最近の記事

2009年06月03日

カルテNo.54『初体験!90歳の背中痛』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


ロイヤル整体院のリニューアルしたホームページはもうご覧下さったでしょか?
まだの方は、ぜひ右側のお気に入りリンクの下をクリックしてご覧下さい。
今回からトップページは、整体美容に分けた入り口に変更しました。


さて今回は宮城県のS様からしばらく振りにお電話が入りました。
腰痛が再発したのかな?と思いスタッフから電話を変わりますと、


S様「あー先生、しばらくです。実は私のお袋が背中が痛くて重苦しいというんだけど、どうかなーやってもらえますか?」

私 「はい、ところでSさんのお母さんと言いますと何歳なんですか?」(Sさんは60歳は超えているはずですから・・)


S様「今ね、90歳です。」


私 「えっ、90歳ですか!」がく〜(落胆した顔)

  「ひとりでは歩けるんですか?骨の方も問題ないですか?」


S様「はい、それは大丈夫です。手首とか腕は去年転んで骨折しているけれど。あ、あと今年腰を圧迫骨折したけどもう退院したから大丈夫だと思うけれど。」


たらーっ(汗)(やっぱり骨粗しょう症気味のようですね。)

S様「どうでしょう?連れて行きたいんだけど治るというか改善しそうかなぁ?」


時々、電話やメールでこう聞かれる時があります。
ご本人の状態をを見てもいない、検査もしていないのに良くなるかどうかなど簡単に答えられるわけがありませんよね。

そんな簡単な痛みなどでしたら、とっくに近所の医者や病院へ行って治しているはずです。

行っても治らなかったか、行っても治らないことを知っているからこちらにお電話をくださることは間違いありません。
でも、症状は同じようでもみんなからだの状態は違います。症状の重さも軽いのか重いのかでも答えは変わってきます。

見もしないでいい加減なことは言えません、ましてやご高齢ですから。

私 「電話だけでは判りませんから、一度来て頂いてやってみないと判らないです。」

施術できますか?と、施術して良くなりますか?では違いますもんね。

という事で、午後に宮城から来ていただきました。

90歳の方は、初めてです。杖をついて背中はだいぶ丸くなっていますが、これはしょうがありません。
ゆっくりベッドに寝てもらい、通常よりもさらにソフトにソフトに施術を開始しました。

ふとももなどは、筋肉がホントに少なくなっているのが分かります。
腹部を検査しますと、硬めなところが感じられます。ここが硬いと背中の方の重苦しさにつながります。
丁寧にリンパの流れを改善していくことにしました。ひらめき

全体の施術が終わって立っていただきますと、

S様のお母さん「あ〜、楽です。苦しくないです。」

わーい(嬉しい顔)

良い結果だったようで取り合えずホッとしました。ぴかぴか(新しい)

でも、ご年配の方ほどぶり返しが起きてきたりしますので、安定させるには、何回か繰り返していくことが必要だとS様に伝えました。

とにかく、喜んでもらえましたので。何よりです。
自分のお袋さんを施術して、喜んでもらったような気分でした。
もちろん、90歳まではまだまだいきませんが。あせあせ(飛び散る汗)

本日これまで!また来週。









posted by セラピスト佐藤 at 19:30| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。