最近の記事

2015年09月24日

カルテNo.249 『男たちの悩みシリーズ! VOL.2「背中から首がいつも苦しい!」』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


秋晴れの中、『日本一の芋煮会』で3万人、『嵐のコンサート』で20万人と

東北が盛り上がったシルバーウィークでしたが、

皆様は、S.Wを満喫されましたでしょうか?猫


さて、本日のお題『男たち・・』シリーズでは、数少ない男性からの
ご依頼にも真正面からお応えする!本日第2弾!


一番の主訴は、

「2ヶ月前から、背中から首にかけて常に苦しい!」
「一日中、頭痛がします。」


こうおっしゃるのは、H様(40代)
当院のホームページやエキテン口コミをご覧になり、
ご予約くださったということでした。


昨年は、『喘息(ぜんそく)』と病院で診断されたとも
自己申告カルテにありました。


(「40才過ぎてから喘息?・・・」)



これを見た時、主訴の原因は私の頭の中で確信へとつながりました。ひらめき


私 「Hさん、いまさら『喘息』と言われたようですが、納得されたのでしたか?」

H様「いいえ、正直そんなアレルギーがあるとは思えませんでした。」


脳反射検査で調べると、

H様の、背中〜首の痛み・苦しさと頭痛の原因は、『肺』のトラブルと
いう情報をキャッチしました。目

左右の肺に、『空気(酸素)が十分に入らない』という体の現象が起こっていたのです。
(※詳しくは、ロイヤル整体院のHP(施術について)をご参照ください。)

そのため、
喘息の発作時のような『激しい咳き込み』が昨年起きていたのでしょう。

原因が分かれば、すぐ調整です。


私 「いかがですか?深呼吸しやすくないですか?痛みの確認も。」


H様「はい、息がしやすいです。空気が深く入ります。」


次に、ベッドから起き上がって、背中・首を確認されてます。


H様「あっ・・痛みがないです。大丈夫です。あー軽いです!」

決定

こうしてみますと、

少し前から、メディアで耳耳にする『大人の喘息』って、もしかしたら

「この症状なのではないか? 」

と、思えました。眼鏡


H様「先生、あと・・17年前に骨折した『右足首と甲』が、いまだに痛いんです。」


私 「後遺症ですね・・17年間もですか?」


私的には、こちらの症状の方が失礼ながら気になりました。初ですから。
たぶん、これまでどこに行っても良くならなかったのでしょう。ふらふら


私 「もしかしたら、何とかなるかも知れません。」


この続きは次号でexclamation×2




今週の写真館
私は、S.Wの2日間休みでしたので
久しぶりに高校の友人2人とゴルフに。(5〜6年振りかも?)



DSC_0008.JPG
ゴルフ場につく直前から小雨。もしや今日も雨ゴルフ雨たらーっ(汗)
ところが、40分位したら最高の天気晴れになりました。ε-(´∀`*)ホッ




DSC_0009.JPG
駅前の、はなの舞で2時間ほど飲みましたビール
刺身に力を入れているんですね。




DSC_0012.JPG
山形の南イオンに、株の優待券で暮らしているあの桐谷さん”がトークショーで登場。
娘が、写真カメラ撮ってきて欲しいというので。眼鏡




DSC_0014.JPG
松風屋の一押しexclamation&question豆腐プリンをごちになりました。わーい(嬉しい顔)



本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 12:01| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック