最近の記事

2011年08月10日

続編!!『整体は力にあらず!?クライアントは・・・スーパーヘビー級』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


『山形・花笠祭り』も終わると、もうすぐお盆です。


お盆はゆっくりお休みできる方もいれば、


「この期間が超忙しい!」



と、言う方もいらっしゃるわけです。特にレストラン飲食店関係はそうですね。



晴れ暑いほど忙しくなりますが、前回から登場のクライアントF様も後者の方にあてはまる方です。





「ギャーッ!」



「ウォーッ!」



「フゥー。」



院内にF様の悲鳴exclamation&questionと、安堵の溜め息がくり返し響きます。目


スーパーヘビー級といえども、横にしてしまえば体の大きさで圧倒されることはありません。 猫


それにしましても、これぐらいお体が苦しいどんっ(衝撃)状態ですと、やさしい施術ですら

声が出るのも無理がありません。



カルテでは、お腹の上部にも違和感があって、胸やけや吐き気

ここ2週間あるということでしたが、確認すると上部はもちろんのこと

腹部全体のリンパの流れが滞っているようでした。ふらふら



また、胸まわりを検査した際には鋭い痛みが出ていました。たらーっ(汗)

首、腕、胸の痛みとなれば、


私 「Fさん、以前にムチ打ち(症)になったことがなかったですか?」


F様「あ〜、車に後からぶつけられたことがあります。でも7〜8年前になりますけれど・・・。」



胸が締めつけられるようになっているのが分かります。

これでは呼吸も気持ち良くできないと思われます。これは、まさに事故の後遺症と言えます。


頭の重苦しさもそれが大きく原因しているでしょう。

胸の痛みを取ると急に呼吸が深くなってきました。グッド(上向き矢印)



「あ〜、息が楽です。先生。」



に移りますと、効き腕である左腕の特に肘付近が激痛です。ダッシュ(走り出すさま)



「ウォーォーッ!」



何度となく雄叫びを、いや悲鳴を上げたことでしょうか。あせあせ(飛び散る汗)


しかし、紹介してくださったT様に聞いた事がありますが、

痛みに耐えて声を上げるのも実は・・・案外悪くないということでした。


要するにそれはそれで気持ちがいいといいますか、

「痛みに耐えている自分に酔ってしまうところがある」と、いうことらしいです。


どM?


いえ、いえ、それも分からないでもありません。所詮、男は耐えて生きる物。


私も経験ありますが、声を出した方が確かに痛みは紛れますよね。ー(長音記号2)



そんなこんなで、こんなに体中が痛く苦しい人は久しぶりでしたが、F様の体がそれらの

辛い症状が取れてお体が整ってくると、体中の血行が回復し始めて足もポカポカに。

脚のむくみも次第に引いてきて気持ち良くなったようで眠ってしまいました。眠い(睡眠)



10分程そのままにしてから



私 「Fさん、以上で終了です。ゆっくり起きてみてください。」


F様「あ〜、気持ちいい!こんな楽なの初めてです!」



あれだけの痛みを取っていったのですから自信もありましたが、かなりの成果があったようです。わーい(嬉しい顔)



F様「呼吸が、ら・く! あっ、鎖骨の痛みも無いっ!」


私 「お尻の方の坐骨神経痛の痺れ(しびれ)は、まだありますか?」


F様「えっ?あぁ、もうないです。」



私 「右側でしたか、歯の痛みは無くなっていませんか?」



F様、ふと右あごに手をやって


F様「あれっ!痛くないや。」



初回の施術としては、大成功と言えるでしょう。



1週間後

他の症状についてもお聞きしましたが、頭痛は起きず、2週間続いていた

胸やけと吐き気も消えたそうでした。


ただ、時期的にこれから更に激務

良くなりかけた肘など忙しさで完全には回復が追いつかない個所もあります。


仕事の合間を見て少し通院していただくこととしました。決定





本日これまで!また来週。



posted by セラピスト佐藤 at 20:41| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。