最近の記事

2008年03月19日

カルテNo.28『伸びた靭帯を治してくれ!』

こんにちは!セラピスト佐藤です。


山形市のロイヤル整体院では、病院で治療できない症状も整体施術により短期間で、回復に向かわせております。




では、本日のお題ですが、



この日、ご予約の方の施術を始めようとしていた時に



玄関からご年配の男性がいきなり飛び込んできました!がく〜(落胆した顔)



「先生は、靭帯専門と知り合いの人から聞いてきた!」

「病院からは、靭帯が伸びたのは、シップをするしか方法は無いと言われて・・。」



「私の左膝の靭帯を治してもらえないですか!」






(うわっ、急に来られて強引な方だなぁ。靭帯が伸びたという事は、スポーツ選手か格闘家の人かな?





私 「もちろん施術いたしますが、あいにく本日はご予約が一杯なものですから、数日後のご都合の良い日に予約してもらえませんでしょうか?」



ということで、数日後に詳しいお話をお伺いしました。



するとT様は、空手家で有名なT先生のお弟子さんでした。

それで紹介されて来てくださったというわけです。



私 「稽古か試合で関節技でも掛けられて伸びたんですか?」




T様「いやぁ〜それが空手とは関係ないのですが・・・、」


  「ちょっと相手にプロレスの四の字固めを掛けさせていたらなったんです。」



私 「・・・。かなり我慢して耐えたんでしょうねぇ。」がく〜(落胆した顔)



(後日談で判ったのですが、その相手は小学生でした。おそらく高学年の大きい子でしょうが、どおりで「参った!」を言いたくないわけですね。)



T様「そうですね。外そうとしたんですが、がっちりはまっているのでなかなか外れなくて・・。」


  「その日は、すぐ治るだろうと思っていたら、翌日からもう大変な痛みで・・。まともに歩けないし、正座もできないし階段が特にきついです!」




  「1ヵ月半、病院からもらったシップを貼ってましたが全然良くならなくて・・・。」



靭帯の弛んでいる状態を締めて正常にする事は毎日の施術でやっていますが、関節技で伸びてしまった靭帯を回復させるのは、初めてです。




おそらく、通常は全治半年あるいはもっと・・・



そういえば、オリンピックで柔道金メダル3冠の野村選手も靭帯損傷で今回は危ぶまれていると聞きます。


それだけ治りにくいところなのです。





果たしてどうなるのか?雷




本日これまで!


また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 20:46| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 靭帯損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。