最近の記事

2015年12月03日

カルテNo.255『原因不明シリーズvol.2 /脳外科で異常なし!それでも消えない左半身のしびれ・だるさはどこから・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


転勤で、こちらに転居したお客様がおっしゃっていました。

「太平洋側の冬は、いくら寒くても明るい日差しがあるからいいけど
こちらは、曇りでどんよりした日が多くて体も重く感じます。」

気圧の影響は副交感神経を緊張させ、人によっては

頭痛や頭重の原因になったり、また気持ちもどんよりしてきますね。

私たちは、地上に住んでいていろいろな影響をきっと・・・



「手も足も顔も左半身の痺れとだるさが、ひどいんです!」



こうおっしゃるのは、
ネットで調べてご予約くださったH様(40代女性)です。

H様のこの症状が出始めたのは、1年前だそうです。


様子を見ていたところ、半年前から症状がひどくなって『脳外科』を受診したということでした。

いわゆる外傷は何も無いですから、

病院🏥では、脳のMRIを撮って調べられたわけです。


結果は・・

医師「MRIの画像からは、脳内に異常はありません。」

と告げられました。


しかし、H様の症状は相変わらずで様々な体のつらさがありました。

・頭が重苦しい(左)
・めまい、立ちくらみ
・胃がつかえる、胸やけ(5年前から逆流性食道炎と診断)
・咳が多い
・顔の左側に痺れ、痛み
・左を向くと首が痛い
・食事をすると、首が凝って重苦しくなる
・左手の小指の痺れ
・左ふくらはぎの痺れで寝返りしても苦しい

病院🏥で検査しても原因が解らない。

しかし、
果たしてこれら全ての原因は、心療内科的ものなのでしょうか?

その答えを見つけてあげなければなりません。

検査機器の画像に見えない原因は、本人の『脳』に聞くしかありません。


そうなると、『脳反射スキャン法』です。

からセラピストの方に情報が、『筋肉反射』や『波動』という形で伝わりますが

これは、かなりの訓練と経験がないとキャッチできません。


一般の方は、見たことも聞いたこともない検査法であり施術・調整法です。

だからと言って、すべての症状が1回で完全に消えるとは言えません。

しかし、多にして・・症状のひどい方ほど1回2回ですべて治らないとご不満のようです。

今までどこに行っても何も変わらなかった方が、実際に1回で大きな変化
起きています。良い変化があることは、今後の希望が見えるということです。

セラピストとしては、この快方に向かう現実を信じて頂きたいですね。

しかし、そのまますぐ安定できるかどうかは、

本人の回復力や生活習慣が関係・影響します。

それは、ごくごく当然のことです。

そのため、一般的には年齢も関係してきますね。(若い方は早い!)

さて、H様のこの症状ですが、
H様はどんな原因を訴えてくるのでしょうか?


本日これまで!また、来週。

今週の写真館
休館










posted by セラピスト佐藤 at 16:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。