最近の記事

2010年11月25日

カルテNo.103『見極めよ!回復へのキーワードは心の鍵』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



本日のクライアントは、車の運転中に交通事故に遭いむち打ち症で苦しんできた方T様です。

T様は、明るく上品な40代の女性の方です。


T様はどのようにして事故に遭われたのか詳しくお話をお伺いすることから始めました。耳

大体の場合このお話の中にきちんと回復させるためのヒントがあるのです。


T様は今年の初夏、大きな道路を直進していました。そして交差点を通過中している時になんと、

対向車線から右折してきた車がT様の運転する車へいきなり追突してきたのです。がく〜(落胆した顔)

それもT様の座っている運転席の真横に。車(セダン)



私 「それは大変でしたねぇ。運転していたのは男の人だったのですか?」


この後の話が・・・驚きでした。ダッシュ(走り出すさま)



T様「おじいちゃんだったんです。でもその後続けて2回ぶつけられました。」



私 「その後2回? あー、車が中央分離帯の縁石か何かにぶつかって跳ね返ってきたのですか?」



T様「いいえ、それがそのおじいちゃん事故を起こして気が動転したのか・・・

一旦バックしたと思ったらまた突っ込んできたんです!しかも2回も。」
私 「ええっ!!?」



私は、一瞬言葉を失いました。(何かが乗り移ったのかモバQ??)


さらに驚くことに、そのまま加害者のおじいちゃんは逃走してしまい、未だに捕まっていないということでした。


(こんなことがあるんだなぁ・・)



それからというもの整形外科に行き『むち打ち症』診断を受け、痛み止め・電気掛け・マッサージで

約5カ月間過ごしてこられたのです。


当然ながら時間の経過と共に強い痛みは感じなくなっていきますが、これは体の奥に

入り込んでしまうからです。これは自律神経がそうさせると言われています。

あまり感じないように神経が働いてしまうわけです。


反面、重苦しい感じだけがいつもあり特に気圧の低い曇っている日などは頭痛も伴ってくるのが常です。

これは10年、20年経っても続きます。原因が取り除かれていないからです。

その証拠に首が自分の思う方向には痛みが出たりするため楽に動かせません。ふらふら


現代医学の治療ではまず困難と言わざるを得ません。

しかし、保険が効くのは病院整形や接骨院ですから当然行かざるを得ないでしょうし、痛み止めを飲み、

シップやマッサージを延々繰り返すことになることでしょう。

だからといって他の所に行けばどこでも良くなるわけではありません。


治療院巡りが起きないことを祈っています。



姿勢検査に入りますと、その立ち姿から両肩が水平とはとても言い難く、明らかに右肩が大きく下がっています。目



私 「Tさん、だいぶ右肩が下がっていますがこれはご存知ですか?」



T様「はい、主人に言われます。」



どうやら事故だけが原因ではないようでした。

前屈すると背中の右下の方が左に比べかなり盛り上がっています。左の肩甲骨付近も同様です。

大腿部(ふともも)を確認するとやはり筋肉が硬直気味です。



私 「上半身は細いですが、下半身太りぎみになっていますね。この硬さですと色々努力なさっても

ほとんど減らないと思いますがいかがですか?」




T様「そうなんです!良くお判りですね。」



痩身にもご興味がお有りのご様子です。痛みを取るだけではつまらないでしょうから

(実際は、5ヶ月も抱えている痛みを取るだけでも通常は大変なことでしょうが)

姿勢もスタイルも良くなり希望をかなえて感動していただきたいものです。ぴかぴか(新しい)

せっかくロイヤル整体院に決めて来てくださったのですから。



さて施術に掛かり左脚の痛みを取りますと



T様「先生、なんだか右脚(みぎあし)が少ししびれてきました。」



当然ながら左脚を施術していてまだ触っていない右脚が悪くなるわけはないのです。


ではT様は何故そう感じたのか?



