最近の記事

2011年06月01日

カルテNo.119『結婚5年の夫婦に奇跡! 平成23年妊娠ストーリー!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



「先生!ありがとうございます。おかげ様で妊娠しました!

赤ちゃんができました!」




妊娠報告のお電話をくださったのは、お車で1時間ぐらいかかるところから当院の

不妊施術で通院なさっていたN様です。



初来院から1ヵ月半でこのような感激をクライアント様と共有できたことは

セラピストである私にとっても 達成感と充実感 でいっぱいです。わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)


最初の彼女の状態を考えれば、決して楽な感じではなかったのですが・・・たらーっ(汗)



ホームページをご覧になってご予約くださったN様は、痩せ気味で大人しく

やや弱々しい感じさえする32歳の女性でした。


既に病院で4年半の不妊治療(人工授精含む)の歳月が流れていました。

また昨年ポリープが見つかり、子宮けいがん検査ではいつも再検査(経過観察)

というのも彼女には心配事のひとつであったに違いありません。ふらふら


自己申告カルテを詳しく拝見していくと、N様のお体の不調のご様子が目に浮かんできます。


めまい・立ちくらみは頻繁に起きており、動悸や過呼吸も時々あるそうです。さらに

数年前、仕事中に腰を強打してから腰痛も発生。

生理周期はバラバラで、生理の前か初日には下腹部に激痛が走り、

検査薬で排卵マークも出ないといった状況。

手足・お腹・腰と冷えがあり、尿の回数も多く夜中も2回起きる程。

便秘もあり、寒がり体質で疲れやすい。



正直これを拝見した時、このお体の状態でよく仕事ができるものだと感じました。目


さすが女性は強いというべきか・・・私なら同じ状況で耐えられるだろうかと。


それだけに何とかN様をこの不調から、生まれ変わったような最高のお体に変える

必要があると強く感じました。


それでなければ、とても妊娠まで持っていくことはできないでしょう。

それは、約5年間の治療を続けても赤ちゃんができなかったことが物語っています。



お話を伺うと、病院での治療で使用されるホルモン剤等々が彼女には合わないらしく

かなり強い副作用に悩まされ、それ以来怖くてもう絶対嫌だとおっしゃるのです。どんっ(衝撃)


当院に通院している他の方からも聞いたことがあります。

人工授精などした後、着床しやすいように体温を上げる注射をしてもらったら、

その後(妊娠ならず)高温のまま生理が来てしまい副作用でひどい体調不良にみまわれた

そうでした。 耳  (普通、生理は体温が下がってくるものですからね)



初回は、カウンセリングを詳しく行って、全体の状態を検査しながら施術していきます。


案の定といいますか、脚から腹部、上半身も手のひらで確認するだけで

痛いところのオンパレードです。ふらふら


しかし、それはむしろ彼女にとっては良いことかも。


なぜなら、それだけ体にまだまだ病院で解決されていない原因があるということですから。

これらの原因を私が消していけば必ず良い結果につながっていくという事にもなるわけです。グッド(上向き矢印)



施術が終わってみると、うれしそうな表情で るんるん


「あっ、軽いです!体がすごく楽になりました。」



そして・・・1週間後に、経過をお聞きしたところかなりの変化があったようです。

やや興奮気味教えてくれました。 まず、




N様「体重がこの1週間で何もしないのに1.5kg減ったんです!」



(おやおやこれは凄い!予想以上の変化が彼女に起きている。いいぞー!)


夜中のトイレも2回から1回にその日の夜から減ったそうでした exclamation&question




本日これまで!次週に続く・・・。


posted by セラピスト佐藤 at 21:35| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。