最近の記事

2014年10月22日

カルテNo.219『整体師も嫌がる五十肩を20倍以上のスピードで解決する秘密!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


本日は、少し肌寒いくらい気温が下がっていますね。バッド(下向き矢印)

これからは、一雨ごとに冬に向かうのでしょうか?猫

昨年は、年が明けてから雪雪が多かっただけに、

ぜひ、今年の冬は暖冬であって欲しいですね。毎年大雪は、さすがにキツイexclamation


さて、本日のクライアントの方のご依頼は・・・


「すみませ〜ん!右腕が上がらないんです。」


こうおっしゃるのは、50代になって間もないK様(女性)です。

以前に一度お目にかかったことがあります。(知人の知人)目


K様「2〜3ヶ月前から右腕がだんだん上げるのが辛くなってきて・・・。」


私 「何か痛くなるような心当たりがありましたか?」


K様「いいえ、特にないです。」


私 「自然に、いつの間にかということですね。そういうのを世間ではよく、五十肩というのですよ。」


お話をお伺いすると、どうやら医者には行ってないようです。
そのうち治るだろうと思っていたらズルズルと2〜3ヶ月経ってしまったようなのです。

医者に行っていないので、ピンと来ないような反応です。
(通常、病院で診察を受けて、ズバッと病名・症状名が付いてからご来院というパターンがほとんどなのですが・・)


この場合、病院病院へ行けば整形外科窓口の受付となります。

まずレントゲンを撮って

Dr.「う〜ん、骨や靭帯には異常ありませんね。これは、肩関節周囲炎(けんかんせつしゅういえん)で、いわゆる五十肩ですね。特に処置というものはありません。半年から一年ぐらいで自然に治ってくるのが一般的ですが、痛み止めとシップを出しておきますので痛い時服用してください。腕や肩を動かす体操のやり方の書いてある用紙も差し上げますので参考にしてください。」

診察を受けた方からの話ですが、大体このように言われたそうです。ふらふら

K様は、その他に胃潰瘍(いかいよう)、右腕の痺れ(しびれ)、
ふくらはぎの浮腫み(むくみ)、下痢しやすい、首肩の凝りの症状があるようです。


一番困っているのは、もうやだ〜(悲しい顔)
右腕を挙げようとすると肩が痛くて上まで挙げられない件ですが、

検査をすると、後ろに腕を回して挙げるのもつらいようです。

K様「下着(ブラ)をつけたり外したりも大変なんです!」


脳反射検査で、調べてみますと案の定、脳からの情報では
肝臓のトラブル(お疲れ!)と出てきます。

むくみに関しては、トイレにあまり行きたくならないそうで
ぼうこうに負担が掛っている関係で腎臓へも影響が出ているという答えです。

メインは、肩ですからこちらの方から調整を実施。


私 「はい、ではKさん、確認してみてください。」


K様は、上げるといつも痛いのでなかなか挙げようとしません。目
恐る恐る・・・

K様「あれっ?痛くない!挙がっていますよね!なんで?」

私 「しっかり上まで挙がっていますよ。」


K様「不思議・・・。腕も肩もさわってないですものね。」


根本原因・除去療法

きっと、あなたの脳も最善の方法を知っています。わーい(嬉しい顔)


K様は、この後二回いらっしゃって肩の細かいところまで痛みどんっ(衝撃)が取れていきました。

結果、再び趣味のテニステニスができるほど体が回復しましたので終了としました。


半年〜1年と言われるものが、2週間(3回)での施術でした。
眼鏡



今週の一枚
山形出身でドイツのバレエ団で活躍していた方が、お体の調整で
通院していらっしゃいます。
先日、一度ドイツに戻ってまた帰国の際にお土産を買ってきてくださいました。



DSC_0728.jpg
ドイツビールビール2種類とチョコレート。
ドイツには行ったことがないので、特に味わっていただきました。るんるん
大変ありがとうございました。(なぜか和梨も頂いたexclamation

本日これまで!また来週。











posted by セラピスト佐藤 at 20:37| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 肩の痛み・肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。