最近の記事

2018年08月10日

カルテNo.347 『3年前からテニス肘、1年半前から五十肩、とどめに?今年から腰痛になった女性!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今週は、台風ウィークですね。

毎週のように目まぐるしく変わる天候ですが、
皆様、体調管理には十分に注意したいですね!


本日のご依頼は、

「右腕がテニス肘と五十肩です。あと、腰痛で立って動き始めと仰向けが痛いんです。」


体のあちこちの痛みでお困りなのは、お近くにお住いのR様(50代女性)です。

タイトルにありますように、3年前から病院🏥で次々診断名が付いたようです。

主な治療は、湿布薬だったそうで

痛みは、まったく解決していないとのことでした。


私 「テニスをやっていらしたのですか?」


R様「いいえ、全然。仕事でマウスを使って肘を曲げている時に痛くなります。」


私 「五十肩と診断されたという右肩はいかがですか?」


R様「なんか右肩が下がっている感じがするんです。肩関節もカクッと鳴るんです。」


右腕を挙げてもらいますと、確かに挙げづらそうで痛みもあるようです。


私 「腰は、どこの部分がどのように痛いのですか?」


R様「椅子から立って動き始めと、仰向けで寝たり寝返りで痛いです。」


腰の右側に痛みが出ているようです。


数年前からの痛みの症状である点と、同時に3ヶ所の痛みを取る点から

1回で、全ヶ所の完治は難しいであろうことをお伝えし、腰から施術に入りました。


左右の脚長差も出ていますが、骨盤の歪みがありますので自称『完全・骨盤調整』
完全に整えました。
 ⇒いつも痛くなる動作をしてもらった所、痛み無しでした。

脳反射スキャンで、『テニス肘』の原因をキャッチ。


私 「肝臓からの反応がありますね。心当たりは?」

R様「お酒は好きで、量は少しですが毎日飲んでいます。」

「そうですか。休肝日を持った方が良いかも知れませんね。」


ひどい痛みは出なくても、3年間も治らないのはそういうサインかも知れませんね。


続けて、『五十肩』と診断された右肩は “右後頭部の血流障害” (病気ではありませんが)が、
原因となっているとキャッチ

以上の調整と関節部の微調整を行って

私 「肘は、いかがですか?」


R様「あっ、曲げても痛くないです!」


私 「肩はどうでしょう?挙げられますか?」


恐る恐るゆっくり挙げてみます。

R様「あっ!挙がります!カクッとも鳴らないです。」


これで、テニス肘五十肩腰痛 を、ひと通り駆け足で施術して痛みが消えました。

しかし・・・

長期間かかっている症状は、ケガで言えば『傷口(きずぐち)』が深いわけですから

経験上、たった一度で全て消えるとは限らないものがあります


事実、2週間後

R様「肘の痛みは出なくなりました。腰は、痛みが少しありました。右肩は、前に伸ばすとボキッと鳴ります。」

肘はOKでした。

腰は内臓の疲れからの原因、右肩は右後頭部の原因が後戻りしていたので調整

さらに1週間後のご来院時では、全て解消していました。(後戻り無し)

この日、残った時間で子宮下垂小腸下垂を見つけましたので正しい位置へ。
また、肝臓・大腸機能アップ調整を行って終了しました。

これで、R様3年間のお悩みの症状は全て消失しました。


ご本人にとっては、あまりに早く解決してしまい呆気にとられた印象でした。

早過ぎたかな・・・。



今週の写真館
何年か振りに、家族で鉄砲町のやきとり店『備長扇屋』
行きました。


20180806_141929.jpg
私は、盛り合わせ7種を注文。
この他にも色々堪能させていただきました。
たまにはイイね



20180810_124536.jpg
この夏、大人気でこのアイスの製造が間に合わず
どのお店でも売り切れに
女房が、たまたま近くのあるスーパーで見つけて買ってきました。
さっぱりして美味しいですね本物のレモンスライスも入っていて
大人気な理由が分かりました。(笑)



20180806_142009.jpg
おしゃれなイヤリング

実は、すべて娘が創作したものです。
お友達にも大好評ということでした。
こういう才能があるのかな?


本日これまで!また来週。












posted by セラピスト佐藤 at 14:58| 山形 ☁| Comment(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。