最近の記事

2015年11月26日

続編! 『原因不明シリーズvol.1 /胃カメラには映らなかった“激しい胃痛の正体”を解明せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


いよいよ、全国的に雪の降る寒さになってきましたが

今週も体調管理して頑張りましょう


さて今週は、

医者でいくら検査しても異常がないのに

『激しい胃痛』が、定期的に起きて

大変な思いをされているM様(40代女性)からのご依頼の続編です。


脳反射スキャンで調べていった結果・・・

大元は、ハートへのダメージ(不安などによる強い緊張が原因のよう)でした。


これが原因で肺の空気が不足気味で、
特に左下肺には2割ぐらいしか入っていないようです。

皆さんも強い不安があった時、呼吸が浅かったり呼吸しずらくなった経験は
ありませんか?

過呼吸などの症状も、こういうことが原因と思われます。

肺の空気が少し抜けたりすることは、多くの方に見られる現象です。

病気というわけではないのですが、強いストレスなどにより
そういう反応が出るのが人間とも言えます。

左下の肺は、
ちょうど位置的に胃の辺りに重なってきますから
(※左肺は、上下2つに分かれています)
本人が胃の痛みと取り違えた可能性はあると思います。

なぜなら、肺の空気が抜けて痛みを感じるとは普通は聞いたことがないでしょうから。

また、
この激痛が、年に3〜4回。
およそ3ヶ月に1回の割合で起きるとお聞きしましたが、

M様は、営業のお仕事です。

目標や営業ノルマの大変な月と、痛くなる月が重ならないかお聞きしたら・・

やはりでした。

胃カメラやMRIに映らなくても、必ず何か原因はあるものです。


心臓のトラブルを調整したところ、何と

ガクガクして力を掛けられないとおっしゃっていた右膝

力を入れられるようになりました!! 

ただ、このまま安定するかは分かりません。

長年の症状ですから繰り返しの調整は必要と思います。
(10代のケガ〜手術後から)


しかし、良くなる希望の光は確実に見えてきたのではないでしょうか。



本日これまで!また、来週。










posted by セラピスト佐藤 at 20:13| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。