を戻します。


I様は、そんなこんなでダメージは大きかったようです。

整形外科で『頸椎捻挫(けいついねんざ)』と診断を受け、
近くの接骨院で時間の許す限り電気掛けや牽引、リハビリに励んだそうでした。


しかし、あんなに通ったのに一向に治らない・・・と。


奥さんに頼んで、インターネットで回復できそうな良いところを探してもらい、

当院に辿り着いたということでした。グッド(上向き矢印)


カルテから日頃どのくらいの痛みなのか解りました。がく〜(落胆した顔)
(下の写真のようなカルテに記入や丸を付けてもらっています。)


IMG_0801.JPG
丸を付けた他に『割れる様な痛み』と強調されています。たらーっ(汗)


充分伝わってきました。

曇りで気圧の低い日なんかは、まさにこのような感じなのでしょう。
ムチ打ちで来院された方に何年経ってもある頭痛です。


私 「Iさん、今も痛いですか?」


I様「今日は、よっぽど良いです。でも、やはり痛いです。」



(今痛いのなら施術したあと良くなったか判りやすいな)


私 「そうですか、背中の左にはしびれもあるんですね?」



I様「はい、たまに出ます。今も違和感はあります。」



さて、データはそろいました。

ここ最近は、頸椎の痛みを訴えて来られる患者さんが多いです。そういう週間なのでしょうか。

今日は、I様の首に「1%も痛くない矯正」が必要な日のようです。ぴかぴか(新しい)


この続きは、次回で・・・


本日これまで!また来週。  愛知に行ってきます。


posted by セラピスト佐藤 at 21:13| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

解決編!『連続むち打ち!曇りの日は頭痛』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



昨日でシルバーウィークも終わりましたね。
遠出なさいましたか?車(セダン)

当院は、通常定休日通常営業でした。


さすが連休とあって、一昨日と昨日はご予約が多く大変ありがとうございました。



さて、前回の続きです。

クライアントのI様には、『頭が割れるほどの頭痛』『首痛』、さらに背中の左側にはしびれもあるそうです。



施術開始!


確認していきますと、事故にあったのは去年と一昨年なのですがほぼ全身に痛みがあります。あせあせ(飛び散る汗)


左腕と胸周りを施術していき、


私 「どうですか?変りましたか?まだしびれはありますか?」


I様「あっ、ないです。しびれが無くなりました。」


順調です。


私 「では、次に頸椎と頭部を施術していきます。」


やはり予想通りに頸椎周りは、ガチガチに硬くなっています。たらーっ(汗)


頭部の縫合靭帯(※頭蓋骨の合わせ目部分)の調整を行ってから


『100%安全で1%も痛くない頸椎矯正術』



「えいっ!!」



一瞬にしてガチガチだった頸椎周りが柔らかくなりました。  わーい(嬉しい顔)


仕上げに、うつ伏せになってもらい今度は背骨の周りの硬くなった部分を柔軟にしていきます。



私 「どうですか首は? 頭痛は?・・・なくなりませんか?」



I様「あぁ〜!今、ないです。首も痛くないです!」



私 「良かったです!でも、まだ完全に安定するにはもう少し(施術を)くり返す必要がありますよ。」


2回目の施術は仕事の関係で1週間後となりました。

やはり安定の途中ですのでぶり返しがあったそうで4日目の夜から5日目にかけて痛みが出たそうでした。
でも、昨日・今日と回復しているそうです。


2回目の施術を終えるとI様もにこにこ顔です。グッド(上向き矢印)

次は、1週間もちました。ぴかぴか(新しい)


3回目の施術の後は、安定期に入り回復に向かったようですexclamation


くり返せば良くなるということですね。



本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 21:53| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

カルテNo.97『見極めよ!・・・むち打ちの痛みの正体』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



これまでも交通事故による頚椎損傷いわゆる『むち打ち』の方々を回復させて

頭痛などの苦しみから解放させてきましたが、今回はいつもとちょっと違うケースです。



「首が痛くて、どっちにも動かせないんです!」



首が自由に動かないというのも当人にとってはひどく厄介なものです。ふらふら

私も過去に寝違いがあった時のままならない感じといったらなかったです。


どちらか向くたび首が痛くってイライラしてしまったものです。皆様もご経験ありませんか?



