最近の記事

2016年04月14日

カルテNo.266 『原因不明シリーズVol.5/スイッチが入ったように咳が続いて止まらない!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


東京のH様!念願の妊娠おめでとうございました!! 感動です。

『妊娠できました!』のお電話を頂きまして、本当にありがとうございます!

H様は、ご主人の転勤で山形にいらした時に不妊施術で1年以上通われていたのです。(大分頑張りましたね!)

お体には、お腹の痛い所も硬いところも無くなり・・


「あとは妊娠待ちの状態で、時間の問題だと思います。」と申し上げていましたが、

東京に昨年転勤で行かれて気持ち的にも変化があったのでしょうか、とうとう・・・

お電話では、もう妊娠6ヶ月ということでした。(ヤッタネ!)


さらに、当院へ通院で二人目をすでに妊娠されて臨月だったI様、

ご出産おめでとうございました(お一人目も当院でした。)

先月3/15に整体でいらっしゃっていて、3日後に出産したそうです。


これから赤ちゃんを望んでいる方、彼女たちに続いて頑張りましょう!



今週のクライアント様は、『咳が止まらなくなる』お悩みです。

「1年前から、急に咳き込むようになったんです。」



こうおっしゃるのは、お知り合いのご紹介で来られたK様(40代女性)です。


1年前に風邪をひいてからこの症状が出るようになったそうです。その前には

お体の手術もしており、その後から既にその兆候が出ていたようです。

ご本人のK様も「手術の影響」か「風邪の影響」か判らず、病院🏥でも、

アレルギー喘息(ぜんそく)の反応も出ず、原因不明のまま、

医者に出された咳止めなどの薬を服用しているが、

改善がみられていないということでのご来院でした。


1年も前から続いていて病院🏥でも原因がはっきりしない症状であってのご紹介ですから

最初から『脳反射スキャン法』で調べていくことをK様に伝えて始めました。

脳からの情報を筋肉からキャッチしていくと、

左右の肺の空気が、半分程しか入っていないという応えでした。

(※病気ではないのですが、そのような『現象』が起きています。)

つまりこういう事です。

半分しか入っていない肺の空気(酸素)

最初の1回の咳でさらに吐き出してしまうのですから、その後苦しくなって

スイッチが入ったように咳込み出してしまうのです。


多くの方の場合、強い緊張があったりした時に、
肺が空気を満タンに受け入れられなくなってしまう現象が起きるようです。

体内重力軸を調整して空気が肺全部に入るようにしてあげましたら


K様「あぁ〜気持ち良く吸えます!沢山空気が入っているのが判ります!」


入ればわかります
今まであまり吸えていなかったことも、何か息苦しさを感じていたことも。

さらに、長期の咳でのどが炎症気味で痛みがあったようですから、

これも頸椎4番の刺激が必要と検査でキャッチしましたので、施術を行いました。

K様「のどが楽になりました。」


あとは、この結果の経過を見て頂くことといたしました。




今週の1枚
山形市もがほぼ満開になってきましたね。
先日、霞城公園近くまで行ってみました。


20160414_152430.jpg
青空にが映えていました。
あー心が洗われる。



本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 15:19| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。