最近の記事

2018年03月01日

カルテNo.332 『来月臨月の妊婦さんの絶不調!・・・今回まとめてセラピーする‼』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


2月も終わり頃、嬉しいご報告がありました!

当院へいらしてから約1ヶ月後の体外受精で妊娠されましたK様、
妊娠おめでとうございます
本当に良かったですね!どうぞ、お大事になさってください。 


さて、
本日のご依頼は、臨月近い妊婦の方(M様30代)です。

ちょうどその時、私が電話☎を取りましてご相談内容をお聞きしたところ・・・


「今、妊娠9ヶ月で、歯と歯茎(はぐき)が痛いんです。」


腰痛も、妊娠初期からずっとあるそうですが、それに加えて最近は
歯ぐきやあごも痛くて困っているということです。

確かに慢性的腰痛よりも、歯や歯ぐきの痛みの方が痛みが鋭い分、余計に気になると思います。


私 「歯医者さんには行ってみましたか?」

M様「はい。でも、虫歯も無くて痛い原因が解らないそうなんです。」

(だいたい・・・私にはピンときました。)


ご予約当日
妊娠9ヶ月のM様が、施術室に入っていただきました。

M様「以前にこちらに来たことがある従妹から『こちらの先生なら妊婦でも施術してくれるかも知れない』と聞いてお電話してみました。」


 「自己申告カルテを拝見すると、いろいろ不調があってお辛いようですね。」

・左側の歯と歯茎、左顎の痛み
・頭痛、頭重
・寝た気がしない、疲れが取れない
・立ちくらみ
・胸が重苦しい
・手足のむくみ、冷え
・頻尿(おしっこが近い)
・首、肩こり、背中痛、腰痛
・下痢しやすい

(この状態で出産するのではかなり大変だな・・・)

最初に、腰痛原因除去として骨盤の歪みを足だけで調整施術から。

腰痛の方はすぐ改善できたので、
主訴である歯と歯ぐき・顎の痛みの解消に移りました。

M様に痛む箇所の確認をしますと、左側の歯の上下共に『一番奥とその手前の歯』ということです。

親知らず(歯)は、左右上下すべて抜いてあるそうですから問題の歯は

左の上下6番と7番の歯です! 

しかも、最近その歯が1〜2本グラついてきているそうなのです


私 「そうですか、上手くいけばそのグラつきも止まるかも知れませんよ。」


この続きは、次号にて!!!

本日これまで!また来週。








posted by セラピスト佐藤 at 17:06| 山形 ☔| Comment(0) | 歯が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。