最近の記事

2009年01月07日

カルテNo.46『拳を握ると肘痛い!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


どうも、新年明けましておめでとうございます!

本年も、昨年以上に『ロイヤル整体院・院長ブログ』をご愛顧のほどよろしくお願い致します。

今年は、5日から営業をスタートさせていただきました。
朝一からご予約のクライアント様の施術を開始して午後も順調に進めていきました。

夕方5時半頃・・・6時からのクライアント様のカルテを見ていますと

一人のナイスミドル的な初めての方が飛び込みでご来院!


「肘が痛いんですが、お願いできませんか!」


スタッフの田村さんが応対して、彼女が担当の中国式マッサージでも良いか私に相談にきました。

私 「肘では、きちんと痛みを取って差し上げるにはリラクゼーションではなく整体の方がいいですねぇ。」

クライアント様と直接お話しようと思い受付へ。

私 「実はもうすぐ6時からご予約の方がいらっしゃいますので・・・でも、肘だけでしたら何とかお受けできます。はい。」


早速、こちらのI様にこれまでの経過をお伺いしますと・・・

最初、車の運転で山形〜神奈川間往復してゴルフ練習したら痛くなったとおっしゃっていましたので
年末あたりのことかと勝手に考えていましたら、よくよく聞けば8月からの事だそうなのです。

勿論、何かを握るたびに肘の外側が痛むものですから、整形外科を受診しております。
『腱鞘炎』と病名も付いて、電気掛け中心に通院していましたが良くならず最後は痛み止めの注射までしたそうでした・・・
しかし、それでも治らず当院にお見えになったということでした。

お好きなゴルフ練習も控えていたそうです。


私 「あ、そうですかぁ。ゴルフ我慢なさっていたんですね。」


I様「う〜ん。ただコンペとか多い時期だからねー。やっていたんだけどね。」


私 「あ、そうですよねー。痛くてもやりたくなりますよねぇ。」


I様「いや、それがゴルフやっている時は全然痛くないんだよ、不思議と。 その代わり終わった後が凄く痛いんだよ!」


私 「そうですよねー(そりゃそうだ)。好きなことをやっている時って痛くないんですよねー。」

なんか段々と掛け合い漫才のようになってきました。あせあせ(飛び散る汗) しかし、オチは無し。

お互い気持ちが合ってきた所で施術開始です。


私 「Iさん、ここ痛いですか?(右腕の前腕を検査しながら)腕の骨間が使い過ぎで緩んじゃっていますね。」


それにしましてもI様はスポーツマンのカラダツキです。
上腕の筋肉などはしなやか
普段から適度に鍛えていらっしゃるのが触っただけで判ります。

(この方・・ゴルフは年間25ラウンド近くこなしていると見た!)ゴルフ

私 「しなやかで素晴らしい筋肉ですね。この筋肉でしたらドライバーで300ヤードぐらい飛ばすんじゃないですか?」


I様「いやいや〜そこまでは、前はもっと筋肉もあったんだろうけど、今はだいぶ落ちゃったからねー。」


大体皆さん同じ答えが返ってきますね。るんるん

さて、緩んだ骨間を締めて、筋膜・靭帯・腱などを調整しまして


I様「あっ!拳を握っても痛みが大分少なくなりました!」

あれっあれっ、何回も握り返していらっしゃいました。がく〜(落胆した顔)


私 「あとは、バンドでしばらく止めて固定して置いてください。」

あと1〜2回で落ち着くでしょう。取り合えずゴルフの練習はアプローチぐらいに留めて、まだドライバーなど振り回さないように告げました。


私 「ついでに次回から、五十肩と腰痛の施術も始めませんか?」



本年もロイヤル整体院をどうぞよろしくお願い致します。

お友達紹介して下さいぴかぴか(新しい)
誠心誠意、施術させていただきますexclamation×2

本日これまで!また来週。






posted by セラピスト佐藤 at 21:01| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 肘痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。