最近の記事

2016年03月24日

カルテNo.263 『原因不明の左腕が苦しくて震える!口が開けづらい!の2重苦から救え!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前回登場のA様から、『首痛と不眠』が良くなってきたのに続きまして

上記の、新たなご依頼をお受けしました。


症状だけお聞きになれば、皆様も 『自律神経系か・・』と一般的に言われるような
印象を受けるかもしれません。


元々をたどれば、病気・症状は『精神面の不安や不満』
少なからず関係していると思われますが、


その場合、そこから解決策を出すのは、その道のスペシャリストでなければ至難の業です。


私は心と体は一つという考えで、施術していますので体の方から変化させます。

実際に多くの方が、体が変わってくれば心も変わってきます


さて、
A様が左腕が苦しく震えてくるのは、座っている時と寝ている時
だけ
だとおっしゃるのです。

(これは、体の中からきているな・・)


腕を確認していきますと、確かに筋肉にもこわばりは起きていましたが・・

さらに、『口が開けづらい』訴えの原因も次々に脳反射スキャンで調べると、

左後頭部、心臓に脈管機能トラブルの信号をキャッチできました。


これに対する調整でこの場は解決。
次のご来院の時は、以前にも増して

A様「本当に、夜良く眠れるようになりました。」

と、喜びながらも不思議そうに話してくださいました。
ご本人にしてみれば、最初あれだけ悩んでいたのが、
来てみたらあっという間に良くなってきたのですから無理もないと思います。

しかし、次の時は

A様「夜に左の耳の中が腫れている感じと、今、左腕から脚までだるくて力が入らない感じがあるんです。」

検査すると、まだ心臓の方からのサインが出ています。


新たな別の調整を施すことで、A様もその場でだるさが消えたことを実感

ご安心したようで、調整は計4回で終了となりました。

お帰りは、笑顔でした。



今週の写真館
うちの庭の紅梅白梅です。


DSC_0016a.JPG
毎年4月頃になると鶯(うぐいす)がこの木に止まって鳴くのです。
なかなか風流でいいですよ。




20160324134956.jpg
東京のいとこから頂きました。
キャラメルクリームが、サンドされていてサクサクでした。
これが今、東京で流行っているお菓子のようです。




DSC_0014a.JPG
先日、スタッフの大原さんがご主人と『いちご狩り』に行って
イチゴのスコーンのお菓子のお土産を頂きました。
ありがとうご馳走様です。


本日これまで!また来週。













posted by セラピスト佐藤 at 20:00| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。