最近の記事

2014年10月01日

カルテNo.216『人の体の不思議!?ぎっくり腰後の長期痛みがスピード消失した理由(わけ)』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


ある著名な先生が、おっしゃっていました。

「病気、症状の原因のほとんどは医学的なものではなく、
不安や不満である。」
と。

実は、今年は東京でその先生から指導を受けていたのですが、

その後、毎日の施術の中でその言葉の意味を考えさせられることが多く

大変貴重な勉強をさせて頂いたと感じています。ひらめき


「相手の役に立ちたい」という心が、


相手の心にも響き、回復の力を起こさせるものなのだと、

今まさに『真のセラピー』の核心に近づいているところです。
いろいろ解ってきました。

これなんですね。
整体マニュアルでは、2割ぐらいしかなおりません。



「ぎっくり腰になってからイスにも座るのも大変なんです!」


こうおっしゃるのは、山形市から車で1時間以上かかる所から

ご来院してくださったS様(50代女性)です。


私 「それはだいぶひどいようですが、どのような事でそうなったのですか?」


S様「5月に、正座していてふと前の物を取ろうとした時に腰がギクッとなって、
次の日は、立った時に今度は腰の右側がカクッとなってからなんです・・・。」


私 「そうですか、ギクッとなったんですね。それからどうされましたか?」


S様「それからは、整形外科に行って診てもらい『トリガーポイント注射』というのをしてもらいましたが、良くならなかったんです。鍼も通いましたが、その時少しいいだけで痛みは良くなりませんでした。」



最初、股関節からお腹の状態(硬さ)を調べていくことに方針を決定。

「脚の長さの違いは、思ったほどないな」と検査をしながら進めていくと

ソケイ部(脚の付け根に近い部分)に少し硬さが確認できました。


そこを施術すると、もう楽になったような感じでした。

S様の体の緊張が、ほどけたような気がしたのです。
そのような息づかいになりました。


念のため、脳反射検査法で調べてみますと・・・

(ぎっくり腰は、なぜ起きたのだろう?)


どうやら、
当時、心臓のトラブルが関係あったようです。でも、今は出ていません。眼鏡

(あれっ?「もう腰は痛くないって」脳は言っているな。)



私 「あの、もう腰は痛みがないのではないですか?」

Sさん、スっと起き上がって


S様「はい、痛くないです。」


ベッドの横に立ち上がって確認してもらうと、

イスに座れないほどと訴えていらしたのがうそのように
痛みはほとんど消えていました。モバQ

心臓のトラブル防止の調整はこの後行いました。

施術が終わってから、

なぜ良くなったのか、この施術の説明をしていると

S様の口から、実は、20年前に心臓に症状があって治療したことを
教えてくれました。(やはり、トラブルの下地はありました。)

また、

S様「きっと良くなると思っていました。これまでどこに行っても良くならなくて
娘といろいろ調べて先生のHPを見つけた時は、『ここだ!ここしかない!』と
直感しました。予約した時からこの日が楽しみで、きっと先生の神の手で良くなる
と思っていましたので、今日まで痛くてもあまり気にならずに過ごせました。」

このような方もいらっしゃるんだなと、私も感激しました。わーい(嬉しい顔)


まさに、冒頭でお話しした

「病気、症状の原因のほとんどは医学的なものではなく、
不安や不満である。」

不安が消えると、調整も浸透が段違いに速く結果に表れるということを
証明したような内容でした。


心から信じるって・・・凄いですねexclamation

そろそろ、赤ちゃん妊娠の方が出てもイイですね。

それには・・・猫exclamation&question

そうなるように、私も頑張ります。眼鏡



本日これまで!また、来週。







posted by セラピスト佐藤 at 19:50| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。