最近の記事

2007年07月02日

カルテNo.10『過敏性腸症候群から救出せよ』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


あっという間に1週間が過ぎ、先週はブログが書けず申し訳ありませんでした。ふらふら
と、いうことで今日は休日出勤しています。雨


話は変わりますが、

今月中旬から『英国式リフレクソロジー』も新たにメニューに仲間入りする予定です。

すごく気持ちいいですよ!。

足つぼ健康法の中でも、その王道を行く『英国式』を取りいれます。
これは、『ロイヤル』の名にふさわしい感じしませんか?ぴかぴか(新しい)

当店のお客様には、ぜひご利用して頂き『ココロ』も『カラダ』もリフレッシュして欲しいと思います。
ちなみに女性専用で、女性スタッフが施術いたしますのでご安心を。
女性の皆様、どうぞよろしくお願いします!


さて、前回の最後に予告しましたが、『過敏性腸症候群』
という病名は当事者の方以外あまり耳にしたことがないと思います。

心配性の方や、過度に緊張するとお腹をこわすということを経験したことがある方は多いと思いますが、(私も20代の頃ありました。)

いわゆる神経性のものです。ところが・・・、
これは病気と言うべきか症状と言うべきか、別に緊張していなくてもいつもお腹がゴロゴロするそうで毎日何回もトイレに行かなくはならないのです。
仕事中もお構いなしですから、周りの方にももちろん気を使いますし、仕事にも影響してしまいます。


本日のこのカルテのお客様は、女性のS様です。

「あの〜、毎日下痢が止まらないんです。」


S様にこの症状が出始めたのはさかのぼる事、3年前です。
原因はご本人も判りません。
ご本人は、胃下垂が原因だと思っておられたようで、最初は胃下垂を治して欲しいというご依頼でした。

私 「食べ過ぎとか水分の摂り過ぎということは無いですよねぇ。当然そのへんは、注意していますよね。」

S様「はい、寝る近くに水分なんか摂ったら夜中3回位トイレに行くことになります。」

私 「えっ!3回!?それオシッコの方ですか?」

S様「はい・・・、オシッコもすごく近いんです。普通でも1〜2回は起きます。」

私 「そうですか。他には?もっと症状がありませんか?生理痛とか・・。」

S様「あります。生理痛ももちろんですが、生理の2〜3日前から頭痛がひどくてを必ず飲んでいます。」


S様は今年の1月からは、この1番の主訴である下痢をきちんと治そうと病院へ行ったところこの病名がついたわけです。
同じ症状の方は、結構いらっしゃると言うことでした。

現在、でとめておく方法しかないそうで、お医者さんから整腸剤を含む3種類のをいただき、1日3回毎食後服用している状況でした。


私 「と言うことは、一生飲まなければならないと言うことですか・・?」

S様「はい、それが嫌で治したいのですけれど。」

その他、お聞きすると、首・肩・背にコリがあり、プラス腰痛、さらに手足、腰、背、腹に冷えを感じており日頃疲れやすいと言うことでした。


(よ〜し、初めての症状だけど全部良くしてやるぞexclamation

私 「わかりました。きっと良くなるように頑張りますので、しばらく私の言うとおり通って下さい。」


1回目・・全身の痛みの確認から始まり〜ひと通り施術でからだが楽に。コリと疲れがとれる。

2回目・・胃下垂の施術で胃の位置が上がったようである。食事後すぐ下腹がポッコリするのが改善し、下痢も減った気がする。夜尿の回数は変わらず。

3回目・・ストレスクリーン施術後、たくさんの汗をかき背中側の痛みが全て消失。

4回目・・生理前の頭痛が消失。3回目以降は、3日間下痢無し。(今迄はを服用していても下痢気味だったらしい。)

5回目・・夜間トイレが0回に。朝まで熟睡できるようになった。
の服用は1日3回から2回に減らすことを提案した。

6回目・・GWの連休中に試しに全部を止めてみたところ下痢がもどったらしい。(からだがに頼ってしまっている様なのでやはり段階を踏まないと・・)生理痛は初日のみ頭痛が少し出るだけに減った。

7回目〜12回目・・毎週毎にの量を半分に、次の週はまたその半分にと減らしていく。まったく順調。

現在、当初の飲んでいたの量の1/9まで減らすことができています。

私としては、もっと前から大丈夫と思っていましたが、S様ご本人は、やはり不安があるようでしたので、当然精神的なものが影響するでしょうから足元を一歩一歩確認するように少しずつ減らしてきました。

私 「最初の1/9しか飲んでいないのですから、飲まなくても一緒じゃないの?」

S様「今週末、全部止めてみます。」るんるん


やっとこれでS様ととの縁を断ち切らすことが出来そうです。

『過敏性腸症候群』を悪化させたのは、下痢を止める為だけ(治りはしなかった)に処方されたではなかったのかと思えてならないのです。

途中からは、『過敏性腸症候群』との戦いではなく、と、そしてにしばられてしまった、飲まなくては不安なS様とを切り離す戦いに変わってしまった気がしました。

「10回までには完全に!」と思って毎週取り組んできましたが、少しオーバーしてしまいました。

でも、もしかしたら彼女は、毎日食後3回の薬を下痢を止める為に一生飲み続けなければならなかったわけです。これから結婚なさるのに。
そのようなことを考えれば、わずか3ヶ月(十数回)で今後の人生がものすごく明るくなったと思います。ひらめき薬代も掛からないし。