本日のクライアントの30代女性S様はなんと8ヶ月もこの痛みを抱えていらっしゃったのです。がく〜(落胆した顔)



最初に首の動作検査をしますと

下向き ×
上向き ×
右曲げ ×(右向きは○)
左向き ×(左曲げは○)
と、


4方向への動作は痛くて動かせない状態です。めまいや耳鳴りも時々あるそうです。


(「これでは、全方向を1回で改善するのは難しいかな・・・?」)


私 「他に腰痛もあるんですね。では、土台となる足の方から施術していきますね。」


ベッドに寝て頂いてから左右両脚のかかとを合わせてみると、2cmも長さが違います。



私 「足を揃えて立っているとバランス悪いでしょう?グラグラしてきませんか?」



S様「あぁ、はいします。揃えては立ちづらいです。」



股関節部に調整をかけてあげると長さがピッタリ同じになりました。」



私 「さあ、見てください。同じ長さになりました。」



S様「えっ!もう?」



私 「では、ちょっとベッドから降りて立ってみてください。

いままでと立った感じが全然違うはずですよ!」
S様がベッドの横に立ってみますと。



S様「あっ、全然違います!両足でしっかり地面にたっている感じが判ります。」ひらめき



またベッドに戻っていただき、施術再開しました。


腹部も硬くなっていますし、胸部も左鎖骨から右ろっ骨にかけて痛みが大きいです。


この原因は車に追突された時にストッパーがかかったシートベルトから受けた衝撃によるものでしょう。

(S様は助手席側に乗っていたのでシートベルトは左肩から右ろっ骨に向かって掛っているからです)

しかし、8か月経った今でもここの痛みもがまだ取れていないということです。


さて一番ダメージを負ったと思われる首への検査を手技で進めていきますと



(「んっ?おやっ?あまり硬くなっていない。というか普通の人と変わりない状態じゃないか。

なぜ?」)



通常むち打ちと診断された方は例外なく首がガチガチに硬くなっているので
あまり昔の事故で本人が忘れていても私が言い当ててしまうのが常なのです。それが、


硬くないということは・・・私には別の原因が思い起こされてしまうのです。



それは、私のブログの第1話『腰痛事情〜今年の初体験』の中でお話している“腰痛は怒りである”

という本に由来しています。


簡単にいえば痛みと心は密接で人間の体にはストレスや不快な感情を抑制しようとする

「防衛機制」という働きがありこれが意識を他に向けさせるため痛みを作りだすというのです。

これは腰だけでなく股関節、膝、そしてなどどこにでもくると覚えていました。


今回のS様の場合は腰ではなくそれが追突事故の常識として首にきたのではないか

と瞬時に閃(ひらめ)いたのです。


S様の記憶から当時の事故の恐怖と怒りのストレスを除去することが不可欠と判断したのでした。



ストレス除去を始めますと頭部に当てた私の手にその反応が感じ始めましたので

静かに除去されていくのを待ちます。



数分後に終了しS様に起き上がって頂きました。



私 「首どうですか?動きませんか?最初下に。」



S様は「えっ?」という感じで


S様「あっ痛くない!?」



いろいろな方向に試みてみますが、痛くて動かせなかった方向もすべて動かせます。



S様「先生、痛くないです!大丈夫です!」



(「あ〜やっぱり原因はそこにあった。」)


私 「実は、先程その事故当時の恐怖や怒りのストレスを抜いていたのです。

許せない怒りもありましたね。辛かったんですね。」



S様はご自分の胸の内を理解してくれたことへの感動か涙目になってしまわれ、



S様「そうなんです・・・。家を買ったばかりで凄く喜んでいたのに、(ぶつけられて)

こんな痛みで・・・まだ治っていないのに示談もして。もう悔しくって。」



こちらももらい涙しそうですもうやだ〜(悲しい顔)


しかし、

S様には申し訳ないのですが、その怒りが8ヶ月もの間S様の痛みを長引かせてしまったと言えます。


裏を返せば、痛みが簡単に取れてしまうと加害者を憎む理由が無くなってしまうわけです。


本当は早く忘れたいことかも知れないのですが。 心うらはら・・・。



皆様も、いつまでも人を許せないとその怒りの心は同時に自分の体を攻撃します。爆弾



覚えておいて損はありませんよ。猫


嘘のような本当の話。今回はちょっとスピリチュアルな目セラピスト体験記でした。


心の不思議を見ましたね。こんなのはお好きですか?



