最近の記事

2018年04月28日

カルテNo.336 『眠れない!眠れない!それでも、薬を使わずに眠れるようにして欲しい!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


桜の季節も過ぎて、そろそろGWですが、
今年は、いきなり夏日や真夏日になり驚かされましたね。

しかしそれよりも、あのトランプ米大統領が金正恩委員長をべた褒めしたり、また
金正恩委員長が韓国大統領と手をつないでのあの笑顔には、もっと驚きました。

(なんか、いつの間にか日本だけ蚊帳の外?)

もし各国首脳の友和ムードが皆本心なら、
日本の拉致問題もこの機会に解決に向かって欲しいものですね。



さて、本日のご依頼

「不眠症で、3日ぐらい眠れない時もあるんです。治らないでしょうか?」


こうおっしゃるのは、H様(70代男性)で、当院に数回来られた娘さんの運転
遠くの町からご来院くださいました。

事前に、娘さんからお話を伺っており、一度お連れくださるように話していたのです。


不眠症2ヶ月前から始まったそうですが、これまでの経緯をお伺いしました。


H様「今年の1月に誤って除雪機が後ろからぶつかってきて、目の前の壁に顔をぶつけて鼻骨を骨折しました。1週間入院して落ち着いてきたので退院しました。その後、風邪をひいて不眠症になってしまったんです。」


その他、体に関してH様からお聞きしたことは

・50代に心筋梗塞の診断で血小板を抑える薬を一錠服用中。
・4年前に頸椎ヘルニアとMRI検査で診断された。(頸椎5番と6番の間で左側)
 それが原因で左手指3本が痺れている。


私 「不眠症の薬で、睡眠導入剤など出されていませんか?」


H様「安定剤を出されて1回飲んだら、夜中凄い悪夢を見ましてそれから飲んでいません!」


私 「Hさんは、あまり薬に頼りたくない方なのですね。もう一つ質問ですが、事故の時の
   恐怖心や心的ストレスなどは今もありますか?」


H様「それは、ないです。」


私 「そうですか、分かりました!」


そうお聞きして、
H様不眠症は、事故そのものによる精神的な緊張・ストレスからではなく
骨格や内臓など肉体的なトラブルが原因して起きている可能性が高いと感じました。


ここからは具体的に原因を絞っていくために
脳反射スキャンを開始しました


本日これまで!この続きは来週に。

posted by セラピスト佐藤 at 02:40| 山形 ☁| Comment(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。