最近の記事

2015年01月14日

カルテNo.225『若い女性の、ウOチが間に合わなくなる!?から救出せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

本日は、春のような陽気で、まさに小春日和晴れという感じですね。

こう天気が良いと、気持ちも明るくなってきます。

明るく良い年にしたいですねexclamation


さて、本日のご依頼は・・・目

「あの、出産してからなんですが、便が間に合わなくなるんです!」


こうおっしゃるのは、東京から出産のために里帰りしたY様(23才)です。


Y様のお母さんも定期的に調整にいらしているのですが、

元々は、Y様がお母さんをご紹介くださったのでした。

最初のご来院時は、まだ21歳の学生で、あれから東京に就職してもう結婚出産

若い方のそのペースの速さには驚いてしまいます。


Y様「そのほかに、腰が痛くて前にも後ろにもいきづらくて
あと右肩が苦しいんです!」


どうやら、痛いどんっ(衝撃)ところが多いようです。


最初に、大便が間に合わなくなる症状あせあせ(飛び散る汗)ですが、こういうご依頼は正直初めてです。

解消できるのか!? 猫

まあ、大丈夫と思います。心配いりません。眼鏡

体の内部構造は決まっていますから、関係個所がゆるんでいるのでしょう。

原因個所を確実にとらえて修正・調整することが大事です。


骨盤隔膜
というところに異常がないか検査しますと、


私 「ここ痛くないですか?」

Y様「あ、痛いです。」

やはり骨盤隔膜がゆるんでいます。ついでに近くの尿生殖隔膜も調べると

Y様「こっちも痛いです。」


どうやら、こちらも痛いとなると生理痛もあったということになります。

Y様「はい!頭と腰が痛くなっていました。」


調整が終わると、検査個所の痛みは消えましたので
これで経過を見てもらうことにしました。


腰痛に関しての原因は、骨盤のズレだけではありませんでした。

よって、通常の整体院では初回で5〜6割以上の改善はむずかしいでしょう。

実際に、骨盤調整をして確認してもらいますと、
半分ぐらいは曲がれるようになりました。
それ以上は、いきません。後ろも少しだけでした。

ここからが、セラピストの真骨頂。

脳反射検査法で調べますと、空腸(小腸の真ん中部分)がお疲れなのでした。

ここを調整・活性化すると、

Y様「あっ、床まで手が付きます!後ろにもいきます。」


一件落着かexclamation&question


一週間後
Y様「トイレは大丈夫になりました!ありがとうございます。でも、立ち上がる時に今度左膝が痛くて曲げた時もです。あと、まだ右肩と右背中が苦しい感じがあります。」

左膝は、赤ちゃんを抱っこすることも影響はしているでしょうが、

調べてみますと、まだ空腸の疲労が出ていました。

(赤ちゃんのおっぱいを考えて無理して食べているのかな?)

右肩と右背中は、筋肉のコリがそもそもの原因ではなく

右上の肺に空気が完全に入っていない状況が起きていました。どんっ(衝撃)

調整すると、

Y様「あ〜入ります。!吸えます!」

これで筋肉の酸欠状態解消しましたので、苦しさが消えました。


これで、本当に一件落着exclamationですね。
東京でも子育てを頑張ってください。ぴかぴか(新しい)


本日これまで!また来週。






posted by セラピスト佐藤 at 18:33| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘・下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。