最近の記事

2013年08月08日

解決編!『寝不足の悩みを解決せよ!・・・夜間頻尿の正体は!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


8月5・6・7日のイベント山形花笠音頭も、雨が多く特に昨日は、踊り手の方もずぶ濡れ
の中、頑張られたようで幕を閉じました。雨


梅雨明け宣言しても雨は多いし、空は雲が高く秋の様な気配もあり6月ころから
暑かった分、短い夏になるのでしょうか? 目



さて、前々週の続きです!

この前は、
私自身まで、夜間頻尿に見舞われてしまったというところで終わりました。あせあせ(飛び散る汗)

夜、飲み会などで遅くまで飲んだ時は、1回ぐらいトイレに起きることは

どなたにも経験あることと思いますが・・・


3回起きるとどうなるのでしょうか?ふらふら


「眠いです。」眠い(睡眠)

寝た気がしないとはこのことで、2時間半おきぐらいですから


こんなのが続いて本当に困りました。  「夜、飲んでいないのにな〜」



しかし、ある日この悩みは一気に解決に向かったのです。



休日、八文字屋さんで手に取った本は、脳科学の本でした。

いえ、そんな学術的な難しい本ではありません。


しかし、最新の脳科学で発見されたことが記述してあったのです。



夜間頻尿を解く鍵は、『バソプレシン』という脳ホルモンだったのです。


これは、脳下垂体から分泌されるホルモンで別名、


『抗利尿ホルモン』と言われるものです。いわゆる膀胱に尿が集まるのを


抑える働きをしているホルモンと言えばわかり易いでしょう。


年齢とともに、このホルモンに限らず分泌が少なくなってくるのです。


お年寄りは、夜のトイレが多いのは良く聞く話ですね。逆に幼稚園児など

小さい子のおねしょも、このホルモンがまだ余り分泌されていないのが原因という

ことでした。


「これは、使えるぞ! 天からのお導きか!?」


早速、その日の寝る前に自分に施術してみました。脳下垂体に働きかけ

『バソプレシン』分泌を促進。期待の結果は?


OKexclamation×2



ちょっと古いけど、織田裕二のものまねの

「キター!!」


あまりの嬉しさにそんな感じでした。


これを夜間頻尿で寝不足のI様に使ってみたわけです。


翌週にお聞きすると、その夜から朝までぐっすり眠れるようになったということです。わーい(嬉しい顔)


整体に来た方で、同じ悩みを持っている方(40代)にも施術したところ、

「先生、朝までもつようになりました!」と、大喜びでした。ぴかぴか(新しい)


何歳の方まで効くかどうかは分かりませんが、51歳までは効きました。


申し遅れました。


私、セラピストは51歳ですから・・・ 猫






今週の写真館
これは、8月4日(日)AM8:30の山形市の空を撮影カメラしたものです。




DSC_0310.jpg
こんな見事なうろこ雲を見たのは、何年振りかも知れません。

気味が悪い感じがしましたが皆様はいかがですかexclamation&question
この日4時間後、震度5強の地震が宮城沖で発生しました。がく〜(落胆した顔)




DSC_0312.jpg
別の角度からも撮ってみました。
秋の雲らしいです。ひつじ雲とはこの雲のことですか?




本日これまで!また来週。







posted by セラピスト佐藤 at 21:25| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 頻尿(ひんにょう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。