最近の記事

2014年11月05日

カルテNo.220『原因不明!!女優・奈美悦子が苦しんだ同じ皮膚病に挑む!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


ご存知の方いらっしゃるでしょうか?

あのテレビに良く出ていた女優の奈美悦子さんは、
10年前に発症した難治な皮膚病で長年苦しんでいたそうなのです。どんっ(衝撃)
(本も出版されました。)

その病名は、『掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)』


原因不明と言われる皮膚病です。

※奈美さんは、さらに関節炎も併発。


ネットで調べますと、下記の奈良さんという方も同じ病気にかかって
その闘病記を出版しているようでした。


私も初めて耳にした病気・症状でしたので、冒頭の一部をご紹介します。眼鏡



掌蹠膿疱症性骨関節炎(頚椎炎)
〜35日間の入院体験記〜  著者:奈良久志

「ショウセキノウホウショウ」(掌蹠膿疱症)という病気をご存知だろうか。

 最近、女優の奈美悦子さんがTVなどで闘病生活を明らかにしたのが、この掌蹠膿胞症である。

 手のひら(掌)と、足の裏(蹠)に赤い小さな発疹が次々とでき、膿疱になって破れ、破れてめくれた皮膚が角質化してボロボロと剥がれ落ちてくる症状の病気だ。
奇妙なことだが、手のひらと足の裏だけにしか症状が出ないので「掌蹠」という名前がついている。決して他人に感染する病気ではない。

 症状は周期性があり、出ては消える―を繰り返す。そして、やっかいなのは、この病気は原因が不明と言われていることである。治療法も確立されていない。
治療法としては、ビタミンHを補充する「ビオチン療法」が患者の間では有名だが、確立された治療法というまでにはなっていないようだ。
そのため、診察を受けた皮膚科医などからは「一生治らない病気」と宣告されることになる。



本日のご依頼の方は、この病気が発症したK様60代の女性です。

最初は・・


「お尻からふくらはぎにかけて痺れ(しびれ)があって、仰向けに寝ると腰が痛いんです!」


若い頃からが悪く、昨年生まれたお孫さんを抱いてからひどくなった
ということでした。がく〜(落胆した顔)


私 「では、靴下を脱いでベッドにどうぞ。」


K様「あの、先生。私、足が汚くて人に見せられないんです。」


私 「あ、全然構いませんのでお気になさらずに。」



靴下を脱がれると、足の底の皮が殆どむけていて赤くただれたような状態でした。


K様「先生、これ『掌蹠膿疱症』という皮膚病だそうなんです。手もほらっ。」


私 「えっ、しょうせきのうほう症??」 急いでカルテに記入。


K様「足の皮が皆むけているから、ピリピリして痛いんです。今年の1月から発症して、医者に通っていますが治し方が無いそうで、今ステロイドをもらって塗っています。」



私 「そうですか!腰の方は勿論やりますが、この皮膚病にもぜひ挑戦させてください。」


セラピスト魂が、燃えてきました。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


今回は、難治・難病に挑戦しますexclamation×2 猫




今週の写真館
最高気温も20℃を割ってきまして、いよいよ晩秋・・・



DSC_0741.jpg
紅葉がキレイに色づいてきましたねexclamation
(高速で仙台に向かう途中のパーキングにて)




DSC_0745.jpg
市内の公園の胃腸が、いや銀杏がまたキレイexclamation




DSC_0746.jpg
もみじ公園? ではないですが、
この時期はうちの庭もまあ・・ナカナカかな?
(お庭は、おじいちゃんの手入れが良い。)


本日これまで!また来週。

追伸!

10日配布・折り込み予定
11月号のフリーペーパーの、山形ヨミウリ『WAY(ウエイ)』

当、『咲顔の元氣屋』の広告で
キャンペーン期間11/9(日)までとなっていますが、

12/9(火) までの間違いです。(申し訳ありませんたらーっ(汗)

三日町店は、メンズ美顔(初めての方、お試し500円)と
イスズ店は、痩身スリムUPコース(初めての方、3回・10,000円)が

劇的にスタートexclamation×2

宜しくお願いいたします。






posted by セラピスト佐藤 at 20:48| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。