最近の記事

2013年09月05日

カルテNo.179『膝痛の前に腰痛あり!これが整体施術のセオリー』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


一口に『膝痛』と言っても、どういう状態なのかはその方によって千差万別。目

のどこが痛いのか、(ご年配の方は比較的内側が痛い方が多い)どんっ(衝撃)

歩くと痛いのか、何もしなくても痛いのか、モバQ


正座は、できるのか、できないのか、痛みの度合いは強いのか、まだ弱いのか。


ざっと、考えてもこれぐらい皆さん違いがあります。猫


テレビCMTVを見ていると、すべて膝軟骨がすり減ったのが直接原因のようにして

視聴者の購買欲をあおってきますが、そのようなことはありません。



『グルコサミンとコンドロイチン』て、そんなに効くのでしょうか? ー(長音記号2)


使ったことがないので、何とも言えませんが・・・

あの大げさなCMからすると、私的にはどうも怪しいですね。



そのようなことで、
今日のお題は、5年物の、もとい! 5年前からの『膝痛』の方の登場です。


「両膝が、動かすと痛いんです!」



こうおっしゃるのは、お隣の宮城県〇〇市からお越しのY様、60代の女性です。


そもそもは、娘さんがO脚矯正で通院されていて

ご自分の母親が膝痛で辛そうなのを見かねて施術の依頼を受けました。



お話をご本人からひと通り伺いますと、

5年前から、両膝が痛み始め病院病院で検査の結果

「変形性膝関節炎(へんけいせい・しつかんせつえん)です。」


と医師に診断されたそうです。ふらふら



私 「そうですか。では、どんな治療を受けましたか?」



Y様「ヒアルロンサンの注射です。痛くて嫌なんですけど、定期的に通院している間は
毎回その注射と、痛み止めの薬をもらうだけでした。」




私 「ヒアルロンサンですか。膝痛の方に、よく聞きますね。
潤滑を良くしようということのようですが、体内に吸収されてしまいますから一時的なもの
なのでしょうねぇ。」




5年前から治療に通う度に注射を打ってきて、痛いままなのですから

皆様は、どう判断しますか?ドコモ提供


私 「膝の水は抜いたりしましたか?」



Y様「いえ、水が溜ったことがありませんでしたので抜いていないです。」


これは、幸いです。ひらめき


水が溜っている方が、注射針などで抜かれると膝の変形が進んでしまうのです。


Y様は、水が溜ったことがないというのですから、条件は良いです。



では、施術開始ですexclamation


歩いたり正座するどころか、動かすだけでも痛い状態とのことですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)



結果は?? 次号を待てexclamation×2






今週の1枚
DSC_0338.jpg
気になるラーメン店。(ラーメン好きだなぁ
大野目の交差点角の『きかん棒』に来店。
おススメ『きかん棒醤油ラーメン』を食してきました。
魚系のダシも効いたダブルスープか?

味にインパクトは、いまひとつないが、
意外にこういうラーメンが2〜3回食べるとクセに
なることが私にはあります。


本日これまで!また来週。  最近は食べログexclamation&question









posted by セラピスト佐藤 at 20:56| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。