最近の記事

2008年05月28日

カルテNo.31『術後のケア』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



本日は、昨年のお盆以来、久しぶりにMさんがご来院くださいました。わーい(嬉しい顔)



当時は、出産後に体型が戻らず骨盤矯正を希望でいらしてくださったのでした。



あれから9ヶ月。




今日、ご本人にお聞きしましたら・・



「あの時以来どのジーンズもズボンも以前の物がはけるようになりました。」るんるん



と、喜んで下さっていました。



しかし、施術中にお腹まわりだけは元に戻られていないようでしたので


早速、部分痩せに最適






『脂肪燃焼療法』


をおすすめしました!





本日も良好な


サイズダウンの結果、



次回のご予約も頂戴しました。(6月一杯は1回3千円でお得!)



Mさん、ありがとうございます。ぜひ、お続けください。




現在のお得期間中に施術している方で既に10cm以上サイズダウンしてしまっている方が今のところ、NO.1ですexclamation


わーい(嬉しい顔)  今がチャンス。






さて、


術後のケアと言えば、産後だけではありません。



本日の術後とは、



『ペルテス氏病』



の手術後、数年経過してからの『痛み』のケアの件です。



私たちの脚は、骨盤に収まっているわけですが、その収まっている先端の部分は、頭のように丸い形状の骨なのです。

したがって、『大腿骨頭』と呼びます。



ところが、これが壊死してしまう病気なのです。



今回ご依頼のS様は、これが突発性のものだったらしく発生した5年前に


骨切り回転術の手術を受けていらっしゃいました。(取り合えず、これで痛くなくなっていました。)



しかし、それから3年後、


一時期体重が増えたことがあったそうで、それ以来ダイエットで体重は、元に戻したのですが・・再び



痛みが発生し始めてしまったのです。



骨盤の臼蓋部分の骨をもう一度切って回転させる事は、できません。


次に手術をするのであれば、



『人工骨頭』を入れるしかなくなるわけです。たらーっ(汗)






現在、立ち上がるたびに脚の付根に痛みが出て、前かがみで体重がかかったりすると、すぐ歩き出せないほどです。


実は、M様は他にもお体の悩みを持っているのです。

しかし、そのつらさを表情にも出さず・・・




本当に気持ちの強い方だと感動しました。





「何とか力になってあげたい。」




私にできること、そして・・・




私の成すべき仕事は、


@彼女の痛みを取り去って、脚の関節の破壊をすぐ食い止めること。

Aさらに、そのことにより、擦り減ってきている軟骨を復元させて永久に安定させること。

この2点です。



手術が、




もとい、施術が始まりました・・・






本日これまで!また来週



















posted by セラピスト佐藤 at 20:58| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。