最近の記事

2014年02月12日

カルテNo.192『ダンスがうまく踊れない・・・かも!? 長年の捻挫後遺症に挑む!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


「交通事故に何度も遭って体が歪んでいるので、なおして欲しい。」

と、しばらくの間通っていたT様。


昨日、生理が10日位遅れていて病院へ行ったら「おめでたです!」と。


「妊娠してて、びっくりした!」と、驚きと喜びの声を頂きました。ぴかぴか(新しい)


脚の長さもですが、胸部も左右で高さが違って(捻れ)いまして
確かに歪みがありました。がく〜(落胆した顔)

不妊でいらしていたのではありませんでしたが、整体で通っていたことで
出来やすい条件がそろってきたようです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

時々このような方がいらっしゃいます。眼鏡

喜んでいただいて光栄です。T様、本当におめでとうございました。わーい(嬉しい顔)



さて、本日のクライアントの方は、

「捻挫(ねんざ)で、体重が掛けられないんです!」


こうおっしゃるのは、40代女性のK様です。

K様は、ダンスの先生をなさっているそうですが、ご職業柄でしょうか?

15年前左足首を捻挫して、5年前に再び同じところを捻ってしまい
それからというもの時々痛むということです。


ちなみに、整形外科病院には2年前に通ったそうですが、レントゲン結果
骨には異常がないということで湿布を処方。

段々行かなくなったそうです。


現在は、体重を掛けなくても鈍痛がある状態で掛けると痛む。どんっ(衝撃)

ここ数年、各地のマラソン大会に出ることが趣味だそうですが、このままでは
次の大会で不安が残るということでのご来院でした。


検査しながら施術を進めますと、
足首だけでなく、やはり太ももや特にふくらはぎにはかなりの痛みが
確認できました。ふらふら


腱や靭帯を調整していくと、冷たかった足が温かく変化してきました。目

血流が良くなってくれば、次第に回復していきます。

最後は、圧を加えても痛くなくなりましたので、

私 「では、立ってみて体重をゆっくり掛けて確認してください。」

恐る恐るドコモポイント左足の外側に体重を掛けていきます。


K様「あっ!大丈夫です。体重掛けられます。痛くないです!」



一週間後

K様「先生、痛くなかったので走りこんだり仕事でだいぶ使ったら、また少し痛くなってきました!」

病み上がりにいきなり動いたという感じでしょうか、
5年も(最初は15年前)前から続いている痛みですから、加減も必要です。あせあせ(飛び散る汗)

今度は、違う施術のやり方も加えてみました。


K様「はい!イイ感じです。」


この前より良いようです。これが、大会の2日前でした。ダッシュ(走り出すさま)
ぜひ、完走できることを祈っています。猫



今週の写真館
2月8日からの大雪雪雪で首都圏は混乱模様。
山形にも、しっかりの積雪でしたね。

今年初めて、除雪機『ユキオス』くんの出動でした。
ユキオスくんは、思ったより非力で水分多い雪だと
重くてすぐ押せなくなり、先日の軽い雪ではキャタピラが滑って
しまい、いまいちでした。眼鏡




DSC_0433.jpg
確かにあれば助かりますが、もう少しパワーが欲しい・・・exclamation×2




20140210073622.jpg
中学1年の娘が家の庭に製作した『リラックマ』
日曜日に、作ったらしい。上手exclamation×2
中学になってもまだこういうのを造るところが
お茶目でGoodexclamation手(チョキ)


本日これまで!また来週。











posted by セラピスト佐藤 at 21:13| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 捻挫(ねんざ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。