最近の記事

2018年09月13日

カルテNo.351 『成長痛と違うオスグッド病!ロイヤル整体施術後に運動会で走れるか!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


残暑無き初秋という感じで、朝晩涼しいというより少し肌寒い時期となりました。

そう考えますと、今年も昨年同様に
最初だけ猛暑で後半は曇り空のの多い短い夏でした。

災害も大雨、台風、地震と軒並みで、被災されました方には心より
お見舞い申し上げます。

そして、今朝はタッキー&翼の解散ニュース。ちょっと寂しい気がしますね。
(ジャニーズファンの娘は残念がるだろうなぁ)


さて、本日のご依頼

「息子がオスグッドのようで、右膝の痛みが全然良くならないんです!」


こうおっしゃるのは、2年前にお兄さんの方(原因?の腹痛)を連れてご来院
くださったT君(小学生高学年)のお母さんでした。


お話をお伺いしますと、
1ヶ月前に、両脚の股関節部に痛みが発生して整形外科『関節炎』と診断。

安静の後、スポーツを再開すると、歩行や階段の上り下りの際に痛みが出て再受診したところ

『成長痛』と診断。

「成長痛なので、痛みの出ることはしないでください。」医師からの指示。

治療としてアイシングやリハビリを半月程受けたそうですが・・痛みが全く変わらないそう。

困って、当院ご予約くださったとのことでした。


母 「成長痛と診断されたのですが、膝下が腫れて凸ッと出ているので、オスグッドだと思うんです。」


※成長痛とオスグッド病の決定的な違い
 オスグッドには骨の変形が認められる。運動などで同じ動作を繰り返すことによって
 症状が悪化することも成長痛との違いである。(パピマミ/健康管理より抜粋)


実は、私の整体の場合、病名・症状名はそれほど気にしていません。

なぜなら、実際に痛みや症状が起きている原因をお調べして施術しますので
参考までにはお聞きしますが、名称にはあまりこだわる必要がないのです。

また、失敗して悪くなるということも一切ないからです。(安心安全です)

今回、なぜ右膝だったのか?

・スポーツ(サッカー)の際、利き足での負担
・1年前に右足首骨折
・1ヶ月後に同じ個所を2回捻挫

以上の点も踏まえて、関連する筋膜、靭帯、腱等を調整

さらに、内臓反射痛も少しあり、内臓強化調整


母 「明後日運動会なんです。明日も応援の練習で体を使うんですが大丈夫でしょうか?」

ピンポイントで患部を強く押すとまだ少し痛みがあるようですが、
動かしても屈伸しても痛くなくなりました。

私 「ではT君、ちょっと表に出てダッシュしてみよう。」

なんと、T君は思いっ切りダッシュできましたダッシュ後も、膝をかばう様子無し


私 「今、回復に向かっていますので、おそらく一晩経てば押しても痛くなくなると思います。」

万一、痛みがまだ出た時はお時間をお取りしておく旨伝えしました。


運動会が終わった3日後にお電話があって、

母 「痛みが出ませんでした!とても状態が良いようなので様子を見させてください。」


成長期なので仕方ないと言われた右膝関節炎症は、こうして無事に終息しました。

これにて、一件落着


ストレッチや骨盤矯正でも良くならない【オスグッド】は、ロイヤル整体院
お任せください!
b6244159889d29c7a73a2cf7b747048d_t.jpg




今週の1枚
北町に先月グランドOPENした “いきなりステーキ” 
休日のランチに行って来ました。


20180913_182248.jpg
さすがに、平日でも満席回転の人気です。
ランチメニューの中から『ワイルドステーキ300g』を注文。
スープ、スモールサラダ、(大盛)ライス付きで1390円(税抜き)

写真は、HOTステーキソースを注いだ後。ジュワー!
次は、もっと厚くて柔らかそうなリブロースかサーロインを食べたいですね。

本日これまで!また来週。


ロイヤル整体院ホームページ http://royal-therapy.net/
今週もURLを1回クリックご協力をどうかお願いいたします。 byセラピスト佐藤

オールハンドの小顔の元氣屋の動画をyou tube にアップしました。
こちらもぜひ、ご覧くださるようお願いいたします



posted by セラピスト佐藤 at 19:59| 山形 ☁| Comment(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。