本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 21:01| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

カルテNo.103『見極めよ!回復へのキーワードは心の鍵』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



本日のクライアントは、車の運転中に交通事故に遭いむち打ち症で苦しんできた方T様です。

T様は、明るく上品な40代の女性の方です。


T様はどのようにして事故に遭われたのか詳しくお話をお伺いすることから始めました。耳

大体の場合このお話の中にきちんと回復させるためのヒントがあるのです。


T様は今年の初夏、大きな道路を直進していました。そして交差点を通過中している時になんと、

対向車線から右折してきた車がT様の運転する車へいきなり追突してきたのです。がく〜(落胆した顔)

それもT様の座っている運転席の真横に。車(セダン)



私 「それは大変でしたねぇ。運転していたのは男の人だったのですか?」


この後の話が・・・驚きでした。ダッシュ(走り出すさま)



T様「おじいちゃんだったんです。でもその後続けて2回ぶつけられました。」



私 「その後2回? あー、車が中央分離帯の縁石か何かにぶつかって跳ね返ってきたのですか?」



T様「いいえ、それがそのおじいちゃん事故を起こして気が動転したのか・・・

一旦バックしたと思ったらまた突っ込んできたんです!しかも2回も。」
私 「ええっ!!?」



私は、一瞬言葉を失いました。(何かが乗り移ったのかモバQ??)


さらに驚くことに、そのまま加害者のおじいちゃんは逃走してしまい、未だに捕まっていないということでした。


(こんなことがあるんだなぁ・・)



それからというもの整形外科に行き『むち打ち症』診断を受け、痛み止め・電気掛け・マッサージで

約5カ月間過ごしてこられたのです。


当然ながら時間の経過と共に強い痛みは感じなくなっていきますが、これは体の奥に

入り込んでしまうからです。これは自律神経がそうさせると言われています。

あまり感じないように神経が働いてしまうわけです。


反面、重苦しい感じだけがいつもあり特に気圧の低い曇っている日などは頭痛も伴ってくるのが常です。

これは10年、20年経っても続きます。原因が取り除かれていないからです。

その証拠に首が自分の思う方向には痛みが出たりするため楽に動かせません。ふらふら


現代医学の治療ではまず困難と言わざるを得ません。

しかし、保険が効くのは病院整形や接骨院ですから当然行かざるを得ないでしょうし、痛み止めを飲み、

シップやマッサージを延々繰り返すことになることでしょう。

だからといって他の所に行けばどこでも良くなるわけではありません。


治療院巡りが起きないことを祈っています。



姿勢検査に入りますと、その立ち姿から両肩が水平とはとても言い難く、明らかに右肩が大きく下がっています。目



私 「Tさん、だいぶ右肩が下がっていますがこれはご存知ですか?」



T様「はい、主人に言われます。」



どうやら事故だけが原因ではないようでした。

前屈すると背中の右下の方が左に比べかなり盛り上がっています。左の肩甲骨付近も同様です。

大腿部(ふともも)を確認するとやはり筋肉が硬直気味です。



私 「上半身は細いですが、下半身太りぎみになっていますね。この硬さですと色々努力なさっても

ほとんど減らないと思いますがいかがですか?」




T様「そうなんです!良くお判りですね。」



痩身にもご興味がお有りのご様子です。痛みを取るだけではつまらないでしょうから

(実際は、5ヶ月も抱えている痛みを取るだけでも通常は大変なことでしょうが)

姿勢もスタイルも良くなり希望をかなえて感動していただきたいものです。ぴかぴか(新しい)

せっかくロイヤル整体院に決めて来てくださったのですから。



さて施術に掛かり左脚の痛みを取りますと



T様「先生、なんだか右脚(みぎあし)が少ししびれてきました。」



当然ながら左脚を施術していてまだ触っていない右脚が悪くなるわけはないのです。


ではT様は何故そう感じたのか?



