最近の記事

2015年06月03日

カルテNo.237 『手術はイヤッ!痛くなった人にしか解らない “かかと” 事情』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

腰痛・肩こり以外にも、日々さまざまな症状を
基本・手技のみで施術してお喜びいただいています。眼鏡


「走ると、右の踵(かかと)が痛いんです!」

こうおっしゃるのは、
私たちが日頃利用させていただく宅配をお仕事としているW様(30代男性)です。

お話を伺いますと、もうだいぶ前からということです。

私 「医者には一度行ってみられたのですか?」


W様「はい、踵骨棘(しょうこつきょく)と言われました。結局、治すには
手術しかないそうなので、それから行かずに我慢しています。」


踵骨棘(しょうこつきょく)とは・・・

踵(かかと)のやや内側部分から骨が棘(とげ)のように突出して
おり、足を最初に床へ着き始めた時が鋭く痛い病気です。
しばらく経つと鈍痛しか感じなくなり、足底腱膜炎(そくていけんまくえん)
とも言われます。

W様は、荷物をお客様へお届けするのに走ったりすることが多いようですから
鈍痛を感じることが多いそうです。


まず、両脚の長さを確認してみますと、

左脚が1cmちょっと長い状態です。ふらふら

私 「この事だけでも、いつも右足(短い方)に体重を掛けているはずですから
走れば踵への負担が大きくなりますね。」

そこで、右股関節の靭帯のゆるみと仙骨・腸骨のズレの調整等を実施。

W様「来た時より、だいぶ良いです。」



半月後
走って、かかとに体重が掛ると痛いということです。どんっ(衝撃)

調べますと、右の仙骨のズレが起きています。

前回は下半身の方に集中でしたが、この時は上肢(うで)なども
全体的に施術

立って、足を動かして確認していただくと

W様「来た時より痛くないです!」


1ヶ月後に3回目を実施ダッシュ(走り出すさま)


そして、
2ヶ月後の今回通算4回目

W様「ちょっと、空いちゃったんですが・・・」

見てみると、だいぶ我慢できなくなって来たようです。
脚の長さの違いが2cm近くあります。目

これでは、右かかとへの負担はかなりあると思われましたあせあせ(飛び散る汗)

私 「他のやり方を考えないと・・・」


最初にうつ伏せになっていただき、患部を押して確認しますと

W様「そこです!」

私 「痛いですか?」少し強く押してみますと、

W様「あ〜痛いです。無理です!」


今回は、手当て(療法)中心でじっくりとかかとの骨膜(こつまく)の異常
膝下の骨の内側の痛みを取っていく方針で進めました。


床に立っていただき確認してもらうと

W様「あー、いいです!かなりイイです!」

W様は、ニコニコ顔です。わーい(嬉しい顔)


その様子を正面から見ていますと、どうも右足首が左足首に比べて

外側に倒れ気味なのです。


私 「そうか・・これでは走っていると、自然にかかとの内側に負担を掛ける
走り方になってしまうんでしょうね。(何か方法はないか?)」


とっさに、W様の脳に
「右かかとに負担が掛りにくい走り方に自然になるようにするのは可能か?」

と、問いかけました。 答えは・・・「Yes!」

早速、その調整を行うと


W様「えっ!何コレ?痛くない!」 わーい(嬉しい顔)


足を動かしながらW様はもうニヤニヤ顔です。

廊下を駆け足していただくと
「えっ?えっ?」と。

さらにニヤニヤ顔が止まりません。ぴかぴか(新しい)

それは、かかとに負担がこない走り方、足の着き方に自動でなってしまっているからなのです。


って・・凄いですね猫



今週の1枚

以前から定期的に来てくださっている美容師の女性N様が今年独立して
美容室OPENされましたるんるん

お店の名前は、『Fleur(フルール)』
フランス語で花の意味だそうです。

南イオンの東側にある公園手前の道路から旨い鮨勘へ行く途中
右側にありました。外観は、一見普通の住宅です。が・・・




DSC_0993.jpg
玄関を開けて\(◎o◎)/!ビックリ。
海外?に来たような、錯覚exclamation とても素敵な 
“私だけのプライベート空間” 的雰囲気でした。
普通は、白を基調とした店内が多いと思いますが、さ・す・が。

既に女房だけでなく中学のまで利用させてもらっていますが、
も大絶賛exclamation×2!(^^)!
N様の趣向で
看板がとても小さいですが・・・貴女も探してみてください。
見つけた時の感動exclamationまさに隠れ家かexclamation&question

本日これまで!また、来週。















posted by セラピスト佐藤 at 20:54| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 足の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック