最近の記事

2007年09月05日

カルテNo.14 『しゃがめない!』

こんにちは!セラピスト佐藤です。

一昨日の日曜日は、山形の『日本一の芋煮会』で馬見ヶ崎川河川敷は、最高の賑わいでしたね!
そのせいか山形市内はガラガラという感じでした。
この私も今年は、この秋の風物詩を午後から数時間楽しんでまいりました。

ところで、ショベルカーで大鍋から芋煮をすくうわけですが、このショベル部分には機械油を使っているのか?
と、考えただけで食欲を失くす女性もいらっしゃるようです。
でも安心してください。当院のお客様のS様によりますと機械油ではなく、バターを使用しているそうです。しかもショベル自体も毎年新しくしているそうですよ。1回は召し上がる価値があると思います。


さて、本日のクライアントは、現在通院中のお客様からのご紹介いただいた方です。

「膝を曲げて、しゃがめないんです!」

お話をお伺いしますと、こちらのH様はかつて胃○○で手術したことがあるそうです。
そのせいか食欲が無くなってしまい何とか自分の好物だけでもと召し上がってこられたところ、ビタミンB2不足となり昨年の6月に下半身が動かなくなって即入院。
結局、『かっけ』による末梢神経の障害と診断されビタミン剤の投与とプールでリハビリを続けられということでした。

現在のところ、主に下腿(ふくらはぎなど膝より下の部分)にしびれがあり感じないということで、右の下腿には静脈瘤があり酷くなったら手術・・・。
ご本人的には自分でリンパマッサージをするとその時はだいぶ良いそうです。

からだ全体のバランスを検査しますと、やや猫背で右肩下がり。さらに右肩が前方に転位(前に出ている)しており、つまり背骨に捻じれもあります。
左右どちらにからだを曲げても右腰付近に痛みを訴えます。
仰向けに寝ていただくと、右脚が左より1cm脚長差もありという状態です。

股関節部分から順に施術開始!

ふくらはぎは特に痛みがあり(あれっ、感じなかったはずでは・・・がく〜(落胆した顔)実は、しびれを取れば感じるようになるのです。わーい(嬉しい顔)

上半身では、腹部にも胸部にも痛みが沢山あり、次々リンパの流れを改善していきますと痛みがうそのように消えていきます。

背中、お尻の痛みも骨盤調整でゆるみを取って小尻にしながら進めます。

私 「少しお尻を小さくしてもいいですか?」

H様「ええっ、ぜひお願いします。

H様は、恩年60は過ぎていますが、やはりご本人にとってはうれしいものです。るんるん

今までの症状を総合するとやはりこういう方には精神的ストレスからも必ず影響を受けています。
当然その処置も行います。

全て施術が終わって、

H様「あぁ〜からだが軽い!」
身も心も軽くなられたようです。

私 「Hさん、ではゆっくりでいいですから、しゃがんでみて下さい。」

H様「はい・・。あらっ!しゃがめた〜」

私 「良かったですね!でも元に戻らないように安定するまでもう少しはかかりますので。」

1年以上、しゃがんだことがなかった方がしゃがめた感激は大きいものです。脚の感覚も戻ってきました。
H様が和式トイレに入られても困らない日が来るのはもうすぐです。ぴかぴか(新しい)

本日これまで!また来週。





posted by セラピスト佐藤 at 20:21| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。