私 「これは左右両方の脚に痛みがあったのが左側だけ良くなったので、相対的にやっていない方の

脚の痛みがより感じるようになったのです。」




骨盤も連動して多少動きますからその影響もあるでしょう。その通りに右脚を施術すると先程感じたしびれは消失してしまいました。


右腕を施術した後も



T様「左肩が急に重くなってきました!」



これもさっきの脚の場合と同様です。



私 「今、反対側も施術しますから。中には痛みが右から左に移ったと感じる方もいます。」



T様「はい、本当にそんな感じです。」



左右両側が苦しい時はそれでバランスが取れてしまっているので感じないものなのですが・・・。

ちょうど例えるなら、2軒の同じくらい生活が苦しい家があったとして、お隣が急に裕福になると

こちらが2倍生活が苦しく感じるようなものでしょうか?犬


首の施術も終わり全体施術も終盤、自律神経を整えようとする前に、



私 「ところで、先程のまだ捕まっていないおじいちゃんのことはどう思っていますか?」



T様「普段は忘れていますけど、頭痛がしてくると思い出してやはり頭にきますよ。」



私 「そうですか・・・。もしかすると私がいくら頑張っても

Tさんを完全に良くはできないかも知れません。」


私 「その憎しみの心があると、ケガからの回復を邪魔するのです。なぜならそれは、

もし完全に治ってしまったらその加害者が捕まった時に自分がどのくらい今までひどくてツライ状態

なのか真実味をもって訴えることができなくなってしまいますよね。だからです。」





T様「あぁ・・そうですよね。判ります、おっしゃっていることが。そういうことに成りかねないですね。」



私 「体と心の関係は本当に正直です。意図的でなくても潜在意識がそうさせてしまうことは良く

あるのです。この夏にもむちうち症で8ヶ月間も首が動かないという方も来られました。

ひと通りやってから心のストレスを取りましたらすぐ動きました。」



私 「ですから、許すことは本当に難しいですが忘れてしまって欲しいのです。それが結局早く

治って苦しみが無くなりTさん自身のために一番良いのです。私が今から忘れ去りやすく自律神経に

アプローチしますから。」



5分後。


私 「終わりました。いかがですか?」T様が起きて首を動かしてみようと試みました。



T様「あーっ!動く!! えーっ!後ろになんかずーっと動かなかったのに。」



私 「良かったですね。」T様「動く!動く!うそーっ、もう5ヶ月も動けなかったのに。動くーっ!」



感動の嵐です。こちらが涙が出そうになりました。たらーっ(汗)



私 「(5ヶ月間も動かなくて苦しんだんだ・・・それはうれしいよなぁ。)」



あとは何回か施術すればすぐ安定するでしょう。あれだけ差があった両肩も水平になりました。わーい(嬉しい顔)


かくして、また困っている女性を助けることができたセラピスト佐藤でした。




久しぶりの写真館


休みを利用して、岐阜県の山里で行われた


『視力回復合宿』


に参加してきました。目

私自身、眼鏡は不要なのですが、学生時代の猛勉強のため・・・(ホントかいな!?)

眼鏡なしで車の運転に必要な0.7の視力でぎりぎりなのです。


それは、緑の多い自然の中で大地の恵みの丸ごと食し日常生活から離れて過ごす2泊3日の

整体と視力回復をドッキングさせたユニークな合宿なのです。



IMG_1390.JPG
こんなのどかな所です。3日位いると確実にリフレッシュできますexclamation

北は私、山形から南は九州まで全国から集まるものです。人数制限もあり約12名、親子連れ

もありで人気があるようでした。


私は、2月参加の予定でしたが急きょキャンセルが出たようで今回11月の合宿に参加

出来ることとなったわけです。猫


IMG_1388.JPG
薄暗い林の中を通り、皆で『乙女渓谷』を目指します。






IMG_1389.JPG
小さい滝がありました。あせあせ(飛び散る汗)


参加者を飽きさせない多彩なプログラムで5段階〜10段階位の視力アップが可能のようでした。


私、セラピストも0.7 右斜め上 なんと1.2まで回復しましたexclamation 



帰ってきてからも少しの努力で維持、さらに向上できるそうです。

初めてお会いする方とも開放的になれ、人生に積極的になれる効果もあり

貴重な体験をさせていただきました。 

たまに目的ある旅行も心が洗われていいものでするんるん


IMG_1391.JPG
最後は皆でバンザイ。


本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 22:15| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

カルテNo.238 『「だるい・・・(-_-)です。」と、気力の出ない女性の身体的原因を解く!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


病気・症状は、薬で良くなるものもあれば、飲み続けても

なかなか良くならないものも多数有ります。ふらふら

しかし、そんなことはきっとその当事者の方しか解らないことでしょう。目

最近では、良心的な医者

「長く薬を飲むことは必ずしも良くない。」

と、正直に著書等で警告する方も現れてきていますね。


セラピストは、薬でなかなか良くならない、また、薬以外の方法で

「健康に戻りたい方の力強い助けになれれば幸い!」と、考えています。わーい(嬉しい顔)



本日のご依頼は

「体が・・だるいんです。」


こうおっしゃるのは、H様(20代女性)です。お母さんに連れられてお見えになりました。

今は、成人式や入社式まで親がついていく時代ですから
そんなに珍しいことではないのですが、決定

H様は、色白で体も細く、か弱い感じをうかがわせる女性でした。


私 「ご自分で考えてみて、だるい原因らしきものはありますか?」


世間では、
『だるい』は、やる気がない気持ち的なものと考える場合が少なくない
と思いますが、そうとばかりも言えません。眼鏡

なぜなら、その背景には体が弱っている原因が、多にしてあるからです。がく〜(落胆した顔)
H様の場合、昨年8月に交通事故に遭っていました。

母親の運転する車の助手席の乗っていたH様の方に
左斜め前から車が突っ込んできたそうです。どんっ(衝撃)

これで、『むち打ち症』と整形外科で診断されたそうです。

この翌月から首の痛みの他に『過呼吸』『動悸』『口や手足のシビレ』の症状が併発。

これを別の病院では、PTSD(心的外傷後ストレス障害)パニック障害と診断。

薬治療をして、先ほどの症状は月1〜2回に減ったそうですが完治せずがく〜(落胆した顔)


他にも
・立ちくらみ、めまい(寝ていてもクラクラする)
・わき腹、下腹が痛い、苦しい
・動悸、息切れ、げっぷが出る
・乏尿(トイレの回数が少ない)
・冷え(足、腰、腹)、むくみ
・首こり(ストレートネック)、肩こり、背中こり、疲れやすい
・耳鳴り、ひどい生理痛、痔、便秘

以上の不調を抱えています。


私 「私は、あなたのこれらの症状をすべて消すことができます。
今日一度で全部とまではいきませんが、何回か通ってくだされば必ず
それは可能です。」


カウンセリングの際は、母親にも入っていただいてお話ししましたが
体や心のつらさ・症状が、H様のだるい原因と言えます。また、
何もしたくない理由になっているのは明らかです。


母親の何とか娘を元気な状態に回復させてあげたい気持ちが、
当院のサイトへとつながったのでしょう。


さてここからが、セラピストの本領発揮exclamation

この続きは次号で。猫



今週の1枚
先日の朝、山形の文翔館朝番組ZIP(ジップ)
“にっぽんわくわくキャラバン”のロケがあり、
主役のヒロアキ君とワンちゃんが来県。




08070808.SANY0045.JPG
当院の女性セラピスト志田さんが、テレビを見て気づいて
早速行って来たそうです。
(もっと有名な方なら・・私も行ったかも?)眼鏡




本日これまで!また、来週。


posted by セラピスト佐藤 at 20:46| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

続編! 『だるい・・・(-_-)です。』と、気力の出ない女性の身体的原因を解く!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


曇(どん)よりとした天気、しかも蒸し暑いあせあせ(飛び散る汗)
今日から九州地方は雨量雨警戒のようですが、

『むち打ち』をしたことあのある方などは、低気圧の日は

「頭重になるから、これから雨が降るのが判かる!」

とおっしゃいます。(何年経ってもですよ・・)

