最近の記事

2017年04月28日

祝!カルテNo.300 『日本に住む外国の方のご依頼!& 海外から帰国した方のご依頼!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今回は、『カルテNo.300号』を記念しまして、
お二人の方のご依頼をお送りします。

お一人目の方は、日本にお住いのパキスタン人女性です。

これまで、アメリカ人、オ−ストラリア人、ドイツ人、クロアチア人、
中国人
(あとは、え〜?)と施術してきましたのであまり驚かなくなりました。


「左を向くと首の右側が痛くて重苦しい!朝は右手に力が入らず指がないような感じがします。」

先月、

関東から当院へお見えになった中国人の方から当院のことをお聞きになって
ご夫婦で来られた奥様の方(S様)です。

ご主人の方は、日本に長年いらっしゃるそうで日本語が上手痛みのある奥様に変わって通訳してくださいました。


ご主人「もう一年前から痛くなって、病院へ行って治療をしてるけど良くならないんです。MRIも撮りましたしけど原因が分からず他の病院にも行ったけど変わらなくて、いつも「痛い、痛い。」というので困ってます。」

私 「そうですか・・一年も前から痛みが続いているとなると、かなりお辛いですね。では、早速検査しながら調整していきます。」


ずっと一年も痛みが続いているということは、かなりの難敵と予想されます。

事故などによる『外傷、内傷』が無いことがレントゲンMRI
既に分かっているのですから、あとは・・・

奥様の首や肩・腕を実際に手で触りながら確認していった後

脳反射スキャン法で、脳・体からの情報を読んでいきますと


すい臓、心臓、肺の右上、上行結腸からサインが出ています。
※病気のレベルではありません。病院の血液検査でも異常は見つからないのですから。

トラブルサインを消すための調整施術を行いました。

私が変化を質問すると、通訳してくださって


ご主人「少し楽になったと言っています。」

さらに
夜、寝ている時に寝返りすると腰が痛いそうなのです

(途中からご依頼が追加です。まさに内臓が関係している証拠と思いますが)

合わせて情報を読んでいき、

頸椎(首の骨)2番と胸椎(背骨)2番調整の刺激加えました。

その他、諸々の調整で寝返りできるようになりました。


ご主人「左を向いてもだいぶ痛みが減ったそうです。」

『朝に右手に力が入らない』というのは、明朝になってみないと実感がない
と思いますが、変化は間違いなく起きたと思います。

もちろん不調の期間や状態によって、施術回数回復期間は必要かと思います。




「先生、こんにちは!もうあちこち痛くて調子悪いから宜しくお願いします!」

お二人目の方は、ご結婚してイタリア在住の元山形県女性のK様です。

K様は、3年前に帰国なさった時に初めてご来院になり、数ヶ月前からあった
肩の痛みが一回で取れたことから、帰国の度調整に来てくださっている方です。


一年振りで、あちこち痛いということですが・・・

○右肩が痛い
○右膝が痛い
○左足の甲の違和感
(以前に捻挫して一応治って普段は痛くないが、体重を掛けるのが不安がある。)

短時間で良くすることが出来るかはその原因に依ります

脳反射スキャンで情報をつかんでいくと

右肩痛は・・・すい臓(食べ過ぎ傾向か?)
右膝痛は・・・肝臓(〃 〃と疲労)
左足甲の違和感・・・捻挫の後遺症(下行結腸と骨盤歪みと左脚のバランスなど)
同時に肺の空気も十分には入っていませんでした。(疲れが取れないです)

以上、約35分の施術で終了。(規定時間内でした。

K様「あー楽です! 痛みがない! あっ、体重もしっかり掛けられます!」  「うつ伏せに寝ている時、肺に空気が入っているのが分かりました!」

良い事づくめですね!!

先日はK様に勧められた友人もご来院くださいました。
ありがたいですね。


本日これまで!また来週からもお楽しみに!
posted by セラピスト佐藤 at 20:08| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック