最近の記事

2017年12月09日

続編! 『初めてのご依頼! “脊髄空洞症” による痺れ(しびれ)は消せるのか!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

先週は、10年振りの快挙が起きました。

なんと!
不妊施術通院されている方のうち一週間に3名の方が妊娠されました

お一人は、5年前に通院して妊娠されたO様。今回は二人目を希望でしたが、
今回はホントにすぐの妊娠でした。

他のお二人は、9月初めから通院を始めた方々です。
A様は、二人目のお子さんを、もう一人のS様は初めてのお子さんを
妊娠されました。 

お二人とも、
乳汁ホルモンの分泌や片側卵管癒着、また子宮内膜症原因
ホルモン薬なしで排卵できないなど、妊娠しにくいと言われる条件の方たちでした。

それが、(なぜか?)3ヶ月のスピード妊娠でご本人たちが
びっくり!感動と喜びでした。

私も、今回の妊娠今年の目標15人を達成できました。
皆様、本当におめでとうございます


さて、前週の続きです。
『脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)』という初めて耳にする症状名ですが、

ご依頼くださったI様の2回目(約2週間後)の施術です。

私 「その後の痺れなどの経過を教えていただけませんか?」

I様「左腕のビリビリした感じは無くなりました。皮膚が突っ張る感じも無くなりました。」

私 「そうですか。では、残っているところはどこですか?」

I様「まだ左足周りの痺れと、顔の左側の痺れが残っています。」



早速、脳反射スキャンで調べていきますと

まだ脳内や心臓などの脈管の緊張からの影響(血流・神経)が、確認できます。

その為、肺機能にも影響が及んでいます。空気がまた吸いにくいはずです。

必要な調整をしますと、


I様「顔のピリピリが無くなりました。」

これは、痺れが弱くなったことを表しています。

次に、左足周りの痺れ➡骨盤調整と膵臓(すいぞう)活性化OK

(「これで、ほとんど消えたな・・・」)


I様「あのー、左のお尻の所が痛いんですが・・」


これは、I様が今まで痺れて感じなかった所が改善して、痛みを感じるようになったということです。

良い兆しと言えます。

坐骨のシステムエラー
をリセットしたところ、痛み消失

I様「あれっ?痛くない。大丈夫です。」


今回、2回目の施術も順調に進みました。
もう少し必要でしょう。



今週の写真館
今週は、毎年恒例の、鶴岡市の『居酒屋たかもり』のマスター高田氏と
菅ちゃん(昔、高田氏の部下で今友人)と仙台で忘年会でした。



20171209_201713.jpg
菅ちゃんが仙台を案内してくれるというのでお願いしました。
(昔、タクシー運転手も経験あり)
仙台パルコの裏のAER(アエル=会える)というビルの31階です。
「最上階が無料開放で、ただで仙台の街を一望できる!」と、得意げな菅ちゃんです。
(おじ兄さん達でなく、カップルの方が相応しいです。)



20171209_201832.jpg
でも、立派なラウンジがありました。
ここ最上階で飲む一杯のコーヒーは最高です




20171209_202209.jpg
定番の青葉城公園伊達政宗像。
中国人など外国からの観光客が多いそうです。
閉園間際でした。
以上!?

この後、夜の帳が降りると、
3人は国分町に消えていきました。


本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 21:14| 山形 ☁| Comment(0) | しびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。