気圧が人間に及ぼす影響って結構あるんです。

このような方は是非、しっかりと回復させましょうね。受付中ですexclamation 猫



さて、前週の続きでH様の施術開始です。

1回目は、検査と施術で全体的に整えながら『痛み』と『こり』
取って差し上げることからです。

これにより、血行が回復して機能低下の内臓の働きを活性化させていきます。

血の巡りの改善は、私の『不妊施術』でも
卵巣機能を活発化させ、女性ホルモン分泌促進に非常に大切です。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

1回目は、頸椎矯正まで実施。 


一週間後
私 「Hさん、お体でなにか良い変化はありませんでしたか?」

H様「え〜と・・・あっ、おしっこの回数が増えました。」


1日2〜3回という乏尿が改善されてきたようです。老廃物の排出も大事です。


他にあまり出てこないようですので、こちらから質問。目

私 「動悸や息切れ、立ちくらみはありましたか?」


H様「あっ、無いです。でも、目まいは寝ていてまだありました。」

私 「お腹の痛み、むくみ、便秘は?」


H様「はい、良かったです。あと!痔が良くなりました。」


私 「耳鳴りはありましたか?胃の方のゲップは?」


H様「そういえば、それも無かったです。体も前より少し軽い感じがします。」

冷えは、足・腰・お腹と訴えていましたが・・・
触って確認してみると、前回と違って温かくポカポカしています。

血行が良くなり温かくなっているということは、大きな『生体的変化』が起きています。
(整体的変化の漢字間違いではないですよ)


さらに
H様「飛蚊症(ひぶんしょう)があったんですけど、だいぶ減りました。」

※飛蚊症・・視界に蚊がかたまって飛んでいるように見える目の症状。


飛蚊症は、前回聞いていませんでしたが、様々な症状が良くなってきているようでした。

首のこりは、むち打ちの後遺症的にまだあるようですので

脳反射検査で調べますと、

右脳後頭部の脈管機能のトラブルと、右の肺の一部が酸素不足があるということでした。

実際に右肺の中央下部を軽く押してみると

「うっ。」と、苦しいのが判ります。


調整をして、酸素が肺に満タンに入りますと、大きく深呼吸できるのを実感していただきました。

これで症状がまた消えてくると思います。


5日後
まだ、頭が時々痛くなるようでした。どんっ(衝撃)

しかし、
H様「ずっとひどかった生理痛と生理前の辛さがありませんでした!」

さらに
H様「口のピリピリや手足のシビレが起きませんでした。」


次々とH様の症状が現実に取れてきています。右斜め上
この日は、頭痛を中心に行いました。眼鏡

この分なら、
H様の『だるさ』が解消して良くなるのは遠くないと感じました。

この続きは、その頃にまたご紹介したいと思います。わーい(嬉しい顔)



今週の写真館
山形市の商店街連合会で発行の『やまがたプレミアム商品券』が熱いexclamation
期間限定発売。10,000円で12,000円分の買い物ができる(有効期限あり)
商品券ということで、これからお盆が控えていることもあり大人気のようです。




DSC_1003.jpg
女房に誘われて、大沼デパートに開店1時間前から並びGETexclamation(一人5万まで買えました。もう買った?儲かった?猫




DSC_0997.jpg
帰りに、6階でこの日まで開催の「全国うまいものフェア」に立ち寄ったら
『漫才コンビTKO』の木下のお母さんが経営しているという
「空飛ぶから揚げ」屋さんがあり、試しに購入。(味は・・ごく普通でしたたらーっ(汗)




08070808.SANY0046.JPG
たまたま、スタッフの志田さんが母娘で買い物をしていて
気風のいいお母さんから『海ぶどう』を戴いてしまいました。
沖縄でしか食べられない珍しいものです。プチプチと食感が楽しいですね。
ご馳走様でした。




昨日から、天皇、皇后両陛下がご来県。
厳重な警戒の下、午後4時48分頃ホテルキャッスル前を
通過されました。          車(セダン)




IMG_5321.JPG
平日ながら、この時間に結構沢山の人が集まっていました。
私もこの時間だけ抜け出して・・犬




IMG_5324.JPG
予定より18分ぐらい遅れていらっしゃいましたが、
お車は人が急いで走るぐらいのスピードで、
あっという間に通過exclamation
どのお車なのか?と気づいたときにはもう通り過ぎてしまい
ズームして激写できませんでした。残念ですダッシュ(走り出すさま)


