最近の記事

2017年10月07日

カルテNo.316 『骨盤矯正では無理!? ブロック注射も効かない “しびれ” の謎を解く!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近、腕や脚・足の痺(しび)れで来られる方が増えています。

皆様、病院🏥で整形外科を受診されてレントゲン検査の結果


「骨と骨の間が狭くなって神経を圧迫しているから。」

「軟骨が出ていて神経に触っているから。(ヘルニア)」

という説明をされて、
痛み止めの薬を処方されたが、なかなか治らないと言う方が殆どのようです。

もし、
神経を圧迫していたり神経に触れているのが、痛みの原因だとしたら

痛み止めの薬で骨の間が広がったり、軟骨が引っ込んだりするはずないですから

問題解決しないということになりますが・・・いかがでしょうか?



「医者から『椎間板ヘルニア』と言われて、お尻と左ふくらはぎの痺れと痛みが治らないんです!」

こうおっしゃるのは、
以前ご来院したことのある娘さんの勧めでご予約くださったお母さんY様(40代)です。

本当に痛くてお困りのご様子が、Y様の表情から読み取れます。

これまでの経過を伺いますと

Y様「前から右のお尻は痛みが出ていたのですが、今年の2月から左のお尻の痛みと左足の痺れが出て、先月9月から痛みが強くなったのでした。」


さらに
Y様「最初の病院では、ブロック注射で痛みが少し軽くなりましたがその時だけでした。それで別の病院へ行ってみたらそこでは3日続けてブロック注射されて・・でも変わらなかったのであと行きませんでした。」


私 「そうでしたか、それは大変でしたね。でも、治療としてのブロック注射は効くはずだと思いますが、それがなぜ効かなかったと思いますか?」

Y様「??・・判らないです。」

私 「もしかしたら、原因が違うからとは考えられませんか?」

私 「Yさんの体のことを一番知っているのは誰でしょうか?お医者さん?旦那さん?お母さん?それはYさんご自身の脳です。例えばYさんの体を『会社』に置き換えれば、脳は社長です。『会社』のことは誰よりも社長が一番知っていると思いませんか?」


皆様は、『痺れ』というと『骨盤のズレ』を思い浮かべると思います。

確かにそれは間違いはないと思いますが、

骨盤調整(矯正)して取れる痺れであれば、『骨盤だけが原因だった』ということです。
しかし、実際は骨盤調整しても取れない『痺れ』は沢山あります。

Y様の痺れ・痛みの場合、私は直感的に「『骨盤のズレ』だけではない。」
と感じました。

それは、

・半年以上も強いしびれや痛みがある点
・ブロック注射が効かない点
       の、2点からです。

骨盤のズレだけが長期的原因の場合ですと、だいたいは鈍痛になって
しまっていることが多いです。

経験上、明らかに原因は内部が関係しています。

しかし、
今、病気になっているわけではありませんので、レントゲン血液の数値にも
おそらく異常値が出ませんから、医療機関でもなかなか判らないかも知れません。

では、この辺で早速、
Y様の体(脳)が訴えている原因解明に取り掛かりたいと思います


本日これまで!また来週。





posted by セラピスト佐藤 at 09:30| 山形 ☁| Comment(0) | しびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。