最近の記事

2012年02月15日

カルテNo.141『百聞は一見に如かず!貴女のからだを最高の状態にする・・・」の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


当院では、奥様が整体を受けてから「ぜひ、主人にも!」と、紹介くださる方が多いです。わーい(嬉しい顔)

本日は、この逆でご主人から奥様をご紹介くださいました。




「実は、先月に初出産した妻が・・・」



奥様のご予約をくださったのは、昨年から定期的にご来院くださっているF様です。

この度は、お子さんのお誕生、本当におめでとうございました exclamation×2


しかし、分娩に時間が掛ったそうで奥様の股間節が出産後に悲鳴あせあせ(飛び散る汗)を上げてしまったようです。

あまりの痛さに力が入らず歩けなくなってしまい、

退院してからもかなりの痛みが残ってしまったという状況です。ふらふら



F様は、奥様を思うあまり、すぐにでも施術をという申し出でしたが、


『産後の肥立ちが良くないと・・』 という言い伝えがあるように、


最低1ヶ月は家にじっとしているべきだと言うのに私も賛成です。グッド(上向き矢印)

また、一番痛いどんっ(衝撃)盛りでいらして頂いても必ずその場で痛みが取れるとは限りません。バッド(下向き矢印)

元の状態に回復させるのには、一定の安静の時間が必要な場合がございます。


しかしながらご本人も早く元どおりになりたいというお気持ちもありまして・・・

そんなわけで出産からちょうど1ヶ月経った本日のご予約となりました。



奥様「日にちも経ちましたので、当時よりだいぶ痛みは無くなったのですが、やはりまだ
   左脚(あし)を開くと股関節と恥骨が痛いです。座るとお尻も痛くて困っています。」


ちなみに、病院では恥骨が開いていると言われ、骨盤矯正ベルトで締めてみたが、
効果がなかったので止めたという奥様のお話でした。


自己申告のカルテからは、その他の自覚症状として 

1、時々耳鳴りがする 2、間食する という程度でした。



(自覚症状が少ないなぁ。他にも凝りや痛みがあるはずだが・・・)



施術はまず最初に、

股関節をどのくらい開くと痛いのか、恥骨まわりの靭帯等の弛み具合など検査してみた結果、
激痛まではいかないので直接法で施術することにしました。



私 「Fさん、お体が5〜6才ぐらい若返りますよ。 え〜、そうすると20代前半かな?」



奥様「!?(えっ、うっそー?)」

という感じです。


比較できるように痛い方の片脚だけ施術します。



私 「さぁ〜どうですか?」  私が、脚をもって動かしてみます。



奥様「軽〜い!!(何したの?)」



再び、股関節を開いてみると大きく開きました。

でも、ほんの少しまだ痛いとおっしゃるので微調整。



奥様「あっ! 開きます! 痛くない!!」



お顔を見れば分かります。驚きと喜びの連続となったようです。ぴかぴか(新しい)

きっとこの時、なぜご主人が定期的に通われるのか判ったはずですね。



腕の施術に移ろうとすると、


奥様「両腕とも腱鞘炎みたいで痛いんです。」



あらら、出てきました exclamation 一番痛かったのが無くなって他の辛かったところを思い出し始めたのです。

赤ちゃんの抱っこなど育児から発した痛みかも知れません。

まだ時間はとってありますから、施術して痛みを取りました。



次に背中側の施術に移ろうと、うつ伏せになってもらうと奥様、もぞもぞしていらっしゃいます。 exclamation&question


私 「どうしました?」


奥様「胸が痛くて苦しいんです。乳腺症気味なんです。」



私 「それもやりましょうか?」


奥様「えっ、あっ?これって良くなるんですか?」


私 「はい、沢山やっています。」



結果は、もちろんご想像通りです。決定


実は、良くなるだけでなくバストも上がるんです。奥さまもご自分で確かめてさらにビックリです。



私 「次に骨盤を正しい位置に締めながら、お尻を小さくして上に上げますね。」


お尻に手を伸ばしてもらい確認してもらうと、


「えーっ!」 と、大喜び。揺れるハート


立ちあがってみると、が丸まっていた姿勢も改善して鏡で確認。


奥様「あれっ!?変わった!」


私 「姿勢が良くなって、身長も伸びてますね。」



感動と喜び一杯のロイヤル整体の奥義を、本日は存分に味わってもらえたようです。 るんるん


でも、まだ引き出しは沢山ありますよ。わーい(嬉しい顔)


なぜなら、セラピストは毎年進化しているからです。 目


本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 21:10| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恥骨の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。