最近の記事

2018年03月23日

解決編! 『痛い!顎関節トラブルが何をやっても良くならないのは理由(わけ)がある‼』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

前回の続きです。

初めてご来院Y様『お悩み』は、頻繁に起きる顎周辺の痛みとそこから起きる頭痛
どこに行っても良くならない。

また、左の前腕に少し痺れ(しびれ)もあるそうで左手の親指を
握ろうとしても力が入らない

このような症状が同時に起きているのです。

一見、『別々の原因・症状』に思えるかも知れません。

前者は、「歯科・口腔外科。」
後者は、「整形外科を受診してください。」と、普通は言われることでしょう。

実際に、Y様は歯科医に診てもらいマウスピースを作ったり、湿布、
また、「血流悪いのが原因?」と、漢方薬まで服用しています。
しかし、回復の兆しは見えていないそうです。

今はとにかく顎の痛みが、一番気になるとのことです。


(「どちらも同じ左側に出ているこの症状パターンは・・・」)


脳反射スキャン
で、Y様の体から発する情報をキャッチしていきますと

原因の発生個所は、
『左脳の後頭部』の脈管機能に負担が掛っているようです。

きっと仕事かプライベートで、
何らか心に不安や緊張があり、それに起因しているのでしょう。

骨盤の狂いもありましたので、そこを精密に調整を行い、

左脳・後頭部のトラブルの調整施術を行いました。


私 「Yさん、いかがですか?変化ありませんか?」

Y様は、左顎に手を当てながら


Y様「・・・痛くないです。(??)」

私は、足だけで調整していますから。
を一度も触っていないのに(何故?)

痛みが無くなったので、不思議という表情をなさっています。

Y様「こめかみ辺りの痛みも無くなりました。」


実は、この調整で既に肺にも空気が充分取り入られるようになります。
そのため、酸素がすべての細胞に行き渡りますから、
筋肉のこりが解けるように引いてしまいます。


お帰りの際に、
私 「そう言えば、左手の親指はどうですか?しっかりと握れると思いますが。」


Y様「あっ、握れます!力がしっかり入ります!」


これにて、本日のご依頼、一件落着

また来週!



今週の写真館 休み
posted by セラピスト佐藤 at 16:52| 山形 ☁| Comment(0) | 顎関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。