最近の記事

2009年03月25日

解決編!『ストレスを遮断せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日の話題といえば、藤原紀香と陣内智則の離婚話。ではないですよね。目

やはり、日本中が注目したのはWBCの日本×韓国戦ですね。野球

当然ながら私は仕事中のためテレビは見れませんでしたが、パソコンで途中経過などは施術が空いた時にチェックしていました。

試合が延長戦になって、イチローが決勝打を放ったとは・・・劇的過ぎると思いませんでしたか?

2次リーグにさえ行けるか危うかった日本が、またあれだけ一時的にでも打てなくなっていたイチローが。

これまでのすべては、この最後の感動の一打の為のお膳立てでもあったかのように・・・。(カッコ良過ぎますね)


「やはり持っていますね(強運を)、僕は。」


と、インタビューイチローが言っていましたが、まさにその通りかも知れませんね。素晴らしい幸運の持ち主ですね。わーい(嬉しい顔)

さて、今回は初の顔の神経痛3部作『解決編』です。

前屈、側屈、背屈などの姿勢検査では、それぞれ腰が重だるさや痛みがありました。
また、足から順に診ていきましたが、体中に痛みが分布していました。
特に右腕の苦しさを訴えており、丁寧に施術。

さらに、特殊技術により、自律神経のバランスを整えて免疫機能の低下部を活性化しました。

初回は、彼女の状態を知るために全体的な施術を行いました。確実に楽になった実感はあったようです!

2回目に、それまで出ていた症状の経過を伺ってみると、

・今までになく良く寝れた。
・あごの痛み(三叉神経痛)が少なくなった。
・頭痛は起きなかった。
・吐き気、下腹部痛も無くなった。
・動悸、ホットフラッシュも起きなかった。


1回の施術でこれだけの変化が出ているわけですが、それでもご本人様は浮かない様子。ふらふら

今まで沢山のクライアント様と接してきて思うのは、人は二通りのタイプがいるということです。

いろいろ痛いところがあっても、良くなった所が増えるにつれ
「こんなに良くなってきた!」と、前向きに捉える方と、わーい(嬉しい顔)

良くなったところが増えても、全部一気に良くならない限り
「まだ痛い、全然良くならない。」と、痛い数ばかり数えようとする方。もうやだ〜(悲しい顔)


後記の方のような場合、依頼心が強すぎるのでしょう。こうなった原因が自分にあった事を省みない方。
こういう方は、治りにくい傾向にあります。

その方の症状の重さや発症してからの長さ、個人の回復能力(自然治癒力、免疫力)によって、良くなる回数や期間も変わってきます。
これが個人差というもので、もちろん年齢にも関係してきます。

ご本人に、良くなってきているという自覚が無いことには、セラピストとの信頼関係が築けません。

「軽めの症状からだんだんと無くなっていって、一番重い症状も消えていくんですよ。」

と、お伝えすることがあります。
良くなっていくには順番があるのです。ぴかぴか(新しい)

ご理解頂いたようでホッとしました。
この日は、冷えを取るために緊張がある神経叢(神経の集まり)にアプローチして神経の流れを改善したり、精神的なストレス・緊張や不安を遮断を中心に施術。
また、右腕にまだ苦しさがあるというのでしばらくバンドで固定をアドバイス。

3回目。あ〜、やっとM様笑顔でのご来院なりました!
良くなってきたのを『実感!』されてきたそうです。グッド(上向き矢印)

右腕の痛みもかなり減少し、神経痛の痛みも感じなくなったそうでした。
しかし、自律神経失調症の原因となっている脳ストレスを調べると、遮断し切れていないようで・・・まだあります。

4回目。前回の施術の翌日に生理が来たそうです!(生理不順があったので喜んでいらっしゃいました。)
翌日という事は時々あります。ストレスが少しずつ取れてきて、刺激ホルモンの分泌が促進されたのでしょう。
腕もすっかり良くなって苦しくなくなりました。
調子を見るため、もう少し通って自律神経バランスを安定させた方が良いでしょうが、それにしましてもM様の表情が本当に明るくなってきました。るんるん
もうすぐだと思いますexclamation

本日これまで!また来週。



posted by セラピスト佐藤 at 21:50| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。