最近の記事

2017年07月26日

カルテNo.311 『超!意外な事実・・・出産後に母乳の出が悪いお母さんの本当の原因とは?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


記録的な大雨が近県では凄いですね。

秋田県に続いて今度は、新潟県にまで梅雨前線の影響で
大変な状況ですが・・

その間にある山形県だけ今のところ幸運にもほとんど災害が無く
本当に有り難いことです。
災害に遭われた方に於きましては、復旧が早く進むようお祈りいたします。


さて、
本日の2番手にご来院されたのは、約1ヶ月ちょっと前に
『背中から腰の痛み、頭痛』でいらした妊娠9ヶ月N様

カルテを見て思い出し、
「えっ、今日ってことはもう生まれてもいい頃のお腹?」

ところが、N様のお腹は、どう見ても臨月のお腹には見えません。

私 「え〜と、あれっ?妊娠中でしたよね?」

N様「はい。実は予定より2週間早く陣痛がきて出産したんです。」

私 「えっ?あっ、もう?早いですね。」

N様「それが凄い安産でビックリでした。3時間で産んだんです。上の子の時は、24時間かかったのに。もしかしたらこの前に受けた整体のお陰かと思って・・・。」

それは、きっとその通りだと個人的に思いますが、N様の本日のご依頼は?(骨盤調整と・・)

「母乳の出が悪いんです!」

その為、胸がバンバン張っていて痛いそうなのです。


(何とか、痛い胸に触れないで解消する方法は・・?)


脳反射スキャン法で、原因となるような負担が掛っているところがないか
調べてみますと、見つかりました。

それは肝臓です。
そこは体に摂取したものを、『解毒・分解・排せつ』の働きもする臓器です。

以前に、あるセミナーで学んだのですが

お母さんの体内の毒素が母乳に混ざって出てくると、赤ちゃん

防衛反応として乳首にフタをしてしまい(※赤ちゃんの唾液にその成分があるそうです)
母乳を出なくしてしまうということなのです。

読脳法の権威の伊東先生が赤ちゃんの脳情報を読んで
判ったことだそうです。

理にかなっていますし、驚きの行為ですね。

N様「そうなんですか・・そう言われれば赤ちゃんが泣きながらおっぱい吸っていました。」


毒素は食べ物からだけでありません。
『不安』や『不満』などの感情でも毒素が体に蓄積されます。

赤ちゃんには皆わかってしまうんですね。
ちなみに、N様に思い当たることが無いかお聞きすると、

N様「上の子をよく叱ってま・・す。」

イライラという怒りに近い不満があったのかも知れません。

ご自身のため、赤ちゃんのため考え直したいことですね。

肝臓調整をした瞬間にバンバンに張っていた胸がふわふわの胸
なったことにN様は驚きを隠せませんでした。

N様「えっ!?うそ!?」

さらに乳腺腫?のようなしこりが一部ありましたのでこれにも対応。

これでN様が今回ご依頼の『母乳の出が悪い』件は解決することでしょう。

大満足でお帰りになったN様でした。




今週の写真館
先週は、ヤマコービル屋上ビアガーデンにスタッフと
暑気払いに行ってまいりました。



20170722_173825575.jpg
昨年に続き一番乗りいたしました。
この日、前日までの天気予報では、
『曇りのち雨』
しかし、見事に雨は降りませんでした。(日頃の行いか!?)


20170725_194621.jpg
帰ろうと思ったら甘いものが食べたい方がいて
2次会まで。


本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 15:28| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。