本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 20:49| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

カルテNo.259 『原因不明が1回で良くなった方にとっては・・・神頼み的整体院か!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


あらら・・・予想外に降ってしまいましたね。ドカッと!
でも、水分たっぷりのボタ雪ですから

やはり気温は、例年よりたしかに高いんですね。


「むち打ちになって首と肩甲骨がまだ痛いんです!一昨日から腕も上がらなくなりました。」


こうおっしゃるのは、1年以上前に一度お見えになったことのあるA様です。

私 「車に追突されたのですか?」

A様「はい、去年の10月です。病院で治療はしていたんですけど、まだ痛いんです。」


そうおっしゃるA様は医療関係のお仕事です。

私 「そういえば、前の時は、1回来ただけでしたけど大丈夫だったのですか?」

A様「はい、大丈夫だったんです!あれから全然痛くなくて。」

※前回の症状は、ある日手首が突然腫れてそれ後2ヶ月間続く痛みでご来院。


1回で良くなるかは、セラピスト側の『原因検査力と施術力』だけではありません。

その症状のダメージの深さやその期間、その人の回復力にかかわってきます。

しかし、一番は・・・

その人が、いち早く治りたい理由・目的と、依頼するセラピストへの信頼感の強さに比例するのです。


ですから、信頼関係が強くなるほどに

「あそこのあの先生に施術してもらえば良くなる!」

という『治る回路』が、ご依頼の方の脳の中で出来上がってくるので

あっという間に、快方に向かってしまうものです。


さて、話はA様の方に戻しますが、

脳反射スキャン法でA様の脳からの情報をキャッチしていきますと

〇首・肩が、まだ痛い➡左右後頭部の血管機能のトラブル(血流など)が原因。
〇右肩甲骨付近が痛い➡右肺上部(上葉:じょうよう)の酸素不足〃〃。
〇排卵期に右腕が上がらなくなる➡肝臓に負担が掛っている〃〃。
〇便秘➡痛みなどにより、交感神経の緊張。

それぞれは原因が違うようですが、実は関係しあっています。

『調整』脳反射スキャンにもとづいて実施します。(一人、一人違います)

首・肩については、『筋膜・腱・靭帯』調整も行って確認したところ、

A様「先生、さっきと同じ力ですか?さっきはあんなに痛かったのに・・・」


勘違いするのも無理ないくらいにスピード回復させています。
そして、右腕も上がりました


私 「それにしても、1年以上も来ていなかったのによく来てくださいましたね。」

A様「え〜、神頼み的とこですから!実は、あの〜右脚も痺れが出るんですけど・・」


私 「えっ?まだ他にあるんですか?んんーん、では、特別に。」

原因ルートは、『心臓〜上行結腸』

後ろから思いっ切りの追突だったそうですから、ハート(心臓)に
ショックが、かなり大きかったのでしょうね。


痺れの違和感は、取れました。1件落着!(3件分ぐらいやった感じでした!)



今週の1枚
今週は、友人らと新年会の予定で、あの大雪の月曜日に
女房と車で仙台に向かいました。(女房は買い物のみ)
山形道では途中、事故車が数台動かなくなっており
東北道では、仙台南から先は通行止めでした。
反対側登り車線もすごい渋滞。のちに笹谷が通行止め。

「これはまずい」
と、買い物中止で仙山線で女房は返しましたが
仙山線も途中1時間以上止まったりでやっと帰ったということでした。
(この後、作並あたりで仙山線も運行できなくなりました。)

新年会も急遽中止になり、私は山形に帰れずビジネスホテルに宿泊。
軽く飲んだ帰りに、突風が吹いて傘に気を取られて
財布の入ったバッグごと落としたことに気づいたのはコンビニに入った
後でした。
慌ててコンビニを飛び出し、来た道を戻ると、「あった!!」
落ちてました10m手前に。



20160118_185125.jpg
強運?の後に買った季節限定チョコレート
先日、娘がこれの抹茶味を食べていたので・・
「そんなに旨いのか?」と購入。
限定品には惹かれますね!



本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 20:35| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする