最近の記事

2016年06月01日

カルテNo.272 『セラピストは゛脳内プログラマー”?妊婦の長引く腰痛の真の原因見つけたり!!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前週に続いて今週も、

直近の “腰痛事情” にスポットを当てたホットな情報をお伝えします


「一週間前から、右の腰が痛いんです!」


なんと、玄関から入って来る時から『腰くだけの状態』なのです

こちらの女性はK様(20代女性)で、もう妊娠8ヶ月という事です。


じつは、今年の冬にご主人と一度いらしていました。

その時は、立ち上がる時や中腰の姿勢の時に

仙骨部分(お尻の中央の骨)が痛むということでしたが、良くなって

それからは大丈夫だったようです。ところが、今回は何倍もひどいのです!


お腹にはほぼノータッチでさまざま施術しまして、ご来院の時よりは

大分ましになってお返ししました。


それから10日後
腰くだけではありませんが、ご主人といらして


K様「立ち上がる時と、中腰や寝返りの時に痛いんです。」


またまたいろいろと施術を行いましたが、6〜7割ぐらいでしょうか良くなったのは。


その後、ご主人の方の整体は順調に終わりました。

しかし、私には妊婦の奥様の方が気になります。


(「もっと良くなっていいはずなんだが・・・なぜ?」)


「まさか、Kさんも坐骨のシステム・トラブルが起きているのでは?」


脳反射検査法で調べてみますと、

ありました。K様には、『右坐骨のシステム・トラブル』が起きていたのです。

私 「だから、右腰に痛みが来ているんですよ。」


坐骨のシステム・トラブルが起きていますと、本来、イスなどに座った時に

坐骨が上に上がってくる仕組み(システム)になっているのですが、

それが上がってこないと、腰や股関節、背中、肩、首などに痛みが出やすくなるのです

さらに、パワーが足下から背骨に伝わってこないために背骨がピンとせず、

同じ姿勢が維持できず、立っているだけでも疲れるのです。



『右坐骨のシステム・リセット』
を実施。

※トラブルは坐骨に起きていますが、大元は脳内にあります。


私 「いかがですか?変化が判りますか?」


K様「はい、体がピンとしてしっかりしているのが判ります。立ち上がるのも、さっきより腰が痛くなくなりました。軽いです!」


こうして、回復のめどが立ちました。

さて、
この『坐骨のシステム・トラブル』があるかどうかは
ある程度ご自分で確認できます。

・固いイスに長く座るのは苦手。
・イスに座ると、すぐ脚を組みたくなる。
・お尻が痛くなる。
・イスに腰掛けるよりも正座の方が楽だ。

「当てはまる!」と、お心当たりある方は・・・
調整したほうが良いかも知れませんね。

※これは、病気・症状ではありません。また、骨盤の歪み
 とも違います。何割かの方に、現象として起こっているようです。




今週の写真館
テレビ番組でやっていたのだと思いますが、
みたらし団子に豚バラ肉を巻いたのが、何とも
甘辛で美味しいんです。今回我が家で2回目です。



20160601171710.jpg
巻いてからフライパンで焼くのだと思います。
(女房作)
ちょっとこの写真の豚バラは脂身が多いので
少な目なのがいいですよ。




20160601171757.jpg
今、こんなコーラの自販機あるんですね!?
ちなみに・・・娘のやっているツイッターに回ってきた画像なので
どこにあるかは不明です。山形市内か?



本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 17:55| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。