最近の記事

2007年03月29日

カルテNo.4 骨盤矯正の巻

こんにちは、セラピストの佐藤です。

先週は、女房と娘がテレビ番組のエンディングに出た話で終了しましたが、前々から予約して決まっていたわけではありません。

すぐ出たい方、その手順、方法を知りたい方はホームページから質問メールをください。こっそりお教えします。

本日のクライアントは、H様です。

「出産してから、骨盤が広がって体型が変わってしまったんです。」

お伺いすると、出産前に比べ、出産後は骨盤が横に広がってしまって鏡で見ても明らかに下半身の体型が変わってしまったと。

これを治して欲しいという『骨盤矯正』のご依頼です。
人によっては『骨盤調整』と呼ぶ方もいらっしゃいますが、内容的には同じです。

骨盤はお腹の赤ちゃんが大きくなるとともに恥骨結合が緩み、お尻の仙骨もゆがむことで骨盤が広がることになります。その為、産後の骨盤は緩みきった状態になってしまいます。

通常は徐々にもとに戻っていくと言われているわけですが、赤ちゃんを産んでない方でも、日々のご自分の生活習慣や動作の癖などが原因でゆるみが出ている方も沢山いらっしゃいますようにきちんと戻らない場合も当然のように出てきます。

このような状態で何年も過ごされると太りやすい体質になったり、腰痛など痛みを引き起こす原因になったりします。

また、骨盤が広がることでお尻に脂肪が付きやすくなることもありますのでご注意を。

まず、骨盤の上下のゆがみを見ますと、右側が左より高く傾きがあります。

足の長さは、右が左より1cm長い状態。股関節部分のゆるみによって右足が長くなり、それによって右の骨盤が持ち上げられているわけです。

足がゆるんで長くなっている側の骨盤がそのまま下にスライドするように下がるとは限りません。

その他からだ全体にも痛みや疲れるとつっぱり感が出てくるということで全体の施術を行いました。

施術を終えて・・・、


H様「体がすごく軽いです!あ〜気持ちいい。」

痛みも、だいぶ軽減したようです。

その後、着替えを終えて更衣室から出てきたH様、開口1番。

H様「あれー、ジーパンがゆるいんです!」

私 「はい、(カイロ的な矯正はしませんが、)あれで骨盤矯正はもうされていますから。骨盤のゆるみが直ってもう締まって小さくなっていますよ。」

  「ただ、生活習慣が明日から変わるわけではありませんから少し戻りが出ると思います。少し通われて安定させることが大事ですね。」


来た時きつきつだったジーパンが、帰りはユルユルでさらに痛みも改善し、施術効果を実感して頂いたH様は大変ご満足のご様子でした。

次回のご予約を頂戴しました。ありがとうございます。


posted by セラピスト佐藤 at 15:12| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。