最近の記事

2007年12月18日

カルテNo.21『踵骨棘(しょうこつきょく)』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です


私の知り合いの女性の方がやっていらっしゃる『アロマセラピーサロンmalama〜マラマ〜』が、ご本人のご事情により今月迄で一旦閉店するとお聞きしました。

残念です。

は素晴らしいので、是非ご予約して癒されてみてください。


さて、今回のクライアントは、



「足の踵(かかと)の骨に棘(とげ)ができて痛いんです!」


と言うことで、私が扱う初めての病気『踵骨棘』に1年前から発症したそうなのです。



一般の方はあまり読める方が少ないかもしれませんが、正に字のごとく、骨のトゲが、かかとの中の骨の一部にできる病気です。


ですから、立ち上がった時に踵に激痛が走るのです。がく〜(落胆した顔)


こちらのY様、最初に近くの整形外科に行ったら


医者「私もかかとなんか痛いよ。」
と、言われる始末。あせあせ(飛び散る汗)


「これはダメだ。」と、今度は病院にも行ってみるが、かんばしくない。


また違う整形外科に行ったところ、


「神経がたくさん集まっている所なので手術はできない。」

と、言われて痛み止めの注射を毎週1回のペースで8週間打っているとお聞きした。


これが非常に痛いわけです!ふらふら



かかとにズブリと刺すわけですから、ご本人も嫌なわけです。これで治るわけでも無いのですから・・・。


こうして彼これ1年が経ってしまいました。



そしてこの度、以前に当院で変形性股関節症を治された別のY様のご紹介でいらしたわけです。

この病気は、単にかかとの骨の変形かと思いきや、調べてみますとそうではなく「足底腱膜炎」とも呼ばれているようです。

腱膜筋膜などにストレスがかかりこれが、かかとの方に過度に引っ張られると骨棘を形成するそうです。


体験者の掲示板には、通常3年間ぐらい放置しておくと自然に治る病気との事。(3年間も痛いまま・・・?)

確かに歩き始めてしまうと、痛みは和らぐのですが、立ち上がった最初がかなり痛いので、ご本人にとっては気になります。あせあせ(飛び散る汗)


(1年間も痛いままでいたのでは、1〜2回では無理だろうなぁ)

とにかく施術を開始しました。が、なかなか痛みが和らいでくれません。



(どうしたものか・・?)


この続きは来週に


本日これまで!今回はちょっとピンチです。たらーっ(汗)







posted by セラピスト佐藤 at 20:23| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 足の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。