最近の記事

2007年12月25日

続!『踵骨棘(しょうこつきょく)』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

ここ、山形県山形市ロイヤル整体院は、病院(西洋医学)や、どこの治療院等に行っても良くならない症状も承っている整体院です。


ぜひ、お悩みの方はご相談ください。


あなたのお悩みの症状は、既に過去に私がお取り扱いしている症状かもしれません。

お待ちしております!ぴかぴか(新しい)



前回は、踵(かかと)の骨に棘(とげ)が形成される病気で1年間どこに行っても回復せず、気になる痛みで悩まされている方のご依頼でした。



私 「今度どうですか?痛みのほうは?」


Y様「痛いです。」



しかし、時間を掛けて施術していますと・・・

私の手の感触では、自体が軟らかくなってきたのが分かります。



(表面に近い方は軟らかくなってきているんだが、奥の方がまだまだ・・)


次第に手のひらでかなり押しても痛くなくなってきたのです。



私 「今度は、この位押すとどうですか?」


Y様「あっ、痛くないです。」




更に、手のひらでなく実際に立ち上がっていただくと



Y様「痛いですっ。」ふらふら




小さいかかとに全体重が乗ると、奥の方の痛みが出ます。


失礼ながら確かにY様は、やせている方ではありません。


かかとが受けるも少なくないのでしょうがたらーっ(汗)


そもそもこの病気になる原因は、体重の掛け方、歩き方等が大いに関係しているはずです。

痛い方の右脚は、左に比べなんと2cm近く長いのです。


短い方の左足のかかとは何とも無いのですから、因果関係が必ずあります。


ご本人は気づかなくても、日頃かなりアンバランスな立ち方、歩き方になっているのは間違いありません。ふらふら


股関節の靭帯の弛みを改善し、太もも〜ふくらはぎまで硬くなっている筋肉を柔らかい状態に施術し、足にはオリジナルテーピングを施しました。




私 「Yさん、まだ痛みはすぐ取れるわけではないと思います。長期間掛かっている痛みですから。ただ、少しずつ無くなっていくはずです。テーピングをしましたので3日位はがさないでください。」


数日後・・・。



Y様「まだ痛いですけれど、お陰さまでだいぶ良くなってきました。」ひらめき


私 「ああ、そうですか良かったです。では、続けていきましょう。」




何とか回復の兆しが見えてきました。ダッシュ(走り出すさま)

(ホッ!)


かかとは、毎日つかない日はありませんから少し長期戦になると思いますが、

良いご報告が出来るように励みます!


本日これまで!

次はどんな症状だっexclamation&question












posted by セラピスト佐藤 at 19:45| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 足の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。