最近の記事

2014年08月06日

カルテNo.210『胃下垂だと得なのか?太りたいのに、太れない男性登場!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


沢山食べるのに、太らない。それどころか、やせ気味だという不思議。

うらやましい話にも聞こえますが、本当にそうなのでしょうか・・・目


本日ご依頼


「胃下垂を直してもらえませんか?」


こうおっしゃるのはS様で、医療関係のお仕事をしている20代男性です。

お話を伺いますと、

S様「以前は、80kgあったんですが、その頃から比べると20kg減ってしまい
それからは、食べても太れなくなってしまったんです。食べると下腹が出て、人に聞くと
胃下垂だから太れないんだと言われたので、お願いしたいのですが・・・。」



なんと、1〜2年前から食べる量を増やしているそうなのです。ダッシュ(走り出すさま)

私も、20才の頃痩せていましたのでお気持ち解りますが、
S様も男だから、がっちりした体型への憧れ、
周りから少し逞しく(たくましく)見られたいわけです。


仕事柄、患者さんを持ったりする時など、見た目がひょろひょろなため

不安がられたりすることもS様の悩みの種なのです。ふらふらさらに猫背気味猫でもあります。


さて、胃下垂だから・・・太れないのでしょうか?

もしそうなら、なぜ胃下垂なのでしょう?


セラピストの見解はこうです。

胃下垂は、一般的に上半身が痩せていて筋力の弱そうな女性に多く見られます。

そのため、胃を吊っている膜が弱い(インナーマッスルなども)のに、
小学生頃から食いしん坊の方が多いようです。どんっ(衝撃)

このため、胃が拡大し下の方に垂れ下がってしまっているので
食べる気になると、沢山入ります。

そして、食後に下腹がでるのです。
沢山食べられるのと、お腹の調子は別のようです。眼鏡

また、胃腸が弱いと認識している方が多く、下痢気味の傾向。

食物の栄養の吸収力が弱いので、当然太れません。

そのため、食べている割に疲れやすく体が弱い傾向にあります。
(燃費が悪いということか。)

S様も沢山食べているのに、手足には冷えがあるというのです。


私 「今までの経験では、太りたくて悩んでいた方は1ヶ月で3kgぐらい増えています。Sさんの希望が叶えられるよう胃下垂の改善だけでなく、総合的に原因を調べて良くしていきますね。」


早速、原因を調べ始めると、食べ過ぎによる影響なのでしょう。

小腸に不調があると出ました。しかも小腸でも、空腸と回腸です。

回腸では、造血もしていますからここのトラブルは、冷えの原因になっています。

さらに、ベッドに寝た状態で左の胸が右に比べて低くなっているのが見て解ります。

これも調べると、左上のには空気が2割しか入っていないようです。

胃下垂上げも実施して、すべての調整が終わると、

S様「あ〜呼吸がしやすいです!体も温かい!!」

起きてベッドの横に立っていただきますと、猫背が無くなっていますexclamation

1週間後
私 「あれっ、顔つきが変わりましたね。姿勢も。(精悍な感じになっているのです)」


S様「そ、そうですか!?職場の人からは、『姿勢が良くなったね!』と言われるんです。」


私 「体重増えていませんか?」


S様「1kg増えました。あと、胃の位置が上がったみたいです。食べても下腹が出ないんです。」


私 「そうですか!順調ですね。イイですね。」


小腸・大腸にトラブルがあると、太りたい方が太れなかったり

痩せたい方が、痩せられなくなります。

いずれにしても、食べ過ぎふらふらをいじめないようにすることが大事です。ひらめき



今週の写真館
当院HPへの8月のアクセスは、
小顔になりたい方、O脚矯正に興味ある方が目立っています。目

O脚矯正コースを受けている方の直近の写真をご参考までに。




IMG_5019のコピー.jpgIMG_5032のコピー.jpg
左がビフォー写真、右が2回目終了時のアフター写真。
30代の方ですが、経過良好です。(計6回で終了予定)

体が柔らかい若いうちが、特にチャンスexclamation×2です。


本日これまで!また来週。












posted by セラピスト佐藤 at 12:58| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃が調子悪い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。