最近の記事

2017年01月11日

カルテNo.292 『年初めは腕の見せ所か!?椎間板ヘルニアによる腰痛をその場で退治する!』の巻

新年 明けましておめでとうございます


今年は、雪もなく穏やかな年明けでした。

元旦に積雪がないというのは、私の記憶では19年振りです。

元旦から一週間以上も降ってもすぐ消えて雪が積もらないというのは
初めてではないかと思っています。

こうなると、「今年はいろいろ早く活動したいなあ。」と、ワクワク感があります。

昨年は、
当院に通ってくださった方で18名の方妊娠の喜びを得て頂くことが出来ました

これまでずっと順調ではなく、H14年、15年と妊娠件数が伸びなくなってしまい
悩み考えることが2年続きました。

それを越えて、昨年は過去最高人数となったことは大変嬉しく思います。

しかし、まだ未達の年間20人の目標までもっと研究が必要と感じています。

また今年は、累計妊娠100名を達成できる年でもありますので
この目標達成を励みに頑張りたいと思います。 


さて、今年初めのご依頼

「腰が椎間板ヘルニアで、最近また痛くなってきたんです!」



こちらのK様(30代男性)は、当院へ来てくださっている方からのご紹介です。

お話を伺いますと、
K様は、3年前に病院で『腰椎の椎間板ヘルニア』診断を受けました。

しばらく強い痛みが無くなっていたのですが、最近また痛くなってきたということでした。


その他に自己申告カルテにある症状は・・・動悸、下痢しやすい。

私 「ヘルニアの方がもし早く終わったら、動悸の方や腸の方もやりますね。」


立位の検査から始めますと
明らかに右肩が左肩より下がっています。ご本人にも鏡で確認してもらうと
びっくり(@_@;)

ベッドで左右の脚の長さの違いも確認してもらうと

K様「あれーっ?違う!!」


また腹部を軽く押圧すると、かなりの筋肉硬直があります。


私 「これでは、仰向けに寝ているだけでも痛いですね?」

K様「そうなんですー。」


脚はすぐそろいましたが、微妙な骨盤のズレが右の仙骨に残っています。

見た目だけでは判別できないようなズレも『脳反射スキャン法』
キャッチしているからこそ分かるのです。

通常の施術者には、難しいのではないでしょうか。


更に、ヘルニアの原因としてすい臓・肝臓・回腸の機能低下も影響していることをキャッチ!

ひと通り調整が終わって確認してもらいますと、

K様「あれー!?痛くないです。」


もう前屈しても後屈しても痛くないそうです。

しかし、私には後屈(後ろに反る)の時に納得いかない点が・・・

体の右上半身が左側に比べて縮み気味に後ろに反っていたのです。

(上半身になにかトラブルがあるな・・)



本人は痛くないとおっしゃっていますが、

続きは、次号にて!!



今週の写真館
今年は、一年の計画を立てたりしながら
家でゆっくり過ごした正月でしたね。



20170106_221916.jpg
ロングセラー元祖“天乃屋の歌舞伎揚”せんべいを
TV番組でやっていましたので久しぶりに買ってみました。




20170106_215404.jpg
皆様ご存知の通り丸いせんべいなのですが、
中に数枚『四角』のも(写真右側)混ざっているのです。
知っていました?
食べてみるとやはり、甘辛いものは止まらなくなりますね。

今年も『ロイヤル整体院 院長日記』をご愛顧のほどよろしくお願い致します!
また来週。


人気ブログランキングへ
新規登録しました。
どうかクリックをお願いします






posted by セラピスト佐藤 at 17:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。