最近の記事

2013年10月03日

カルテNo.181『謎の痛みに挑む!貴女は・・・舌痛になったことがありますか?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


さんまの番組『ホンマでっか!?』で言っていましたが、

秋は、女性の体内でテストステロン(男性ホルモン)が増えるので

実は、一年の中で男性がもっとも口説きにくい季節だそうです。(えーっ!!がく〜(落胆した顔)


だから歌カラオケでも・・・
秋は、別れの曲が多いことにもつながっているそうなのです。(ホントか?猫

でも、秋は

女性が一番きれいに見える季節でもあるらしいのです。


独身男性には・・・残念どんっ(衝撃)



「背中が痛いんです。」



先日、予約なしの飛び込みでいらっしゃったのは、70代女性のY様でした。目

あいにく、ご予約の方がしばらく埋まっていましたので、

本日、初めての施術となりました。


お話を伺うと、

関西に住んでいる娘さんがインターネットで当院を検索してくださったそうで、


「ぜひ、行ってみて!」

と、何度も勧められたので来てみたということでした。ダッシュ(走り出すさま)


どういう経緯で背中が痛くなったのか伺っているうちに

本当に辛くて困っているのは、背中の方より『舌が痛い』ことだったのです。ふらふら


「背中痛か・・・(どこが原因かな?)」ぐらいに思っていた私でしたが、


舌痛の話をお聞きして、俄然(がぜん)興味がわいてきました。


普通の方は、舌が痛くなるなどというのは食事中に誤って舌を噛んでしまった時

ぐらいしか経験がないのではないでしょうか?


以前、私がまだセラピストとして経験が浅かった頃次項有

「舌がピリピリする」というご年配の男性がいらっしゃったことがありました。


どこの医者に行っても痛み止めの薬だけで、治らないと当院へ来られたのでしたが

ご満足頂く結果までには至りませんでした。バッド(下向き矢印)

今回もそうですが、そもそも舌が痛くて整体院に来られる方というのは、

一年に一人もいらっしゃいませんから、私も忘れていました。


しかし、今回の舌痛の話であの時の記憶が鮮やかに甦ってきました。

うまくいかなかった施術、珍しかった施術というのは、覚えているものなのですね。猫


Y様にさらにお話を伺いますと、

4年も前から舌の痛みが始まったそうで、

県内の病院で『舌痛症』と診断されたそうです。
(なんと、そのままのお名前なんですね。)


痛み止めの薬を処方されますが、良くならず病院病院を転々としたそうです。

ある病院では、かなり強い痛み止め薬を出され、

それが切れると、走り回らなければならないほどの痛みの副作用があったとも。

怖くなって止めて、
ついに心療内科にまで行ったということでした。

お医者さんも「三叉神経に障害があるのだろう。」とは
言っていたそうです。

しかし、なぜ三叉神経に障害が起きるのかというところまでの

原因追求はないですから、結局その対症療法としての薬物治療にしか
ならないのは医療の当然の流れです。

Y様は、脳のMRIも撮ったのですが、そこにも原因は無かったそうです。

いくらお医者さんでも原因が見えない、分からないでは手の打ちようがないのです。ふらふら

それが、Y様のこの4年間だったのです。


このあと、

Y様の4年間の長き症状を払しょくする奇跡のようなことが・・・


長くなりましたので、この続きは来週に。眼鏡



今週の1枚
今度の日曜日、第一回・山形まるごとマラソンという
市民マラソンが開催されるのはご存じだと思います。
当院の常連の女性も何人か参加されると伺っています。(ガンバッテexclamation





DSC_0347.jpg
かなり盛況で、すぐ募集人数に達してしまったようです。
私の家のすぐ近くもコースに入っているので、
ゲストで、金メダリストの『野口みずき』カメラ撮るかexclamation&question


本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 22:38| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舌が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

続編!『謎の痛みに挑む!貴女は・・・舌痛になったことがありますか?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今日、以前通っていた女性が3年振りにいらっしゃいました。

お若いのですが、しばらく前から右腕が上がらなくなったそうです。どんっ(衝撃)

だいぶ回復したらしいのですが・・・

まだ痛みや違和感が残っているご様子。ふらふら


全身調整も行い30〜40分後には、


「えーっ!!上がるぅ・・・??」

腕をぐるぐる回していました。わーい(嬉しい顔)



さて、前回の続きになります。

クライアントは、4年前からの『舌痛症』に悩む70代後半の女性です。

まず、両脚の長さをみると1.5cmは違いがあります。目

多少なりとも、骨盤のズレは必至でしょう。


こういう大元の部分が、きちっと調整された上でないと
どんな症状でも取れにくいものです。もうやだ〜(悲しい顔)



つまり、痛み止めでは感覚を一時的に麻痺させているだけですから
今回のY様のように様々な病院病院を転々としたが、良くならないという方も
少なくないかも知れません。たらーっ(汗)


骨盤のズレ・歪みを直しながら、お体を調べていきますと
お尻から上の左半身に凝りや痛みが集中しています。


(これは、おかしいな・・・)


しかも、

Y様「舌の左側が痛いのが治らなくて。」

と、お話しされたのです。


(なるほど、これで決まりだな。)



舌痛症の謎は、解けました。 ひらめき


Y様は、左手・左腕をよく使い、肩甲骨から首へと
筋肉の硬直が広がっていったのでしょう。(ご趣味も多いようでした)

そして、ついにお顔まで。


舌神経は、お顔の三叉神経とつながっていますし、
のどの方には、舌に関連する舌骨筋もあります。

また、交感神経副交感神経も関係してきますので
これらの緊張状態を一つ一つ解消していきました。


奥義にて、のど周りの神経の配電盤の役目の星状神経節の緊張解除から。

通常、お医者さんではここに、神経ブロック注射を打つ方法を
とるところもありますが、

私の場合は、まったく安全な技術で最大効果を狙います。


さらに、
頭に手を添えると、ストレス反応(精神的)もありましたので

これも三叉神経の緊張と一緒に解除しました。



背中側を検査するため、うつ伏せになってもらおうとした時に


Y様「あっ、背中の痛みがなくなりました。楽です。」



背中を触らずに、背中の痛みを取る。


その人の体を読み切っていなければ、なかなかできないと思います。(自慢か?猫


終わってみると

私 「どうですか?舌の方は。」


Y様「あらっ、今何も感じないわ・・・?」


私 「さっきまで、痛かったですよね。」



Y様「はい、痛かったです。なんか、首肩もすっごく楽です!」



う・ま・く・いった。(感無量exclamation



Y様「こんなふうに、毎回いい気持ちになって受けていたら
きっとそのうち治ってしまうんでしょうねぇ。」



さすが、分かっていらっしゃる。その通りです。

最高の誉め言葉を頂戴しました。


偶然にも、私の母親と同じご年齢。

一瞬、母親に親孝行して誉められたような気持ちに・・・なりました。グッド(上向き矢印)



これにて、謎の痛み!一件落着exclamation×2




今週の1枚
咲顔の元氣屋・山形五十鈴店が、いよいよ10/20(日)Open。
準備は進めてきたものの、あと10日ですから忙しくなってきました。




IMG_4559.JPG
看板兼バナーも設置して、あとは正面にのぼりが立ちます。(見た目は簡単なんですけど。)
来週には電話電話が引けます。


本日これまで!また来週。







posted by セラピスト佐藤 at 21:41| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舌が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

カルテNo.295 『歯の内側に舌が当たって痛い!気になる!本人にしか解らない?口腔内トラブル』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


つい先日、歯が痛いのが治らないという女性ご来院されました。

勿論、歯医者さんに行って診てもらったそうですが、レントゲン等で調べても

痛くなる原因が無い(虫歯も歯槽膿漏も無い)ということを言われて

帰ってきたそうです。

女性「先生なら判るんじゃないかと思って・・・」

判りました。その場ですぐでした。



本日のご依頼の方は、

「口を開けると両顎が痛いのと、下の前歯の内側に舌が当たって痛くて気になるんです!」


20代女性のこの方S様は、この日で3回目の施術ですが、その度良くなってきています。最初は

「体が歪んでいる気がして・・」

と、いうことでお見えになりました。(確かに、肩がだいぶ下がって歪んでいらっしゃいました)

他に、『肩の痛み』や『疲れが取れない』等が解決しまして今回のご依頼です。


実は、前回でも顎に関しては少しやったのでしたが、まだ症状が出るようです。

それは、
@口を開けると顎が痛いので大きく開けられず、そのためしゃべりづらい。
A就寝中の歯ぎしりか噛みしめか?朝も顎が痛い。
B歯に舌が当たって痛い、気になる、違和感がある。

Bに関しましては、本来何も食べていない時は『歯』と『舌』というのは
離れているのが普通なのです。

人によっては、

「口の中で舌の置き場が分からない。」という方もいらっしゃるそうです。

それに近いかも知れません。

とにかく、
過去にS様が行った歯医者さんでは解決しなかったのは事実です。


若い方がこれまでずっとそのような悩みを抱えてきたのかと思いますと、
早く取ってあげなければという気持ちでした。

@とAは、今回で痛みがなくなり口も大きく開けらるように、さらに調整

また、B脳反射スキャンでその原因を紐解くと、
右脳後頭部と心臓の血管の細い部分に不調のサインが出ていました。


これを体の重心軸とともに調整してあげますと


私 「いかがですか?」


S様「あっ!? 大丈夫です!舌が当たらないです!」


全く気にならなくなったそうで、ホント良かったです。


口腔内のことでも、もし歯医者さんに行っても良くならなければ

当院でお役に立てることあると思います


本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 20:13| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舌が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。