最近の記事

2008年11月05日

カルテNo.44『治りにくい症状への挑戦!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


こちら山形の最高気温は、東京と10度ぐらい違うそうですね。

この連休でディズニーランドへ行って来られたスタッフのIさんが言っていました。
山形に帰ってきたら「寒い!」と。


本日のクライアントは、

以前に背中〜胸の痛みで通院して下さったことのある女性T様です。

最近ブログを始められたとおっしゃっていましたが、私のこのブログも見て下さっているかも知れません。

昨年以来、お見えになっていなかったT様が突然、



「逆流性食道炎が良くならないんです!」


がく〜(落胆した顔)


今年の2月に病院で診断を受けて以来、治療を繰り返して来られたそうですが・・・相変わらずで、症状は酷くなって来ているようです。

食事をしても戻してしまうことが続き、当然体力が持ちませんのでお仕事も残念ながら辞めてしまわれたそうです。


彼女はすっかりやせ細ってしまい、暗い表情でご来院なさったのでした。


ご存知の方もいるかと思いますが、この病気を簡単に説明しますと

食道と胃の間には、逆流防止の弁の働きがあるので何事も無ければ(例えば悪いものを食べた時とか・・)胃に入ったものは口のほうに戻ってくる事は無いわけです。

しかし、この弁がうまく働かない状態では胃液食道のほうに逆流してくるためにその胃酸によって食道の粘膜が荒れてしまうわけです。(ゲップも頻繁に上がってきます。)

結果
1、食道の粘膜が刺激され胸焼けする
2、みぞおちやのどの痛み
3、食べ物を飲み込む時、のどに引っかかるような違和感
4、胃の機能低下により消化不良などの不快感


の症状が発生しています。

これに加えて、『滑脱裂孔ヘルニア』(胃の一部が食道の方に突出した状態)の診断も受けたそうでした。


普通、整体院に来るような症状ではないわけですが、以前のこともあり

「ここならもしかしたら何とかしてくれるのではないか。」
淡い期待を持ってこられたようです。

まさに半信半疑


さて、どうしましょうか?


次回、乞うご期待!



PS.今週は、宮城蔵王にゴルフに行って来ました。位置情報

前日までの雨がうそのような秋晴れです。


08110408.SANY0234.JPG
景色がきれいでしょう!


08110408.SANY0235.JPG
皆さん、パットの練習中!


昨年、ここで92で回ったのですが・・

グリーンが速過ぎ!!
しかも、4ヶ月振りでゴルフにならず。ふらふら

しかし、回転運動を100回以上もしたためか翌日のお通じは絶好調でしたあせあせ(飛び散る汗)

お後がよろしいようで。

本日これまで、また来週


posted by セラピスト佐藤 at 21:28| 山形 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 逆流性食道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、しばらくぶりです。10月に風邪を
ひいてから、10月いっぱいずーっと調子が
悪く、熱が上がったり、下がったりで、ひどかったのです。11月に入って、何やら
落ち着き始め、今では、食欲も出てきました。おかゆからも開放され普通に食べることができるようになりました。たくさんは、
まだ、食べれませんが、吐くことがなくなったのでうれしいです。近いうちまた、行きますので、宜しくお願いします。
後、先日は、わざわざお電話を頂きありがとうございました。
これからも、宜しくお願いします。(^.^)
Posted by T。Atuko at 2008年11月18日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。