最近の記事

2010年03月10日

カルテNo.79『セラピストは・・・サーファーの救世主!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。



先週は、まさに腰痛週間とでも言いましょうか、ぎっくり腰の方を始め、
前にも後ろにも曲げられない痛みのひどい方が続々と集中していらっしゃった週でした。

私自身か整体院から


「ここに来ると腰が良くなりますよ。」


という電波でも発信されているのかのような!?目

それをキャッチしてくださった方がHPを見たり家族や友人に聞いたりしてご予約をくださったのでは?


・・・本当に集中するのです。がく〜(落胆した顔)


膝痛の方が良くなると膝痛の方ばかりとか
(もちろん、知り合いでない方が多い)、

アトピーや喘息などアレルギーの方が続いたり。


んっ、?あーこれが(少し前に流行った)『引き寄せの法則』なのでしょうか!?



本日のクライアントA様も本当にが痛い会社員男性です。

A様は、当日にお電話をくださいまして、偶然にキャンセルが出た時間帯がありご予約をお受けすることができました。



「2週間前から腰が痛くて・・・」




お仕事が営業のため車の運転も大変多いということです。
(車の運転の長い方は腰痛の方多いです!)


後から聞きましたが、A様はサーファーだそうです。

中肉中背で筋肉もしっかりしている方で少し浅黒いお顔が印象的です。


サーフィンといえばこちらは中腰でバランスを取りながらのスポーツですね。

が悪くては、いくらお好きでも思うようにボードを操れないでしょうし、
それでは楽しさも半減。ふらふらバッド(下向き矢印)

もしかしたら、したくてもできない時が多いかも知れませんね。

そう言えば2日前もサーフィンをやっているという方がいらっしゃいました。


もしかすると、A様は前の方の友人では思いました。

喜んで帰られたので教えて下さったのかも。


さてA様に関しては、腰痛は慢性的にあったようです。

ここ最近に再びまた痛みが出てきたということでした。

現在の状態をお聞きしますと、

右腰から太もも前面にかけて痺れ(しびれ)があるそうです。

左の太もももには突っ張り感が出ており、

前には水平近くまで曲がるのがやっとという感じです。



私 「では今度右側に体を倒してください。痛みはどこにありますか?」


A様「あーっ!右のここが痛いです。」


右に曲げると右側に痛みが出ました。



私 「う〜ん、右ですか。Aさん、これは・・・ヘルニアっぽい痛みかも知れませんね。病院のレントゲンでは?」


A様「行ったことないです!」


通常、筋肉系の腰痛ですと、
曲げた反対側が伸ばされますのでそこに痛みや突っ張り感が出ますが、

反対に椎間板ヘルニアの場合は骨と骨の間が狭くなっているので曲げた側がより圧迫されます。


そのため、そこに痛みが出ることが殆んどです。

そして痛む側に坐骨神経痛が発生しやすいのです。

(腰椎近くの神経圧迫)

まさにA様の腰痛もこのパターンに当てはまるのです。そして、

太ももは勿論ふくらはぎがかなり硬直していました。


全体的に上半身下半身とも、痛みの箇所を施術しながら確認し、
痛みを取っていきました。

脚の痺れは、脚を回旋させて○○流施術で痺れを取ろうと思いましたが、

今日はダイナミックな施術ではなく(もしも痛いといけませんから)

この腰痛週間に発見した秘技とも言うべき

クライアントにまったく負担のかからない技術でヘルニア系の痺れにも試みようと実施しました。


ものの・・・数十秒後!



私 「どうですか?ここの痛みは?」


A様「痛くないです。」


私 「(やっぱり痛くない)では、立ってみてください。」


A様にベッドの横に立っていただき前後に曲がってもらいました。

立ち上がる時からあれっという感じでしたが、


A様「あーっ!曲がれる!痛くないっ。」


私 「今度はさっき痛かった右に曲がってみてください。」


A様は曲がってみましたが、まったく痛くないのです。あせあせ(飛び散る汗)

痺れもなくなっておりA様は、


「何したのーっ?」



無理もありません。



足をさわっただけでしたから。



実は、腰にはほとんど触れていないのです。


がく〜(落胆した顔)




私は痛いところを確認しただけだったのです。


腰痛週間は私にこの秘技を発見させるためにあったというのは考えすぎでしょうか?


私はこの道に入って思うのです。


偶然は無い、あるのは必然だけだ・・・と。

いささか江原っぽい終わり方で、

本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 16:11| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。