最近の記事

2014年01月15日

カルテNo.189『女医さんの憂鬱(ゆううつ)を・・・解消します。』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨年のブログで、

「今年の冬は、おおむね暖冬+ゲリラ豪雪」

予想した通り、今年になっても雪雪が少なく例年に比べても
『暖冬』と、言えるのではないでしょうか。イイ感じですね。るんるん



さて、本日のご依頼は

「左肩が、重いんです!」

こうおっしゃるのは、〇〇科の女医さんです。

女医さんは、お二人目です。

うれしいです。わーい(嬉しい顔)

いえ、女性だからということではなく
病院病院へ勤務されている先生が、整体院へ足を運んでくださることが
うれしいのです。


それは、民間療法である整体も認められ始めた証拠だからです。目


昨年いらっしゃった一人目の方は、

「いつも下半身がだるい」 という症状でした。


検査しますと、ソケイ部でリンパ(液)の滞留がありました。がく〜(落胆した顔)


その原因の一つと思われるのは、『着圧ストッキング』です。


「えっ!? 着圧は、脚がむくまなくなって良いんじゃないの?」


という声が聞こえてきそうですが、


それは、
「履いている時であって、脱いだら一気にむくむ脚になります。」

ある時、不妊で通院している女性の脚がむくんでいたので
びっくり!
(私は、常々浮腫まない脚にしてあげているのです。)


お聞きしてみたら、

良いと思って先週から着圧ストッキングを履き始めたというのです。(メーカーの方には、少々失礼ですが・・)

整体の時は、ストッキングを脱いで頂いていますので、
まもなく浮腫み始めたのだと、すぐ判りました。

続ければ、自分でリンパを流せない脚になってくること間違いなし。どんっ(衝撃)

メーカーも抜け目ないもので、『寝る時用』まで販売・・・(24時間履かせるのか?)

異常の、いえ、以上の内容でした。



今回のお二人目の女医さんの悩みは
左肩です。

お話を詳しく伺うと、2年前から左肩を動かすたびにコリコリと
音が出るように。また、左肩周辺が重いということでした。あせあせ(飛び散る汗)


治療としては、湿布を貼っていたそうですが、
もうそれでは追いつかないような状態なのでしょう。

左腕は、重そうで上げるのが辛い状態でした。


また、首・肩のこり以外にも背中や足の冷えを感じているようです。

これは、明らかにこちらの女医さん(Mさん)のお仕事内容に原因があると
ピーンときました。


お体を調べていきますと、骨盤のズレはもちろん。
検査していくところほぼ全てに圧痛点(押すと痛い箇所)が分布しています。


全体的に解消してあげますと、


M様「あ〜、上がります!カラダ全体も軽くなりました。」

大変お喜びくださいました。わーい(嬉しい顔)

2年前からのコリコリする違和感は、一度でほぼ解消してしまいました。


もう一度施術すれば、完全解消し安定してくるのですが、

お忙しい中、我慢できなくなっていらっしゃったのでしょう。

それからは、今のところいらっしゃっていません。



M様、山形の患者さんのため、ぜひ頑張ってください。猫


本日これまで!また来週。

今週の写真館
お休み












posted by セラピスト佐藤 at 21:02| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 肩の痛み・肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。