今のS様は、体中どこを押しても痛くありません。コリと腰痛がなくなり、さらに数十年続いた毎月の生理痛からも開放されました。


私 「Sさん、もうあなたは3ヶ月前とは別人ですよ。もうどこも痛くもないし、悪くもないですよ。本当に変わったんですよ。」

S様「はい、ありがとうございます。今は、冷房の中でも体が冷えなくなり時々汗ばんでいます!」

すっかり良くなって、毎週お会いしていたS様とも今後はお会いできなくなるのも寂しいですが、私を信じて通院して下さったことに感謝しています。

また新たに、一人のうら若き女性を救った感激でいっぱいの私でした。


本日これまで!また来週。待っててね。
posted by セラピスト佐藤 at 15:43| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 過敏性腸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

カルテNO.251 『薬を飲んでいてもお腹をこわす!? 病院での症状名 “過敏性腸症候群”』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近テレビを見ていると、ハーフの女性タレントが増えてきていますね。👀

裏を返すとそれは、ハーフの方の好感度が高い

また、視聴者はそれを求めている ことの表れと

知り合いのセラピストの方がおっしゃっていました。

そのためでしょうか、

「『もう少し鼻を高くできませんか?』というご依頼が急に増えてきました」


と、咲顔の元氣屋(ロイヤル整体院内)店長の大原さんが言っていました。

(私)
「えっ?もうそんなこともできるようになったの?」


さて、本日のご依頼はタイトルにもありますように

「薬を飲んいてもお腹をこわすんです!」「歯ぐきのハレが治らないんです!」


こうおっしゃるのは、市内にお住いの30代女性のT様です。

T様は、幼少の頃からお腹が弱かったということで、数年前には

医者の診察で、

「過敏性腸症候群」と診断を受けたそうです。


※過敏性腸症候群
検査を行っても炎症や潰瘍といった疾患がないが、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。20-40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気である
(ウィキペディアから抜粋要約)


もちろん、投薬での治療しかないわけですが・・・

しかし、
T様は、その薬を増やしたり変えたりしながら2年間も飲み続けているのに

お腹をこわすとおっしゃっているわけです。

それでも飲む意味とは?


私 「お薬を飲み続けることをどう考えていますか?」


T様「私は、できれば飲みたくないです。効かないのに飲み続けることで体が心配です。」


私の所に同じ症状でみえられた方は、今まで何人かいらっしゃいます。


皆さん薬物治療を続けていましたが、良くならないと訪ねて来られたのでした。

結果、
しばらく通院して、皆さんお腹をこわすこと(下痢症状)は無くなりました。

事実、腸に病気があるわけではないということは判っているわけです。

簡単に言えば、『腸の免疫力』が低下して元気がない状態と言えると思います。


私は、体の免疫力を活性化させる技術のプロですから、信じていただければ
回復させることはできます。


さらに、T様は歯ぐきのハレが何年も治らないとも。

必ずしも、歯槽膿漏(しそうのうろう)とは限らないわけです。

一部の歯医者さんは知っているはずですが、内臓の疲れ・機能低下が
原因していますね。

その場合、
ハレは、歯ぐきが原因ではなく、他からの結果ですから
何年通っても難しいのではないでしょうか。

以上を踏まえて

では、施術にに取り掛かります。


本日これまで!また来週。


















posted by セラピスト佐藤 at 20:02| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

続編! 『薬を飲んでいてもお腹をこわす!? 病院での症状名“過敏性腸症候群”』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


“過敏性腸症候群” と病院で診断されて、お薬を飲み続けているが、

相変わらずお腹をこわすとお悩みのT様の『整体施術』続編です。

T様の足から調べていきますと・・


右脚が左脚より1.5cmほど長い状態です。また、足の表面温度は
23℃ですから自己申告通り冷え性があると言えるでしょう。👀


腹部の筋膜やソケイ部の靭帯を調べていくと、硬くなっており

しなやかな感じがありません。トラブルがあることが確認できます。


私 「お腹の筋肉が緊張状態になっていますね。そのため腸など
内臓が圧迫されてお腹が苦しい状態になっています。」


まさにこのような環境が続くと血流が悪くなるだけでなく
腸の免疫力も低下してくるのでしょう。😞

活性化の施術を行いました。


2週間後・・結果は

T様「薬は、この前来た翌日からやめました。そしたら2〜3日下痢が続きましたけど、その後はピタッと下痢しなくなりました。」


私 「えっ、薬をすっぱりとやめてしまったんですか。少しずつなら
良いですけど、いきなり全部では反動が出たのかも知れませんね。」


T様「あの後はしばらく良かったんですけど、また下痢するようになって。」


私 「そうですか。効果は出たようですから、少しお続けになれば安定してきますよ。」


ちなみに、歯ぐきのハレの方の原因(これも何年も治っていない)
脳反射スキャン法で調べると、

心臓、空腸(小腸の一部)、上行結腸(大腸の一部)など関係あることが
脳からの情報としてキャッチできました。


これらのトラブルを調整する施術を行いました。

結果は次の施術の時に変化は出るかな?



本日これまで!また来週 


今週の1枚
今週から花屋さんを変えてみました!
院内のカウンターに少しの花を飾っていますが、
今の花屋さんが少し遠いので。



DSC_0016.JPG
花屋さんが変わると、花の印象も変わりますね!
ここから、今つぼみのカサブランカ系の花が咲きます。


本日これまで!また来週。









posted by セラピスト佐藤 at 09:03| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする