最近の記事

2011年11月30日

続編!『女子高生の時から!?10年腰痛解消の依頼!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前回の続きです。20代女性K様の腰痛は、最近起きた軽いものではありません。ふらふら

それは10年物の腰痛で女子高生の時から発症しているのです。

この間、色々な所を回られたそうですが、たぶん表面のコリや痛みしか取れなかったのでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)




1回目の施術では全体を検査しながら行いましたが、骨盤のズレがひどく・・・

いわゆる『ぎっくり腰状態』で長年生活してきたのだと思います。どんっ(衝撃)


どんな症状も同じだと思いますが、K様も痛くて我慢していたのでしょう。
でも、これが続いて慢性化してくると、鋭い痛みは感じなくなってしまいます。
痛みは奥へと入って蓄積されて、『鈍い痛み・重苦しさ』となってくるものです。

それは毎日感じていたと思います。

それに加えて小さいころからの『胃痛』です。あせあせ(飛び散る汗)

2回目の施術の最初は、胃下垂の改善も含めた『内臓アップ』グッド(上向き矢印)から開始しました。

胃痛があるということは、私の今までの経験から

このほとんどの方は、胃が下がっています!



「ストレス性、神経性の胃痛でも?」


はい、そうです。



「なぜ?」



なぜなら、いずれの胃痛の方もお腹を検査したら胃が下がっていた事実があったからです。


そして、

その下がっている胃を本来の位置に上げて差しあげたその場から痛みが消えていきました。目



小学生のころから食べ過ぎ傾向のある子、痩せ気味で筋力の弱そうな子は、
その頃から胃が下がっているようです。

通常、そのまま大人になりますので自然に回復・改善することは難しいでしょう。

胃が大きくなって下がっているのですから容量が大きいため大人になってからも

その大食い傾向は変わりません。でも、このほとんどの方は胃腸が強くないのです。

それはおそらく、ご本人的には体質的なものと思っていることでしょう。



常々、上腹部に違和感や痛みがあるK様の、胃下垂内臓下垂を『奥義』にて上げました。

するとやはり、



私 「Kさん、お腹の感じはどうですか?」


K様「苦しくないです。軽くなりました。」


私 「違和感や痛みがまだありますか?」


K様「いえ、とても楽です。」るんるん



次に腰の奥に硬くなって腰椎や骨盤をズレさせている原因の筋肉群靭帯等を正常に回復させました。


その結果、やっと2回目にして両脚がピッタリ揃いました exclamation


確認に、しゃがんでから立ち上がっても、またを回しても全然今までのように痛みや
違和感が出ないと絶賛です。


ただし、腰痛もそれまでのご本人の生活習慣などの結果ですから、安定させるためは
その期間が長かった方ほど必要と言えます。あと何回か続けてもらうこととしました。


ちなみに3回目では、腰は多少の戻りが出ていました。

の方は、とても調子が良いということでした。わーい(嬉しい顔)




さて毎日、神経も細やかに使う肉体労働のため体調管理で定期的に通ってくださっているT様が


「父親も施術して欲しい。」


ということで、施術してさしあげたら体調が良くなりました。グッド(上向き矢印)

その様子を見たT様のお母さんが、「私も施術して欲しい。」


ということで引き受けたその予約の当日です。



お母様「実は、私・・・『子宮脱』なんです。」




(「出っ、出たexclamation 師匠の話では聞いていたが初めての『子宮脱』 exclamation×2」)





本日これまで!次週ご期待ください。 猫


posted by セラピスト佐藤 at 20:24| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。