私 「これは左右両方の脚に痛みがあったのが左側だけ良くなったので、相対的にやっていない方の

脚の痛みがより感じるようになったのです。」




骨盤も連動して多少動きますからその影響もあるでしょう。その通りに右脚を施術すると先程感じたしびれは消失してしまいました。


右腕を施術した後も



T様「左肩が急に重くなってきました!」



これもさっきの脚の場合と同様です。



私 「今、反対側も施術しますから。中には痛みが右から左に移ったと感じる方もいます。」



T様「はい、本当にそんな感じです。」



左右両側が苦しい時はそれでバランスが取れてしまっているので感じないものなのですが・・・。

ちょうど例えるなら、2軒の同じくらい生活が苦しい家があったとして、お隣が急に裕福になると

こちらが2倍生活が苦しく感じるようなものでしょうか?犬


首の施術も終わり全体施術も終盤、自律神経を整えようとする前に、



私 「ところで、先程のまだ捕まっていないおじいちゃんのことはどう思っていますか?」



T様「普段は忘れていますけど、頭痛がしてくると思い出してやはり頭にきますよ。」



私 「そうですか・・・。もしかすると私がいくら頑張っても

Tさんを完全に良くはできないかも知れません。」


私 「その憎しみの心があると、ケガからの回復を邪魔するのです。なぜならそれは、

もし完全に治ってしまったらその加害者が捕まった時に自分がどのくらい今までひどくてツライ状態

なのか真実味をもって訴えることができなくなってしまいますよね。だからです。」





T様「あぁ・・そうですよね。判ります、おっしゃっていることが。そういうことに成りかねないですね。」



私 「体と心の関係は本当に正直です。意図的でなくても潜在意識がそうさせてしまうことは良く

あるのです。この夏にもむちうち症で8ヶ月間も首が動かないという方も来られました。

ひと通りやってから心のストレスを取りましたらすぐ動きました。」



私 「ですから、許すことは本当に難しいですが忘れてしまって欲しいのです。それが結局早く

治って苦しみが無くなりTさん自身のために一番良いのです。私が今から忘れ去りやすく自律神経に

アプローチしますから。」



5分後。


私 「終わりました。いかがですか?」T様が起きて首を動かしてみようと試みました。



T様「あーっ!動く!! えーっ!後ろになんかずーっと動かなかったのに。」



私 「良かったですね。」T様「動く!動く!うそーっ、もう5ヶ月も動けなかったのに。動くーっ!」



感動の嵐です。こちらが涙が出そうになりました。たらーっ(汗)



私 「(5ヶ月間も動かなくて苦しんだんだ・・・それはうれしいよなぁ。)」



あとは何回か施術すればすぐ安定するでしょう。あれだけ差があった両肩も水平になりました。わーい(嬉しい顔)


かくして、また困っている女性を助けることができたセラピスト佐藤でした。




久しぶりの写真館


休みを利用して、岐阜県の山里で行われた


『視力回復合宿』


に参加してきました。目

私自身、眼鏡は不要なのですが、学生時代の猛勉強のため・・・(ホントかいな!?)

眼鏡なしで車の運転に必要な0.7の視力でぎりぎりなのです。


それは、緑の多い自然の中で大地の恵みの丸ごと食し日常生活から離れて過ごす2泊3日の

整体と視力回復をドッキングさせたユニークな合宿なのです。



IMG_1390.JPG
こんなのどかな所です。3日位いると確実にリフレッシュできますexclamation

北は私、山形から南は九州まで全国から集まるものです。人数制限もあり約12名、親子連れ

もありで人気があるようでした。


私は、2月参加の予定でしたが急きょキャンセルが出たようで今回11月の合宿に参加

出来ることとなったわけです。猫


IMG_1388.JPG
薄暗い林の中を通り、皆で『乙女渓谷』を目指します。






IMG_1389.JPG
小さい滝がありました。あせあせ(飛び散る汗)


参加者を飽きさせない多彩なプログラムで5段階〜10段階位の視力アップが可能のようでした。


私、セラピストも0.7 右斜め上 なんと1.2まで回復しましたexclamation 



帰ってきてからも少しの努力で維持、さらに向上できるそうです。

初めてお会いする方とも開放的になれ、人生に積極的になれる効果もあり

貴重な体験をさせていただきました。 

たまに目的ある旅行も心が洗われていいものでするんるん


IMG_1391.JPG
最後は皆でバンザイ。


本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 22:15| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。